仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

JENESYS2016 ASEAN諸国受け入れ

3月3日から3月5日までの2泊3日で外務省が実施する外国人青年研修団の日本への招へい事業「JENESYS2016」より、ASEAN諸国4か国から90名の受け入れを行いました。
今回の受け入れは今までの受け入れでもトップクラスの受け入れ数となっており、参加ホストファミリーも19軒と多くなっています。
また、今回初めての受け入れとなるインドの方々がいらっしゃいました。宗教や国民性などからベジタリアンの方が多く、ホストファミリーの皆さんもとても不安そうにしていました。


3日、対面式では訪日団の皆さんはホストファミリーとの交流をわくわくした様子で待っていました。
コミュニケーションの時間では、かたことな英語とジェスチャーと使って会話を楽しんでいました。
b0219741_16410989.jpg
対面式では笑顔で迎えました
b0219741_16392936.jpg
ジェスチャーを交えながらコミュニケーションをとりました

4日は各家庭で様々な体験を行いました。折り紙や郷土料理作りといった日本文化体験や、母国の料理を一緒に作ってホストファミリーに振る舞っていました。また、一つの集落で集まり餅菓子作り体験を行ったり、市内を走っている観光周遊バスを利用して一緒に観光を楽しむ家庭もありました。
b0219741_16430409.jpg
折り紙でひな人形作りに挑戦(どんぐり山荘)
b0219741_16420046.jpg
ホストファミリーと本場「インドカレー」作り(かつら)
b0219741_16434315.jpg
                              餅菓子作りを体験


そして最終日、お別れ会を行いました。訪日団からは受け入れてくださったホストファミリーへの感謝の気持ちを込めて母国の伝統的な踊りを披露しました。踊りにはホストファミリーの皆さんも輪に加わりとても賑やかな時間を過ごしました。
b0219741_16444627.jpg

記念撮影、パシャリ!
b0219741_16442771.jpg
母国の踊りを皆さんで踊りました。
b0219741_16445892.jpg
最後は手をつなぎ、輪になって踊りました。


訪日団の代表挨拶では、「今回で一旦お別れをしますが、またどこかでお会いしましょう。私たちはまた必ず戻ってきます」とお話ししました。
b0219741_16451826.jpg

お別れのバスに乗ってからも、身を乗り出しカタコトな日本語で「ワタシの国にもきてください!!!」とホストファミリーの皆さんと別れを惜しみました。
このように、海外との交流を通して「家族の輪」が広がっていきます。国は離れているとはいえ、どこかでつながっているに違いありません。
また、再開できる日が来ることを私たちは願っています。

[PR]
by semboku_gt | 2017-03-07 17:07 | インバウンド | Trackback
トラックバックURL : http://sembokugt.exblog.jp/tb/26702844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。