仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お知らせ( 116 )

かかし総選挙 結果発表!

10月21日、22日に「仙北市産業祭」が開催されました。たくさんの方々に来ていただき、農作物や工芸品の展示を楽しんでいただきました。

総合産業研究所ブースでは「仙北は♡あーと展」でも出店していただいたメディカルファームのいぶり菊芋がっこパンや秋田どじょうの唐揚げなどを振る舞いました。
b0219741_17361774.jpg
また、農山村体験デザイン室ブースでは活動紹介や子どもふるさと交流事業などの写真を掲載しました。
b0219741_17404360.jpg
そして!
今回の目玉でもある「かかし総選挙」結果が出ました!!

投票総数197票。6体のかかしのなかで栄えある第1位は。。。。

47票  「サウンズグッド!」 です!!!
b0219741_19303833.jpg

今回のかかし総選挙は接戦で、他のかかし達もとても人気がありました!
我々もどれが1位になるか予想がつかない展開でした。


第1位となった「サウンズグッド!」のかかしは11月中、デザイン室フェイスブックのアイコンにします。
ぜひ、デザイン室フェイスブックもご覧ください。



沢山の投票ありがとうございました!



[PR]
by semboku_gt | 2017-10-24 18:03 | お知らせ | Trackback

仙北市産業祭  かかし総選挙 開催!

フェイスブックでもご紹介していましたが、10月21日、22日「仙北市産業祭」が開催されます。
会場となる神代体育館では農林産物の展示はもちろん、各種展示物やステージ発表も充実。駐車場テントではJAや商工会などの美味しいものが並びます。ちびっこにうれしい木の実の工作会や消防車の展示も行われます。

b0219741_19204801.jpg

また、デザイン室でもこれまでの取り組みの紹介や、活動様子の写真などを展示します。

そして!
今年は先日行われた「農村で楽しむ 仙北は♡あーと展」で会場の目印として大活躍したかかしの人気投票も行います。

「農家民宿 かかし総選挙」

エントリーするかかし達をご紹介します!


b0219741_19320016.jpg

No.1 どんぐり山荘

b0219741_19303833.jpg

No.2 サウンズグッド!

b0219741_19322150.jpg

No.3 民宿 惣之助

b0219741_19305573.jpg

No.4 かまど

b0219741_19311313.jpg

No.5 輝湖

b0219741_19312886.jpg

No.6 のどか


会場内の総合産業研究所ブース内に投票箱と投票用紙を設置しています。また、実物のかかし達も展示されてます。
是非、産業祭に足を運んでいただき、農家民宿のオーナー手作りの個性的なかかしを見てみてはいかがでしょうか?



[PR]
by semboku_gt | 2017-10-20 19:47 | お知らせ | Trackback

\デザイン室にインターン生がやってきた!/

今週28()から、デザイン室でインターンをしている大学生がいます!

ここ仙北市出身で、現在東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科3年の「ちゃん」こと田口真緒です。今日からインターン終了の98日までの間、デザイン室のSNSを担当することになりました!

b0219741_16520696.jpg

私が学ぶコミュニティデザインはいわゆる「地域を住民主体で元気にしていくためのデザイン」で、1つはポスターや映像などの「見えるデザイン」、そしてもう1つはみんなで楽しくアイデアを出すための話し合いの場づくりという「見えないデザイン」を学んでいます。

ここ仙北市で農業の
6次産業化やグリーンツーリズムによって、農山村の未来をデザインする農山村体験デザイン室。コミュニティデザインの「デザイン」と近い意味だと思っています。



そんな考えもあって「自分の地元でインターンするならここしかない!」と思い飛び込んだら、間違いなかった。秋田弁が飛び交うあたたかい職場で安心しました。

そんな私のインターン日記も含め、930日と101日に控える「仙北は❤あーと展」などの各種イベントなどのお知らせをさせていただきます!短い期間ですが、みなさんチェックよろしくお願いします!

