仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 23 )

暑さもピークを過ぎました。 sanpo

 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、この辺りでは、お盆を過ぎると朝夕はだいぶ涼しくなってきます。ここ数日は日中もエアコンなしでも過ごしやすい仙北市です。

 仙北市役所の外に出ると田園風景が楽しめます。風も気持ちよく、穏やかな気分になります。田んぼに目を向けると、稲穂がだいぶ膨らみ垂れているのに気がつきました。秋の足音が近づいているのを感じます。今年は暖かい日が多かったので、稲刈りは早いかもしれませんね。

仙北市役所西木庁舎外の風景
b0219741_15294616.jpg

稲穂もだいぶ膨らんでいます。
b0219741_15302681.jpg


夏の終わりを仙北市でゆっくり過ごしてみませんか?
[PR]
by semboku_gt | 2015-08-20 15:35 | Trackback

ネバリゴシ講習会でレシピが広がる

今月は、仙北市産小麦「ネバシゴシ」を利用した料理講習会が開催されました。講師を務められたのは、秋田県総合食品研究センターの高畠主任研究員です。

この料理講習会は、市内農家民宿のお母さんたちに、ネバシゴシの普及と料理のレパートリーを増やしていただこうと、計3回にわたり開催されたもので、1回目は「皮から作る餃子」、2回目は「オールドファッションドーナッツ」、3回目は「中華まんじゅう」というラインナップでした。

今回の講習には、全体で延べ33人に受講いただきました。

それでは、出来栄えをご紹介いたします。

まずは、1回目の餃子作りです。

皮から作ったこともあり、とってもモチモチ感が強かったです。

b0219741_913857.jpg


ちょっとコゲましたが、ネバシゴシ特有のモチモチの皮と豚バラ肉を使ったことが大きなポイントでした。

b0219741_925859.jpg



2回目のドーナッツは、気軽なおやつ感覚です。最後にカリッと油で揚げるのですが、ちょっと形がくずれたりもしました。スタンダードとココア味のどちらも好評でした。

b0219741_962815.jpg
b0219741_961320.jpg



3回目は、中華まんじゅうに挑戦しました。肉まん、あんごま、黒糖などバラエティ豊かなレシピです。こちらは、ネバリゴシの生地を発酵させます。
タネには豚ひき肉、たけのこ、しいたけなどをザクザクっと入れました。

b0219741_9105542.jpg
b0219741_9104156.jpg


こちらは3種類とも形もよく、味わいも市販のものよりも奥深くできました。もちろん、ネバリゴシの皮もふんわりモチモチでとっても美味しかったです。


今後、仙北市へ訪れる方々へのおもてなしの体験メニューにこちらのレシピも加えていただけたらなぁと思いました。
[PR]
by semboku_gt | 2015-02-27 09:41 | Trackback

第3回農村で楽しむ仙北は♥あーと展で楽しいひとときを。

 11月8日~9日にかけて、市内の農家民宿8軒で、「第3回農村で楽しむ仙北は♥あーと展」が開催されます。
 
 グリーン・ツーリズムは一般的に知られるようになってきましたが、気軽に立ち寄れる農家レストランとは異なり、実際に足を運ぶ機会が少ないのが農家民宿のようです。
 このイベントは、市内30軒の農家民宿のうち今回は8軒を、サテライトギャラリーと位置づけ、県内外の若手クラフト作家や手仕事の職人などの作品と出会いながら、農家民宿という空間で、作り手の想いがこもった作品を訪ね歩く特別な2日間です。
 農家民宿を知ってもらうきっかけとして、また農山村を周遊する楽しみを、より多くの方々に知ってもらう機会として、皆様のお越しをお待ちしております。

