仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

ミクロネシアとマーシャル諸島の高校・大学生の受入(9/21)

アジア大洋州地域及び北米地域との青少年交流(キズナ強化プロジェクト)」により南太平洋大学(USP: University of the South Pacific)の協力を得て実施する招聘来日するミクロネシア連邦マーシャル諸島の高校生・大学生43(急遽1名減となりました)名が9/20~23までの3泊4日で滞在しました。


 マーシャル諸島のみんなから感謝の歌声。山も川も湖もない平らな島から来た彼らの美しいハーモニーは川面を渡り緑深い山に反響していました。


 初日9/20は田沢湖で遊覧船に乗ったほか、紙漉き体験・茶道体験などで過ごした一行。2日目、9/21はいよいよ、仙北市内11軒の農家民宿等に分かれて、農家交流を実施しました。
以下、各農家民宿毎の様子を、ダイジェストでご紹介します。


農家民宿星雪館
 農家民宿星雪館には、マーシャル諸島から高校生(デニサさん、ジョンセイ君)と大学生(メレセテさん、レイモン君)の4名が滞在し、牛乳パックのイス製作、畑作業、そして小波内で川遊びなどをしました。
b0219741_15414189.jpg
b0219741_15415295.jpg
b0219741_1542546.jpg
山も川も湖もない平坦な島嶼からなる国から来た彼らにはとても新鮮な風景でした。

農家民宿一助
 農家民宿・農家のそば屋一助には、マーシャル諸島から高校生(エイシアさん、ベキ君)と大学生(クリステルさん、ダーレン君)の4名が滞在し、初めてのそば打ち体験、散歩、そして雨の日の農家の楽しみ"昼寝"等して過ごしました。
b0219741_15473662.jpg

b0219741_15474694.jpg
 すやすやと気持ちよさそうに寝ていました。
 
門脇さん
 門屋の門脇さんの家には、マーシャル諸島から高校生(ジェームス君)と大学生(ハナコさん、カレンさん、ロゾン君)の4名が滞在し、グリーンツーリズム西木研究会の被災地支援の話の他、きりたんぽ作り、野菜の収穫や習字などをしました。みなさん上手に書いてましたね。
b0219741_15534991.jpg
b0219741_15522497.jpg
b0219741_15523618.jpg
 「友」上手です!

農家民宿のどか
 農家民宿のどかには、マーシャル諸島から高校生(クロエさん)と大学生(ダグラス君、パトリック君、テリさん)の4名が滞在しました。きりたんぽ作りに挑戦したり、薪割りの他、たまたまのどかの高橋さんのアメリカ在住のイトコが帰国してたという事で一緒に交流したりしました。
b0219741_1559035.jpg
b0219741_15591361.jpg
 これから秋、そして冬に向かう秋田。薪割りは助かりました。

杉本さん
 門屋の杉本さんの家には、マーシャル諸島から高校生(バーブリナさん、ブライアント君)と大学生(レフアプマイさん、コディ君)の4名が滞在しました。近所の仲良しミハルさんもお手伝いに来てくれて、浴衣を着て茶道、そしてちぎり絵作り体験などに挑戦しました。手作りのウエルカムポスターでお出迎え、帰りには素敵なプレゼント交換があったりでした。
b0219741_17553647.jpg
b0219741_17554740.jpg
b0219741_175616.jpg
 手作りポスターが心がこもっていて本当にステキでした。

農家民宿里の灯
 農家民宿里の灯には、ミクロネシアの高校生(リーさん、アメルダさん)と、マーシャル諸島の大学生(フレミング君、ポール君)に、南太平洋大学の引率教員ヨランダさん(マーシャル諸島)の5名が滞在しました。三味線好きなお父さんに三味線を習ったり、稲穂を使った飾り物を作ったりして、楽しみました。
b0219741_18113689.jpg
b0219741_18114884.jpg
 TICスタッフに協力いただき東北観光博パスポートを全員に作りました。思い出になるといいな。

農家民宿かまど
 農家民宿かまどには、ミクロネシアから高校生(ニコレットさん、ハート君)と大学生(アイビージーンさん、モリー君)の4名が滞在しました。バター作りやお菓子作り、そしてニンニクの皮むきなどいろいろと体験しました。
b0219741_1842593.jpg
b0219741_18435831.jpg
 ニンニクの皮むきをしています。 んー。一生懸命だなぁ。