(
文:田口真緒)

FB仙北市農山村体験デザイン室

Twitter@semboku_gt


[PR]
by semboku_gt | 2017-09-01 17:03 | お知らせ | Trackback

【重要】デザイン室の体制が変わりました。

5月も終盤に差し掛かり、25度前後の気温が続き初夏の訪れを感じられるようになりました。

さて、ブログでのご報告が遅れましたが新年度よりデザイン室の体制が大きく変わりました。

今年で7年目となるデザイン室ですが昨年まで観光商工部観光課に所属し、仙北市のグリーンツーリズム、教育旅行、国際観光の総合窓口として活動しておりました。
今年度より市役所の機構改革によりデザイン室は「農林部 総合産業研究所」所属となり、グリーンツーリズム・教育旅行を担当いたします。

b0219741_09093621.jpg

左から 坂本主事、伊藤係長、三浦所長、武藤係長(研究所所属)、齋藤主査(研究所所属)

スタッフも新たに地域の皆様と協力し合いながら、さらなる発展に精進して参ります。


そして、新たに「国際交流推進室」が 観光商工部 に創設されました。


b0219741_09132600.jpg
左から 袴田協力隊員、小林協力隊員、藤肥参事、佐藤室長、田口室長補佐、吉田主査

仙北市役所 中町庁舎に事務所をかまえ、国際交流・国際観光の専門部署として業務を行って参ります。

☆秋田県仙北市角館町中町36
☆TEL 0187-43-3301  FAX 0187ー54-4102



当ブログも今年度はデザイン室・国際交流推進室の情報を発信して参ります。
連携・協力をし、今年一年頑張って参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。















[PR]
by semboku_gt | 2017-04-06 11:47 | お知らせ | Trackback

あきた美彩館「仙北市ナイト」 開催!

新年明けましておめでとうございます。
2017年も仙北市のグリーンツーリズム・教育旅行・国際観光の情報を当ブログにて皆様に随時お伝えして参ります。
何卒農山村体験デザイン室をよろしくお願いいたします。


早速ですが、1月に首都圏にて開催されるイベント情報のお知らせです。
東京・品川にあります、秋田県のアンテナショップ「あきた美彩館」
この度、一日限定で仙北市を完全再現いたします!

その名も「仙北市ナイト」!!
b0219741_11531917.jpg
開催日時 : 2017年 1月26日(木)  19:00 ~ 21:00

場  所 : あきた美彩館
       (東京都港区高輪4-10-8京急第7ビル高輪WEST-3 1階)

お食事代 : 
4000円(飲み物代 別途)

定  員 : 50名 

ご予約連絡先 : あきた美彩館 TEL 03-5447-1010 
            (※お食事にはご予約が必要です。)


締切 1月16日まで



角館・佐竹北家に伝わる伝統料理「お狩場焼き」、田沢湖で生まれた名物料理「山の芋鍋」をはじめとした伝統料理や、「そばの郷 仙北市」をPRするべく日々活動している「遊楽3トピアそば会議」会員の地元そば屋さんが当日、美彩館にて手打ちそば をふるまいます。


また、当日11時より仙北市物産販売も行います。

地元では「まぼろし」とも言われている「田沢ながいも」  地元農家特製の「いぶりがっこ」 、山桜の樹皮を使用した 仙北市の伝統的工芸品の「樺細工」 など仙北市の特産品が並びます。



地元でしか味わえない魅力が一日限定で東京・品川で体感できます!!

首都圏にお住まいの方は是非この機会に、仙北市の風土の魅力を味わってみてはいかがでしょうか?


[PR]
by semboku_gt | 2017-01-05 15:04 | お知らせ | Trackback

デザイン室も6年目となりました!

平成23年4月にグリーンツーリズムと教育旅行の総合窓口として設置された農山村体験デザイン室も
4月から6年目をむかえます。
昨年12月からは地域おこし協力隊の袴田誠さんをむかえパワーアップして業務にとりくんで参りました。
海外からの受入やイベント等の取り組みがクローズアップされがちですが
今年度は今まで以上に地域の方々と協力しあいながら
受入体制の基盤作りにもしっかりと取り組んでいきたいと考えています。
b0219741_13352871.jpg

左から 袴田協力隊員、坂本主事、福田室長、田口係長、吉田主査
b0219741_13462237.jpg

皆さんぜひ仙北市においで下さいね!
[PR]
by semboku_gt | 2016-04-01 13:43 | お知らせ | Trackback

謹賀新年

 ブログ、フェイスブックをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。今年も、グリーン・ツーリズムや農家民宿、農家レストラン、国際交流や教育旅行などなど、たくさんの情報をお伝えしていきたいと思っています。

 さて、新年を迎えましたが、1月になっても温かい日が続いている仙北市です。例年なら「毎日雪かきが大変だ!」となっているところですが、今年は角館で積雪が3㎝(1月4日現在)だそうです。2年前のブログを見ると、積雪は53㎝とありました(そのときのブログはこちらから)。今年はいかに雪が少ないかわかりますよね。おかげで道路状況もよく、車の運転がとても楽チンです。
 デザイン室は年明け早々、台湾出張(教育旅行の誘致)や外国人向け誘客事業、地そば振興のお手伝い等々の行事が目白押しです!その模様は、もちろんブログ、フェイスブックを通じて皆さんにお伝えしていきたいと思っています。
 