日 時:11月8日(土)、9日(日)10:00~16:00
場 所:農家民宿8軒

b0219741_1847819.jpg
一昨年出店したTORATORIさんの作品。今年も楽しみですね。


<第3回農村で楽しむ仙北は♥あーと展の出展一覧>

1.西の家(にしのいえ) 仙北市角館町小勝田字下村33-1 T: 0187-55ー1640
 ●TORATORI(秋田市) 人形、アクセサリー、オブジェ。
 ●消しごむはんこ くじら屋(美郷町) 消しごむはんこ、紙雑貨(ポストカードなど)。
 ●民芸イタヤ工房(仙北市) イタヤ馬、かご。(9日)

2.里の灯(さとのあかり) 仙北市西木町小渕野字小渕野194 T: 0187-47-2732
 ●陶芸工房ももねり。(大仙市) 陶器、騰勢の小物。
 ●魔女の香房(秋田市)アロマハンドマッサージ、アロマキャンドルハーブティーなど。

3.泰山堂(たいざんどう) 仙北市西木町小渕野字落合56 T: 0187-47-3103
 ●工房ぬくもり(秋田市) 草木染め、フェルト小物、コースターなど。
 ●大曲養護学校(大仙市) 天然素材の染め物、皿、手ぬぐい、バッグ。

4.のどか 仙北市西木町上荒井字下橋元97-2 T: 0187-47-2540
 ●しろ工房(北海道) コースター、布小物。
 ●こめっこ工房 輝楽里(仙北市) 米粉たいやき、米粉アップルパイ、米粉ドーナッツ。
 ●Acurz(仙北市) ネイルケア、ジェルネイル。 

5.くりの木 仙北市西木町小山田字鎌足186 T: 0187-47-3046
 ●樫食堂(大仙市) インドカレー、チャパティ、似顔絵コーナー。(9日)
 ●さくら樺染めサークル(仙北市) ろうけつ染めや草木染めの作品ほか。
 ●ひがなる工房(東成瀬村) スコーン、マフィン。(9日)
 ●ほそかわ農園(横手市 りんご販売。 ※今回は都合により出店できなくなりました。

6.一助(いちすけ) 仙北市西木町西明寺字梨子木台84-1 T: 0187-47-2148
 ●雫石窯(雫石町) コーヒーカップや湯呑み、納豆鉢などの手づくり陶器。
 ●seisetukan(仙北市) 餅菓子、野菜販売。
 ●saqte(仙北市) バックやポーチなどの布小物。

7.輝湖(てるこ) 仙北市田沢湖潟字蛭児堂90-2 T: 0187-43-0053
 ●あとりえ咲楽(秋田市) きものリメイク、ニットソーイング、トールペインティングなど。
 ●フリマカフェ22(仙北市) 羊の原毛を使ったあたたかくかわいいフェルト小物など。
 ●空の木Garden(秋田市) 焼き菓子全般。(9日)
 ●heart tree(仙北市) アロマセラピー。(9日)
 ●Hand Made Sharaの木(仙北市) カルトナージュ、刺繍や布小物など。(8日)

8.かまど 仙北市田沢湖生保内字黒沢138-1 T: 0187-43-2450
 ●田舎labo(花巻市) 田舎バッチ、フェルトブローチ、こびるアクセサリー。
 ●木工房 川母渕(雫石町) 手づくり木工品、雑貨、飾り台。

  この他、関連施設として、第5回新そば祭りスタンプラリー好評実施中の農家のそば屋(農家レストラン)でのランチ、田沢湖ハーブガーデン ハートハーブかたくり館たざわこ芸術村 森林工芸館カフェ&デリカkimotoなども、周遊の折にお楽しみいただけます。


農家民宿を巡り歩くと、そこにはステキな作家さん達が待っています。
農家民宿ってどんなところかな?
意外とみなさん知らないと思います。
農家民宿の内覧会という気軽な感じで、ぜひたくさんの方々に足を運んでいただきたいと思います。

問合せ/仙北市農山村体験推進協議会(農山村体験デザイン室内)
  TEL:0187-43-3353 
[PR]
by semboku_gt | 2014-11-04 10:33 | Trackback

台湾からのチャーター便に大きな期待!

