「ほっ」と。キャンペーン

仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

笑顔あり、涙あり 桃園市立平鎮高級中学教育旅行

 先週の景美女子高級中学に続き、昨日から桃園市立平鎮高級中学35名が教育旅行で仙北市を訪れ、農家民宿でのホームステイを楽しみました。
 謝校長先生は昨年仙北市を訪れて農家民宿への宿泊を体験しており、仙北市長とも知人です。また、デザイン室でも昨年6月に平鎮高級中学を訪問していて、謝校長先生を始めとする先生方に会うのは約8ヶ月ぶりです。
 本当に、本当に遠くから仙北市に来てくれました!桃園市は台北市の隣(新北市)のさらにお隣。人口210万人ほどの都市です。桃園国際空港があることでも有名ですね。当然のことながら雪は降りません。温暖な所から一転、真冬の秋田に来ると言うことで、日程の途中で体調を崩していないか心配しておりました。しかしながら、男鹿市では男鹿海洋高校との学校交流、北秋田市ではスキー体験と順調に日程をこなしたとのことでした。

 仙北市入りした平鎮高中の生徒たちは市長を始め、たくさんの歓迎を受けました。平鎮高中からは感謝の心を込めて立派な書の掛け軸をいただきました。
b0219741_1901615.jpg

 写真は手踊りで一向を歓迎している様子です。
b0219741_1911565.jpg

 農家民宿の皆さんも一緒に手踊りを鑑賞しました。
b0219741_1923386.jpg

 記念写真を一枚。そしてホームステイ先に出発です。
b0219741_1932253.jpg


 到着したのも夕方で、出発は翌日の昼過ぎです。滞在時間は少なかったものの、農家民宿のお父さん、お母さんに歓迎され、各々ホームステイの時間をとても楽しんでいました。まるでその様子は本当の親子のようでした。
b0219741_1915347.jpg

b0219741_19174284.jpg
b0219741_19182858.jpg
b0219741_19191128.jpg
b0219741_19195251.jpg
b0219741_1920455.jpg


そして別れの時。
b0219741_1921598.jpg

b0219741_1923392.jpg

b0219741_19243119.jpg


 こうして平鎮高中のホームステイはあっという間に終了しました。最後に謝校長先生はおっしゃっていました。「教育旅行とは、観光地を旅行するものであってはならない。一生に一度かもしれない体験をすることによって人間を成長させる。そんな旅行にすることこそが意味のある教育旅行だと思うのです。今回は本当に素晴らしく意味のある教育旅行でした。」
 本当にありがたいお言葉です。

 今回もたくさんの出会いがありました。このご縁を育みつつ、また会える機会を楽しみにしたいと思います。平鎮高中のみなさん、また仙北市に来てくださいね。待っています。
[PR]
by semboku_gt | 2017-02-16 19:38 | 台湾関連 | Trackback
トラックバックURL : http://sembokugt.exblog.jp/tb/26657561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。