 ということで、今年もデザイン室をどうぞよろしくお願いします。
b0219741_14474610.jpg


 
[PR]
by semboku_gt | 2016-01-04 14:52 | お知らせ | Trackback

今年もありがとうございました。

 一年が終わろうとしています。農山村体験デザイン室は今年最後の仕事日となっております。職員総出で、職場の大掃除を行ったところ、今年使った書類やら写真やら冊子やらパンフレットやらがたくさん出てきました。

 「今年も色々な人と出会って、色々な経験が出来た一年だったなぁ…」としみじみ感じてしまいました。

 今年一年、たくさんの人たちと出会って、たくさんの人たちからお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。そして、このブログやフェイスブックを見てくれた皆さんにもお礼を言いたいと思います。みなさん本当にありがとうございました。

 デザイン室は来年も今年以上に、仙北市のいいところや、農山村の魅力、国際交流の情報などをどんどん紹介していきたいと思っています。来年もどうぞよろしくお願いします。

 農山村体験デザイン室職員一同
[PR]
by semboku_gt | 2015-12-28 15:41 | お知らせ | Trackback

インバウンド誘客促進事業の公募について

 仙北市農山村体験デザイン室では、国の地方創生交付金を活用し、インバウンド誘客促進事業を行います。この事業は、名前の通りインバウンド、つまりは訪日外国人旅行者に対し仙北市の魅力を伝え、訪れてもらおう。そして訪れた外国人に仙北市にしかないような体験を提供しよう。また、外国人が仙北市を訪れやすい環境を整備をしよう、という内容のものです。

実施する業務は次の4つです。(業務内容をクリックすると、市ホームページの詳細な内容が掲載されているページに移動します)
①インバウンドセールスプロモーションの実施業務

②通年型外国人向け体験コンテンツの開発

③冬期間外国人向け体験コンテンツの開発

④多言語通訳コールセンター業務

これら4つの業務について、プロポーザル方式(プレゼンテーション)により委託業者を選定します。12月25日より仙北市のホームページで公募となっていますので、日程等も含めて詳細をご確認ください。
【問い合わせ先 仙北市農山村体験デザイン室 】
 電話.0187-43-3353 
 FAX.0187-47-2116
 Eメール.sembokugt@city.semboku.akita.jp
※なお、お問い合わせのご回答については市役所開庁日に限らせていただきますのでご了承ください。
[PR]
by semboku_gt | 2015-12-26 23:11 | お知らせ | Trackback

地域おこし協力隊、袴田さん着任!

b0219741_11561863.jpg

これは総務省の作ったポスターです。




なんだかかっこよくないですか!!?躍動感あふれる字で、「地域おこし協力隊」と書かれていますよね。

そうです、今回のお知らせは「地域おこし協力隊」の方がが新たに仙北市に着任したんです!(仙北市に着任した地域おこし協力隊としては2人目)ということなんです。

そもそも地域おこし協力隊とは何かというと、総務省のHPには次のように書かれています。

【地域おこし協力隊】
都市地域から過疎地域等の条件不利地域に住民票を移動し、生活の拠点を移した者を、地方公共団
体が「地域おこし協力隊員」として委嘱。隊員は、一定期間、地域に居住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこしの支援や、農林水産業への従事、住民の生活支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組。

 つまりは他の地域から仙北市に移り住んでも、独自の視点で、地域のため様々な活動をしてもらうということです。

 それでは新たに仙北市に着任した地域おこし協力隊をご紹介します。



 袴田誠(はかまた まこと)さんです。12月1日より着任されています。
b0219741_13424130.jpg

 仙北市に転入する前は長野県で生活されていました。お生まれは静岡県です。
 以前仙北市の農家民宿を訪れた時に、いいところだなと興味を持っていただいたのが仙北市に来ようと思ったきっかけだそうです。新たな地で生活がスタートし、毎日新たな発見があるようです。仙北市の人・地・物・食に触れ、いいところをたくさん見つけていって欲しいと思います。
 そして、新しい目線で仙北市のいいところを、名前の通り掘り「おこす」活動をしてくれることを期待しています。

 今後は皆さんの地域をお邪魔することも多いと思います。普段は仙北市役所西木庁舎の農山村体験デザイン室内で仕事しています。みなさんも見かけたら声をかけて下さいね。
[PR]
by semboku_gt | 2015-12-10 13:39 | お知らせ | Trackback