台湾のエバー航空(桃園県)と中華航空(台北市)の航空2社は、4月19日~5月1日までの間、「台北-秋田」のチャーター便を往復12便運航しています。184人乗りが8便、156人乗りが4便運航される見込みで、チャーター便を利用して訪れる観光客は、4泊5日の行程で角館の武家屋敷や千秋公園で花見を楽しむ予定となっています。
本県でも東日本大震災後、外国人観光客が大幅に低迷しており、昨年度も知事をはじめとするトップセールスが台湾各地で行われました。その成果も現れ、平成25年度のチャーター便は、30便運航することができています。今年もさらなる増便を目指し、秋田への誘客を進めていただけたらと思います。
特に仙北市では、台湾からの修学旅行誘致に全県で唯一取り組んでいる経緯もあり、毎年数校の受入実績もあります。このチャーター便の増便が追い風となり、教育旅行にとっても大きな呼び水となるよう期待を寄せています。6月上旬には、台湾現地で恒例の教育旅行説明会も予定されており、デザイン室スタッフも仙北市の魅力を最大限アピールし、誘致につなげてきたいと考えております。

画像は昨年学校交流を行った台湾の高校と角館南高校の様子です。

b0219741_10192565.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2014-04-21 10:45 | Trackback

ようこそ仙北市農山村体験デザイン室へ

b0219741_2052310.jpg

2011.4.1に開設した秋田県仙北市農林部総合産業研究所「農山村体験デザイン室」です。

 農山村体験デザイン室は、仙北市農山村体験推進協議会の事務局でもあり、仙北市におけるグリーン・ツーリズムや体験型教育旅行、農村・自然・文化体験と環境学習の総合窓口です。

 右欄のカテゴリ毎から必要なメニューに飛んでご覧下さい。
 農家民宿や農家レストラン、体験メニューの受入を実施している団体などについて、ブログを訪れた方が実際に仙北市に足を運んでみたくなるような内容になるよう、そして訪れようとした際に有効な情報を提供できるよう、みなさまからのご意見等も参考にしながら情報を整理します。
 
 また、全国からおこしいただいている体験型教育旅行、子どもプロジェクトなど、児童生徒の集団での体験活動を推進している学校や教育旅行エージェント関係の方々に対しても、受入団体や体験メニューの紹介をはじめ、集団で宿泊するケースや、農家民宿などに少人数で分宿したりするケースなど、ご要望に応えられるような情報提供を心がけていきたいと考えています。


デザイン室による動画(「おかえりなさい」 「おかえりなさいNG集」)

 仙北市はNPO法人秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会の正会員であると同時に、現在のところ、市内の農家民宿16軒、農家レストラン6軒も正会員となっています。
 秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会で実施しているグリーン・ツーリズム花まるっ大学とも連携をしながら、仙北市内での新たな農家民宿や農家レストランの開業、体験受入団体の設立などについてもサポートすることとしています。

 農山村体験デザイン室では、スタッフ3名によるTwitterによる双方向情報交流もしています。
 公式IDは @semboku_gt です。
 みなさまからのフォローよろしくお願いいたします(恐れ入りますが、原則リフォローはしておりませんのでご容赦ください)。
 また、Twitter利用者の方で仙北市でのグリーンツーリズム体験などされた際には、ぜひハッシュタグ #semboku_gt と #senboku をご利用いただき、体験で得た喜びや充実感を他の方にも伝えていただければ幸いです。

 ※Facebookページも試験運用中です

 よろしくおねがいいたします。


お問い合せは
 仙北市農林部総合産業研究所
 農山村体験デザイン室(仙北市農山村体験推進協議会事務局)
 電話:0187-43-3353 ファックス:0187-47-2116
 〒014-0592 秋田県仙北市西木町上荒井字古堀田47
 e-mail sembokugt☆city.semboku.akita.jp(←コピーペーストする場合☆を@に置き換えてください)
 仙北市公式サイト http://www.city.semboku.akita.jp/
[PR]
by semboku_gt | 2014-04-18 08:00 | Trackback

