仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:台湾関連( 33 )

台湾デザイン系高校生研修団~発表会~

b0219741_12312445.jpg

b0219741_12300929.jpg

 7月4日から仙北市に滞在して制作活動をしている台湾のデザイン系高校生ですが、7日に宿泊先のハイランドホテル山荘で制作発表会が行われました。発表会には仙北市長や生徒たちが滞在していた農家民宿のお父さんお母さんも参加して行われました。生徒たちはこの日の発表会に間に合わせるためにほぼ徹夜で作業をしていたそうです。

 できあがった作品はどれも個性的でデザイン性にあふれたものばかりでした。今後台湾に帰ってからポスターになるそうです。できあがったら日本に送ってくれるそうです。そのときにはまたご報告をさせていただきたいと思います。
 最後は仙北市から修了書を生徒一人一人に渡しました。

b0219741_12301538.jpg
 今年も台湾からたくさんの学校が来てくれることを心待ちにしています。




[PR]
by semboku_gt | 2017-07-11 12:47 | 台湾関連 | Trackback

台湾デザイン系高校生が仙北市で研修をしています!

 7月4日から7月7日までの日程で、台湾でデザインを学ぶ高校生17人が来仙しています。これの研修は台湾の台北教育局が主催するもので、仙北市では2年ぶり2回目の研修団の受け入れとなります。研修の主旨として「生徒の国際的な視野を開拓し、プロのスキルや業界動向の感度を強化する」とのことであるため、参加している生徒は楽しみながらも真剣にプログラムに取り組んでいます。なお、この研修団を引率する先生は台北市立士林高商の鍾先生で、6年前に初めて仙北市で台湾からの修学旅行を受け入れた時の引率の先生でもあります。
 イオンモール秋田でディスプレイの勉強や、アート&クラフト香月(仙北市角館町)で伝統工芸での樺細工の研修を行った一行。その後農家民宿でのホームステイとなりました。農家民宿滞在中は、仙北市の観光地や農家民宿での体験を元にした制作活動を続けます。
 生徒たちにとっては農家民宿のお父さんやお母さんとの出会いや、一緒に過ごす時間が何よりもいい経験になるはずです。最終日には制作発表もあります。どんな作品が出来上がるのか楽しみですね。(写真は上から順番に、イオンモール秋田のディスプレイ研修、アート&クラフト香月の工芸品研修、ホームステイをする農家民宿の皆さんとの対面式、ホームステイの様子です)

b0219741_13453659.jpg
b0219741_13455491.jpg
b0219741_13460667.jpg


b0219741_13461597.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2017-07-05 23:59 | 台湾関連 | Trackback

台湾・国立龍潭高級中学のホームステイについて

 2月は台湾からの教育旅行受け入れラッシュです。2/22~23にかけて「国立龍潭高級中学」が仙北市でホームステイを体験しました。龍潭高中の受入はは昨年に引き続き2回目です。今年度、台湾からの教育旅行受入は4校目となります。台湾からの修学旅行の受入が始まったのが平成24年、その後継続的な誘致活動を続けています。毎年少しずつ受け入れ数が増えてきている状況です。
《日程》
平成29年2月22日
16:30 仙北市歓迎式・ホームステイ対面式
その後 ホームステイ一泊

平成29年2月23日
午前  ホームステイで農山村体験
13:00 出発


歓迎式(西木温泉プラザ クリオンにて)
b0219741_12295748.jpg

b0219741_12345643.jpg


ホームステイ対面式
b0219741_12401355.jpg


ホームステイの様子です。
b0219741_1248978.jpg

b0219741_12492351.jpg

b0219741_12514012.jpg


見送り風景
b0219741_12524990.jpg

b0219741_12543229.jpg


仙北市のホームステイの特徴は、受け入れ側が特別な体験メニューは設けず、その時、その人たちに一番合った体験を提供していることです。そして何よりも、自分の家に帰ってきたようなアットホームな雰囲気で子供たちを受け入れています。言葉はうまく通じなくても、心は通じている。そんな仙北市のホームステイをこれからもたくさんの人に伝えていきたいし、体験してほしいと思っています。
[PR]
by semboku_gt | 2017-02-24 13:12 | 台湾関連 | Trackback

