仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

【終了しました】「そばの郷仙北市・そば食べくらべの会(タベクラーベ)」開催します

 2004年に旧田沢湖町・旧角館町・旧西木村のそば生産者・団体、農家レストラン等で結成した仙北市遊々楽々3トピア会議美味しいそばの提供や、そば打ち体験の受入、新そばスタンプラリー赤そばイベント、最近では首都圏などにも出かけて交流活動を行っており、2011年にはその活動が評価され、ふるさと秋田農林水産大賞・農林水産大臣賞を受賞しました。
 地域ごとの個性を活かしながらゆるやかなつながりを大切にしてきたこの団体の強み(=少量多品種でそばを提供できる環境)を活かし、仙北市産の6種類のそばを地酒と共に品種毎に味わってもらうことで、仙北市産の豊かな風土と食文化、食材の認知度向上と需要拡大を図ろうというイベントを開催します。
 玄そばの丸抜きを品種毎に鑑賞したり、各そば屋自慢の肴とともに地酒をちびりとやりながら、2012年産の仙北市産のそば(富士1号、キタワセ、階上早生、高嶺ルビー、会津在来、常陸秋そば)6種類を食べくらべながら、感想と「そばの郷仙北市」の将来の夢を語り合います。

b0219741_9123149.jpg

募集締め切りました:このイベントに参加し、仙北市産のそば6品種を味わいたいという方を募集します。ただし、今回は初めての試みで枠が少ないため、多数の場合は3トピア会議で選ばせていただきます。その際には、特に情報発信力の強い方(仕事・ライフワークなどでつながりを活かせる方や、ブログやフェイスブックなどで感想を情報発信してくださる方)を優先的に選択する予定としております。

日 時  平成25年3月23日(土)17:00~19:30(16:30受付開始)

場 所  そばきり長助(仙北市角館町小人町28-5)

主 催  仙北市遊々楽々3トピア会議
協 賛  合名会社 鈴木酒造店
後 援  仙北市

提供者  遊々楽々3トピア会議のメンバーのそば屋
      (農家のそば屋:一助長助すが家野の花庵そばせん
      (仙北市産地粉利用そば屋:さくらぎそば五郎奥羽山荘はなやの森
b0219741_12524410.jpg
募集者  15名

特別ゲスト 高遠 彩子 氏(「蕎麦こい日記」著者)

会 費  1,000円(当日会場にて頂戴いたします)

この企画は、昨秋にメンバーが東京へ行ったこの時の縁から実施が決まりました。

お問い合せ:
 仙北市農林部総合産業研究所農山村体験デザイン室
 TEL:0187-43-3353

申込み:〆切は3/18(月) 
 FAX返信票をダウンロード
して、必要事項を記入してください。なお、当日の様子を情報発信してくださる方法もご記入下さい(応募多数の場合の選抜の参考にします)。
 FAX:0187-47-2116


[PR]
by semboku_gt | 2013-03-19 11:53 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback
トラックバックURL : http://sembokugt.exblog.jp/tb/20145347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。