第29回国民文化祭“せんぼく「餅っこ三昧」”の写真募集

2014年度に開催の第29回国民文化祭(仙北市では10事業を実施)の一つとして仙北市では「もち文化」の全国発信と次世代への継承を目的に、10月26日(日)かたくり館を会場に“せんぼく「餅っこ三昧」”を開催します。

企画委員会では、提供いただいた写真を会場内にパネルで紹介する予定としており、もち文化に関した仙北市内の写真を募集しています(〆切3/14)。
b0219741_13355522.jpg

詳しくは→こちらをご覧ください

問い合わせ先

・第29回国民文化祭仙北市実行委員会 
 せんぼく餅っこ三昧企画委員会事務局(総合産業研究所内) 電話:0187-43-2243
第29回国民文化祭仙北市実行委員会
 事務局(教育委員会国民文化祭推進室内) 電話:0187-43-3315
b0219741_14565111.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2014-02-18 13:40 | Trackback

仙北市内の放射能の状況について

 仙北市では、学校給食における使用前食材や、農林水産物などの放射性物質検査を実施しています。
 詳細については、下記のリンク先よりPDFファイルをダウンロードしてご覧下さい。(仙北市市民生活部環境防災課)
 仙北市内の放射能の状況


 空間線量については、秋田県実施のモニタリングポストによる常時監視データを下記のリンクよりご覧ください。(秋田県生活環境部環境管理課)
 秋田県空間放射線量測定結果公表ウェブサイト
  ・仙北地域振興局の固定型モニタリングポストが近傍です。
  ・10分値、1時間値、1日値について、直近の観測値をご覧いただけます。
  ・過去の観測値の推移については、表及びグラフ形式でご覧いただけます。
  ・観測値をエクセル形式、CSV形式でダウンロードできます。
  ・健康環境センターの観測値については、地上高1mの換算値も同時に表示しています。
※秋田県内の放射能の状況(秋田県生活環境部観光管理課)

 田沢湖の湖水浴場に関する水質等調査結果は、「水浴場の水質調査結果について」で観測値が公開されており、湖水の放射性物質、砂浜の空間放射線量がわかります。(秋田県生活環境部環境管理課)
 水浴場水質調査結果(開設前)(187KB)(PDF文書)
[PR]
by semboku_gt | 2014-01-17 08:47 | Trackback

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。
 仙北市のグリーンツーリズム、農家民宿&レストラン、教育旅行等々、並びに農山村体験デザイン室を2014年もよろしくお願いいたします。

※さっそくですが1/7~11までデ室スタッフは台湾出張(修学旅行誘致)のため、不在となります。FBTwitterでは連絡が取れるようにしていますので、なにかあればこちらへどうぞ。

 本日1/6は2014年の仕事初め。
 ということで、おだやかな天気の下、恒例の三人あいさつでございます。
b0219741_1157860.jpg


 アメダス田沢湖では最低気温-6.3℃を観測、またアメダス角館では11:00現在の積雪は53cmとなっており、予報では今日は真冬日の模様。
 道路はほとんど圧雪アイスバーン。運転及び散策の際にはくれぐれもお気を付け下さい。

 こちらはデザインのイラストを真似てみました。
b0219741_115632.jpg

今年もよろしくお願いします
[PR]
by semboku_gt | 2014-01-07 08:00 | Trackback

デザイン室前のグリーンカーテン

 デザイン室は仙北市西木庁舎の開発センター1Fで農林部総合産業研究所内にあります。おなじオフィスの中にはインターネット通販「秋田せんぼく本舗」や、「お菓子な花豆プロジェクト」等に取り組んでいる仙北市雇用創造推進協議会の通称"実現チーム"(@ozattetanse)の4名も一緒におり、今年は彼らは総合産業研究所前に「花豆のグリーンカーテン」の設置に取り組みました。
b0219741_9401190.jpg