笑顔あり、涙あり 桃園市立平鎮高級中学教育旅行

 先週の景美女子高級中学に続き、昨日から桃園市立平鎮高級中学35名が教育旅行で仙北市を訪れ、農家民宿でのホームステイを楽しみました。
 謝校長先生は昨年仙北市を訪れて農家民宿への宿泊を体験しており、仙北市長とも知人です。また、デザイン室でも昨年6月に平鎮高級中学を訪問していて、謝校長先生を始めとする先生方に会うのは約8ヶ月ぶりです。
 本当に、本当に遠くから仙北市に来てくれました!桃園市は台北市の隣(新北市)のさらにお隣。人口210万人ほどの都市です。桃園国際空港があることでも有名ですね。当然のことながら雪は降りません。温暖な所から一転、真冬の秋田に来ると言うことで、日程の途中で体調を崩していないか心配しておりました。しかしながら、男鹿市では男鹿海洋高校との学校交流、北秋田市ではスキー体験と順調に日程をこなしたとのことでした。

 仙北市入りした平鎮高中の生徒たちは市長を始め、たくさんの歓迎を受けました。平鎮高中からは感謝の心を込めて立派な書の掛け軸をいただきました。
b0219741_1901615.jpg

 写真は手踊りで一向を歓迎している様子です。
b0219741_1911565.jpg

 農家民宿の皆さんも一緒に手踊りを鑑賞しました。
b0219741_1923386.jpg

 記念写真を一枚。そしてホームステイ先に出発です。
b0219741_1932253.jpg


 到着したのも夕方で、出発は翌日の昼過ぎです。滞在時間は少なかったものの、農家民宿のお父さん、お母さんに歓迎され、各々ホームステイの時間をとても楽しんでいました。まるでその様子は本当の親子のようでした。
b0219741_1915347.jpg

b0219741_19174284.jpg
b0219741_19182858.jpg
b0219741_19191128.jpg
b0219741_19195251.jpg
b0219741_1920455.jpg


そして別れの時。
b0219741_1921598.jpg

b0219741_1923392.jpg

b0219741_19243119.jpg


 こうして平鎮高中のホームステイはあっという間に終了しました。最後に謝校長先生はおっしゃっていました。「教育旅行とは、観光地を旅行するものであってはならない。一生に一度かもしれない体験をすることによって人間を成長させる。そんな旅行にすることこそが意味のある教育旅行だと思うのです。今回は本当に素晴らしく意味のある教育旅行でした。」
 本当にありがたいお言葉です。

 今回もたくさんの出会いがありました。このご縁を育みつつ、また会える機会を楽しみにしたいと思います。平鎮高中のみなさん、また仙北市に来てくださいね。待っています。
[PR]
by semboku_gt | 2017-02-16 19:38 | 台湾関連 | Trackback

歓迎!台北市立景美女子高級中学

 2月は台湾からの修学旅行が3校来ていただくことになっています。その先陣を切って、台北市立景美女子高級中学(以下、景美女子高中)の30名が仙北市を訪れ、ホームステイや学校交流を行いました。景美女子高中の黄校長先生は、5年前に「台北市立士林高級商業職業学校」でも仙北市に来てくださっているという深い関係があります。(そのときのブログはコチラ)その時からのご縁を大事に育み続けたこと、そして何より黄校長先生のご理解が深かったことが今回の修学旅行の実現に繋がったと思っています。

 景美女子高中は、台北市で一番優秀な女子高だと聞いています。また、台湾では景美女子高中の在校生は「太陽神の娘」と呼ばれているそうです。今回の修学旅行で景美女子の生徒に会って、その呼び名の通り、寒い寒い秋田にパッと温かい光を届けるように、明るく聡明な生徒さんたちだと感じました。その模様をご紹介します。

 景美高中が台湾を朝に出発し、仙北市入りしたのが夜6時。それでも疲れた表情も見せない彼女たち。出迎えたのは仙北市長とデザイン室一同です。市長と黄校長は5年ぶりの再開です。
b0219741_11464816.jpg

