仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

子どもふるさと交流推進事業 1日目


八月に入り、太陽の日差しがさんさんと照り付け、夏を感じられる様になってきました。

東日本大震災で被災地となった宮城県女川町の方々が仙北市に避難した縁から始まった交流事業を今年も開催しています。
今年のテーマは「クニマスから学ぶ未来」と題し、田沢湖での様々な体験やクニマス環境学習を通して、地元の過去と現在、そして未来を探求・創造する力を養うことを目的としております。
また、今年は新たにクニマスが再発見された西湖がある山梨県富士河口湖町にあります、西浜小学校の皆さんにも来ていただき、仙北市内小学校を含めた3市町の交流をおこなっております。


初日は田沢湖キャンプ場でのカヌー・ピザ作り体験を行いました。
b0219741_15301218.jpg

インストラクターの説明を真剣に聞いて、準備運動をします。
b0219741_07073420.jpg
友達の手をつないで田沢湖に入ります。冷たくてとても気持ちいい!
b0219741_07100168.jpg
各地域の子供と一緒に協力してカヌーを漕ぎます。
b0219741_07110323.jpg
どのペアが一番早いか競争しました!
b0219741_07121650.jpg
みんなで記念撮影!
b0219741_07134287.jpg
カヌーでおなかがすいた後はみんなでピザつくり。役割分担をしておいしいピザを作りました。



初日の様々な体験を通して、はじめは緊張していた子どもたちでしたがみんな協力し合って、みんなお友達になっていました。
2日目は今年7月に完成したばかりのクニマス未来館での環境学習と農家民宿での農村体験です。
引き続き、ブログ・フェイスブックで様子をお知らせしてまいります。


[PR]
by semboku_gt | 2017-08-02 07:18 | 農山村体験推進協議会 | Trackback
トラックバックURL : http://sembokugt.exblog.jp/tb/27025025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。