仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

グリーン・ツーリズムの受入体制づくりに取り組む団体を支援します!

集落型グリーンツーリズムの受入体制整備に関する事業は〆切まであと一週間。仙北市内で実施を希望する場合はデザイン室までお急ぎご相談下さい

 仙北市農山村体験デザイン室では、秋田県農山村振興課で実施する「集落型グリーン・ツーリズムモデル育成事業」を活用して、任意の地域住民団体、集落営農組織、NPOなどが、一定のエリア内で集団を受け入れることができる体制づくりを「集落型グリーン・ツーリズムモデル」として支援します。

 農業体験型の修学旅行や農村宿泊体験ツアーなど、多様な形態での農山漁村地域への訪問・滞在のニーズが高まる中、仙北市内において
・地域資源を活かして、地域みんなで交流活動に取り組んでみたい!!
・体験型修学旅行を受け入れて、地域を子どもたちに知ってほしい!!
・地域ぐるみで複数の農家民宿の開業を目指したい!!
といった取組をしたいと考えている地域・団体があれば、まずは仙北市農山村体験デザイン室までお問い合せください。

■応募資格
 (1)集落自治会や地域住民で組織する任意団体、農業生産法人、NPO、JAや民間企業など
 (2)またはこれら団体や市町村等との間で協定を結んだ協議会など
■支援するモデル
 (1)農林漁家民宿ネットワーク形成モデル
 (2)ステーション連携モデル
    もしくはこれらを組み合わせた発展系モデル
b0219741_10451074.jpg
■公募団体数 2団体
■実践経費の支援額  上限28万円/団体
■モデル育成期間
 3年とします。なお、経費の支援は初年度のみですが、2年目以降計画に基づいて受け入れに必要な条件を整備しながら実際の受け入れを実施することが要件です。
■応募方法
 応募書に必要事項を記入の上、地域振興局などへ提出することになりますが、市町村の意見書の添付が必須です。このため、仙北市内でエントリーを考えている地域、団体は出来る限り5月中にまずは農山村体験デザイン室までご相談ください
■公募期間   平成23年5月20日(金) ~ 6月17日(金)
  ※振興局への提出〆切ですので、早い段階で農山村体験デザイン室へご相談ください。

応募様式等は、秋田県農山村振興課のサイトからダウンロードしてください。
[PR]
by semboku_gt | 2011-06-09 12:45 | お知らせ | Trackback
トラックバックURL : http://sembokugt.exblog.jp/tb/15610600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。