農家民宿輝湖
  農家民宿輝湖には、ミクロネシアから高校生(ドナリンさん、ゾヤさん)と大学生(タマエさん)に、南太平洋大学の引率教員プリティシュさん(フィジー)の4名が滞在し、ヤマブドウ蔓の皮を使ったストラップ作りや畑から自分で収穫したハーブでお茶を飲んだりと、いろいろと体験しました。
b0219741_1854085.jpg
b0219741_981084.jpg
 別れ際に感謝を込めてミクロネシア国家を歌ってくれた3人でした。

アグリアサノファーム
 生保内の浅野さん宅には、ミクロネシアの高校生(メイベリンさん、レンズ君)と大学生(マリーさん、マヴェリック君)の4名が滞在し、収穫した枝豆やファーム自慢のジャンボニンニクの選別作業などを一緒にしました。雨のやんだ午後には畑に出てトマトの収穫なども楽しみました。
b0219741_1905751.jpg
 収穫した枝豆はていねいに茹でて、宿泊地の駒ヶ岳観光ホテルに持って行ったそうです。

川井さん
 神代の川井さん宅には、ミクロネシアの高校生(シャニアさん、ベルリン君)と大学生(リナさん、ジョン君)の4名が滞在し、川井さん自慢の枝豆の選別や、袋詰めなどを手伝いました。
b0219741_19354824.jpg
b0219741_1936324.jpg
 要領を覚えるのがとても早く川井さんもびっくり。自分が袋詰めしたものが市場に出ることを想像した学生達も喜んでいました。

農家民宿蓭(いおり)
 農家民宿蓭には、ミクロネシアの高校生(ジョセフィンさん、ケストン君)と大学生(チェルシーさん、ケビン君)の4人が滞在しました。農作業体験ばかりが体験ではなく、雨の日は雨の日の農家の過ごし方、としてここでは午前中はみんなでお昼寝タイム。すやすやと気持ちよく寝てました。午後からはハウスの花の管理に汗を流してました。
b0219741_19445349.jpg
b0219741_1945476.jpg
 ハウスで作業した花を使ってお父さんが花束を作ってくれました。嬉しいオモテナシ!

b0219741_21253039.jpg
 マーシャル諸島のみなさんはかたくり館に集まってお世話になった農家の方々とお別れ。笑顔の合い言葉は「きりたんぽー!」
b0219741_2130973.jpg
 ミクロネシアのみなさんは農家体験の後に武家屋敷の1つ石黒家を見学。英語で解説いただきました。

 ところで・・・ミクロネシアとかマーシャル諸島ってどこ???↓↓
b0219741_1955927.jpg
杉本さんが用意していた世界地図。日本の真南の赤道に近い島嶼からなる国というのがわかります。

 実はマーシャル諸島は1914年、ミクロネシア連邦は1920年から第二次世界大戦終戦まで、それぞれ日本の委任統治領でした。そのため日系人も少なくなく、今回の参加者の中にも祖父母、曾祖父母は日系だという生徒が数名いました。文化的にも寿司、刺身などが好きで醤油文化がその頃から根付いていたり、また参加者の中にも日本風の名前(ハナコ、モリ、イハラ、そしてモモタロー!)の方がたくさんいたりで、遠いようで身近な国でもありました。


 今回の受入は、農家の方々にとっても、大変有意義で価値ある体験でした。今年になってから国境を越えての農家交流の受入が盛んになってきたここ仙北市。言葉の壁を乗り越えて、ここ自分のふるさとの魅力を伝え、相手の国を知り、お互いを尊重しあうという事の面白さを、農家自らが感じ始めていると1年です。

b0219741_21342054.jpg

b0219741_2133351.jpg


 笑顔と涙でお別れ。
 いつかまた、きっとお会いできますように!!「おかえりなさい」の言葉で待ってますよ。
[PR]
by semboku_gt | 2012-09-24 21:35 | インバウンド | Trackback
トラックバックURL : http://sembokugt.exblog.jp/tb/19035717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。