仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

【終了】そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」リターンズ!(旬感ツアー版)

リターンズは1/18(土)~19(日)に開催決定!

 「仙北市遊々楽々3トピア会議」による、仙北市のそば事情のもっている特徴=生産者のゆるやかなネットワークによる少量多品種栽培を強みにしよう・・・ということで取り組んだのが、3月23日に実施した「そばの郷仙北市・地そばタベクラーベ」イベントでした。
 食前の美味しい地酒(そば前)と、そば前料理。そして仙北市内で栽培されている6種類のそばを、品種ごとに食べくらべようというこのイベントは、盛況の内に終了しました。

 この「タベクラーベ」は、品種こそ6種類の実施ではありませんが、秋田デスティネーションキャンペーン期間中に、さまざまな形で企画されます。少しでも多くの方に、知る人ぞ知るそばの郷・仙北市の美味しいそばを味わっていただきたいと、第4弾は仙北市農山村体験推進協議会(事務局:農山村体験デザイン室)が企画、遊々楽々3トピア会議と仙北市TICが協力し、「美の国秋田・旬を感じるツアー」として実施します。
b0219741_14293488.jpg
 今回の内容は、遊々楽々3トピア会議会員の「手打ちそばさくらぎ」にて3種タベクラーベを堪能、そして実際に自分自身でそば打ち体験にも挑戦するほか、仙北市TICの商品を活用して市内の農家民宿に宿泊します。また二次アクセスにも公共交通機関(路線バスなど)を組合せたのがポイント。そして仙北市食農観実践プラン推進委員会発行の特典付きガイドブック「ぶら~color」の利用により、魅力的な市内散策や温泉入浴なども出来る、初冬の仙北市を存分にパッケージした美味しく楽しくあたたかい企画です。

【行程】
角館駅前蔵に現地集合・現地解散です。(凡例:=路線バス等、…徒歩、-農家民宿による送迎)

1/18(土) 9:45角館駅前蔵 集合
 角館駅=中仙局前バス停…秀よし蔵見学(鈴木酒造店)…中仙局前バス停=角館駅…タベクラーベ(手打ちそばさくらぎ)…武家屋敷散策…桜並木駐車場=温泉入浴(たざわこ芸術村ゆぽぽ)=角館駅-各農家民宿(夕食・宿泊) 

1/19(日) 14:30角館駅前蔵 解散(予定)
 (朝食)農家民宿-角館駅=神代出張所前バス停…そば打ち体験・昼食(就業改善センター)…神代出張所バス停=角館駅(解散)


【注意点】
 ・定員は10人です。グループ等でお申込の場合も先着順に定員を過ぎた時点で受付を終了します。
 ・現地での移動は各自で路線バス、シャトルバスなどを利用します。
 ・農家民宿へは各宿による送迎を利用します。
 ・宿泊先農家民宿の割振については、参加者様とのご相談の上、主催者が行います。
 ・食事は昼夜朝昼の4回、うち2日目の昼食はそば打ち体験で出来たものとなります。
 ・1日目タベクラーベには地酒(1合)がつきます。飲めない方はソフトドリンク等になります。
 ・手打ちそば3種の他、そば前(地酒)1合、そば前の付け合わせのそば前料理がつきます。
 ・そば打ち体験ではそば粉が付着する事がありますのでエプロン等をご持参下さい。
 ・そばがメインの企画であるため、そばアレルギーの方はご遠慮願います。
 ・散策に適した服装、雨具、防寒のご用意をお願いします。
 ・モニターツアーですので、写真撮影・アンケートへのご協力をお願いいたします。

【料金】
 参加費 6,000円(宿泊・食事・体験代金、ぶらcolor代金、保険料を含みます)
    ※路線バス乗車賃はこれと別途に1,440円(大人)かかります。
    ※また現地集合解散場所(角館駅前蔵)までの交通費は参加者各自でご負担ください。

【申込について】
 下記必要事項を記載の上、仙北市農山村体験推進協議会事務局(仙北市農山村体験デザイン室)にFAX(0187-47-2116)またはメール(sembokugtアットマークcity.semboku.akita.jp)で送信、ないしは電話(0187-43-3353)にてお申し込み下さい。
「そばの郷仙北市・タベクラーベ」申込必要事項(⑥・⑦はある方のみ)
 ①名前(ふりがな) ②性別 ③年齢 ④住所 ⑤電話 ⑥FAX ⑦e-mail
〆切 2014年1月14日(火)まで


【フライヤー(チラシ)】
 こちらからPDFでダウンロードできます。申込書も2ページ目にあります。

b0219741_2010354.jpg


 秋田に来て、仙北に来て、なぜ「そば」なのか?
 それはズバリ、ここ仙北市に来てしか、仙北市産の多様なそばを食べ比べることができないから!です。

 「ここへ来て、ここで食べる」。
 ここはひとつ、そんな秋田の楽しみ方を、このデスティネーションキャンペーンを機にしてみてください。

「タベクラーベ」シリーズ
※第一弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(TIC・TABIYORI版)
※第二弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(大人の休日倶楽部・ミドル版)
※第三弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(JRびゅう・秋田DC版)
[PR]
by semboku_gt | 2014-01-20 09:15 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback
トラックバックURL : http://sembokugt.exblog.jp/tb/21559506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。