 また、昨年度から始めた花豆の生産をより増やしていくために、今年度は苗を希望する農家に配布した一環で、より多くの方にこの取組みを知ってもらおうと取り組んだのがこの花豆グリーンカーテンです。田沢湖駅、角館駅をはじめ、市内の農家ではない方々の庭先でもこれを見ることができます。

 さて、総合産業研究所前のグリーンカーテンには花豆以外にも、アサガオやフウセンカズラも混植されています。青みが美しいアサガオは、農家民宿かまどの田口幸子(@succhi35)さんが分けてくださったもの。同様にほおずきのようなかわいい実をつけるフウセンカズラは、農家民宿泰山堂の藤井けい子(@taizandou)さんが分けてくださったもの。どちらもすくすくと育っています。
b0219741_954289.jpg
アサガオ
b0219741_9543727.jpg
フウセンカズラ

 立秋も過ぎ、夏の暑さのピークは通り越した今時期ですが、残暑対策としてもまだまだ活躍してくれそうなグリーンカーテンです。気になる方はぜひご覧になりにお越しくださいね。

おまけ
b0219741_953040.jpg
6/21ではまだこれくらいでした。
[PR]
by semboku_gt | 2012-08-14 10:01 | Trackback

仙北二湖ブルー

 仙北市の大きな湖、ひとつは言わずと知れた田沢湖、そして1990年に完成した堤高100mの玉川ダムによりつくられた人造の宝仙湖。

 まだまだ雪の残るこの季節の、二つの湖と多摩川源流部の景色をパノラマ写真でお届けします。(クリックすると大きな写真を見ることができます)

 田沢湖は日本一の深さ423.4mを誇り、東京タワーがすっぽりと隠れてしまいます(間もなくオープンする東京スカイツリーは634mで210mほど頭が出ますが...)。この深さは世界中の湖の中でも17番目の深さで、ここ仙北市が誇る大切な地域の宝のひとつです。かつてはクニマスが生息していたことでも知られ、一昨年にはその子孫の一部が山梨県の西湖で見つかったことで、ご存知の方も多いと思われます(クニマスに関してはこちらをご覧ください→仙北市クニマス情報
 田沢湖は深いため湖の中で対流が起こり、凍りません(不凍湖といいます)。どんなに冷え込んだ朝であっても、蒼く吸い込まれそうな水面はかわりません。最近、地元の若い人たちの間ではこの美しい青を讃えて「田沢湖ブルー」なんて言葉を使ったりもします。
b0219741_13584559.jpg
(手前:辰子像、右奥:駒ヶ岳)

 こちらの宝仙湖は玉川本流上にあり、秋田一の大河川雄物川水系では最大となる玉川ダムによりせき止められた人造湖です。東北では福島の奥只見湖や田子倉ダムに次いで3番目の貯水量を誇る大人造湖です。面積は830ha(830万m2)ですが、深さはさほどでもないため、寒い冬には結氷し、その上に厚い雪が積もります。雪の多かったこの冬は、この季節でもまだ湖面には雪の塊がたくさん見られました。
b0219741_135969.jpg
(右手前:玉川ダム、左奥:男神橋)

 
 昨日の4/20の午前8:00から、宝仙湖を望み玉川温泉、そして八幡平、鹿角へと抜ける国道341号線の冬期閉鎖が解除となり、まだまだ雪の残る美しい原風景を望むことができるようになりました。(ただし19:00〜翌朝8:00までの夜間はしばらくの間通行止め)また、玉川温泉の岩盤浴についても4/20から再開となっています。
b0219741_13592412.jpg
(焼山の叫沢から)
 
 ミズバショウ、かたくり、桜(シダレザクラ・ソメイヨシノ)の春の彩りと、田沢湖ブルーに象徴される空と水の青。ここ仙北市に足を運んで、この時期ならではの自然と農山村の風景をお楽しみください。
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-21 14:01 | Trackback