「ほっ」と。キャンペーン

仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

あきたびじょん@仙北市2(子ども編)

 2012年1月1日から始まった秋田県のイメージアップ推進プロジェクト「あきたびじょん」。
 第一弾として出た美人、温泉、農、酒のB1サイズのポスターは県内外への展開され、多くの方が目にしていることと思います。
第一弾の「農」は仙北市での撮影でした

 そして6月1日より第2弾として「子ども」、「森」、「食」の3つのキーワードを加わり、新たな展開が始まっています。
b0219741_18205525.jpg


 これらのポスターを監修しているのは、今年度秋田県のイメージアップ戦略アドバイザーの梅原真さん。昨年はこの「あきたびじょん」づくりに向けてここ仙北市にも何度となく足を運んでくださいました。
 秋田県からの依頼を受けて、仙北市デザイン室でポスターづくりに協力したテーマは公開済みのと、今回追加となった「子ども」。昨秋には梅原さんらが仙北市内でそれぞれ撮影を行いました。
b0219741_18241232.jpg


 この「子ども」の撮影は、日本一深い湖、仙北市の田沢湖の湖畔集落、田子の木・大沢にある小さな木造校舎、「思い出の潟分校」で行われました。
 元々は明治15年6月1日に駒陽学校潟巡回授業所として創立、その後生保内小学校潟分校として大正12年に現在の木造校舎となり、昭和49年3月31日に廃校となりました。
 現在は「思い出の潟分校」として、一般に公開され、今年のGWには「たざわこクラフト市」も開かれました。
b0219741_18262114.jpg
「さぁみんなで笑顔笑顔・・・」
b0219741_1827794.jpg
(こっそりと背後からなまはげさんが近づき・・・)
b0219741_18273778.jpg
「うわー!ぎゃぁー!!」「うぉーわるいごはいねがー!」


 「子ども」役として、撮影には地元仙北市内の小学生が参加。ポスター制作にあたっては何枚も撮影し、その中の一枚が選ばれたため、完成品には全員は映り込んでいませんが、現場では狭い木造教室にぎゅうぎゅうに生徒が詰まってにぎやかな撮影となりました。

 秋田の生き生きとした「子ども」の元気、笑顔。ここ仙北市はもちろんですが、全県各地でこの元気な声が今日もまた農山村に響き渡っています。ぜひ足を運んでください。ぜひそこで暮らす多くの人と交流してください。きっと宝物が見つかるはずです。きっとあなたの第二のふるさとがここ秋田で見つかるはずです。

おまけ
b0219741_18291633.jpg
この日はNHK「プロフェッショナル〜仕事の流儀」(2012.2/20放送)の撮影も入ってました。

 秋田県では「あきたびじょん」ブランドによるFacebookTwitterYoutubeの展開も始まっています。
 今後の展開が楽しみですね。
[PR]
by semboku_gt | 2012-06-02 18:39 | お知らせ | Trackback
トラックバックURL : http://sembokugt.exblog.jp/tb/18383915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。