 遠路はるばる来ていただいた景美女子高中のみなさんを歓迎式でもてなしました。仙北市長からは「田沢湖で好きな人の名前を3回唱えると恋が成就する」との話も。黄校長先生からも感謝の言葉をいただきました。
b0219741_11565744.jpg

b0219741_1232068.jpg

歓迎の意味と、日本の伝統的な文化に触れてもらおうと言うことで、「空手」と「お囃子」を披露しました。
b0219741_1253077.jpg

b0219741_1275411.jpg

みんなで記念撮影。どうですか?みんないい笑顔でしょ?
b0219741_12115447.jpg

この日は市内ホテルで一泊。

 翌日は角館高校との学校交流です。学校交流は相手の文化を知ることの他、国際感覚を養うためにとてもいい体験です。角館高校は今年度より台湾への修学旅行も始まっています。両校は今回の交流のために準備を進めてきました。

 学校交流ではおやま囃子部が手踊りで出迎えてくれました。その後歓迎セレモニー、昼食、両校の地域紹介(プレゼンテーション)、また、教室で一緒に授業を受けるなどして交流をしました。
写真はその模様です。

出迎え風景
b0219741_12164270.jpg

手踊りで歓迎
b0219741_1219441.jpg

一緒に昼食
b0219741_12253670.jpg

景美女子高中の校歌斉唱
b0219741_12281176.jpg

角館高校おやま囃子の披露
b0219741_1230187.jpg

一緒に調理実習
b0219741_1232236.jpg

書道の授業風景
b0219741_1249793.jpg

半日の学校交流はあっという間に終了。見送り風景。
b0219741_1234139.jpg


 学校交流を終えた生徒たちは一路ホームステイ先の農家民宿へ移動。農家民宿のお父さん、お母さんたちは我が子のように接してくれます。ハジメは緊張した生徒たちもすぐにリラックスしていました。ホームステイ先では雪遊びや郷土料理作りなど、ここでしかできない体験をしました。
写真はホームステイ先の様子です。
b0219741_14503174.jpg

b0219741_1451023.jpg

b0219741_14514439.jpg
b0219741_14521012.jpg

郷土料理の「おやき」
b0219741_14523057.jpg

最後は農家民宿の方と記念写真。
b0219741_1454371.jpg


あっという間の3日間でした。また次会える日を楽しみにしています。再見!景美女子高中。
[PR]
by semboku_gt | 2017-02-08 12:54 | 台湾関連 | Trackback

歓迎光臨!台中市立恵文高級中学

 本日は素敵なお客様が仙北市を訪れています。その素敵なお客様とは…「台中市立恵文高級中学」の皆さんです!
 我々農山村体験デザイン室は2年前から今回の教育旅行のお話を進めさせていただき、この度晴れて仙北市への教育旅行が実現しました。この来仙をどれだけ待ちわびたことか…。台中市は台湾のちょうど真ん中あたりに位置します。日本に来るには空港のある台湾北側の移動しなければならず、とても時間がかかります。そんな中、遠路はるばる秋田県・仙北市に来ていただいたことは、本当に嬉しいかぎりです。

 仙北市には2泊3日の滞在で農家民宿でのホームステイや秋田県立角館高等学校との学校交流をする日程となっています。恵文高級中学(生徒32名、先生2名)は朝早くに盛岡市を出発し9時過ぎに仙北市入りしました。
 写真は到着したみなさんをホームステイの受入をしてくださる方々が出迎えているところです。
b0219741_19181853.jpg


 そしてセレモニーでは門脇仙北市長、さらにはデザイン室職員から空手の披露、スペシャルゲストのなまはげ登場と、恵文高級中学のみなさんの到着を歓迎しました。
b0219741_19202239.jpg
b0219741_19211518.jpg

 そして、恵文高級中学を代表して蔡先生からは「田沢湖は日本一深い湖と聞いています。この交流を通じて、恵文高中と仙北市の関係も田沢湖に負けないくらい深いものになればいいと思います」と温かいお言葉を頂きました。
b0219741_19241151.jpg


 この後生徒たちはホームステイ先となる市内農家民宿に移動し、それぞれ仙北市でしかできない特別な体験をしました。写真はその様子です。

柿の収穫に出かける様子です。腰に吊された籠が素敵ですね。
b0219741_1932126.jpg

こちらは干し柿作りをがんばりました。
b0219741_19334852.jpg

b0219741_1934469.jpg

こちらは西明寺栗の皮むきです。
b0219741_19355337.jpg

こちらはひょうたんの工芸品作りです。
b0219741_19383886.jpg

 その他の家庭も色々な時間の過ごし方でホストファミリーと楽しい時間を過ごされていました。いよいよ明日は秋田県立角館高等学校との学校交流です。
 なお、仙北市ので様子は「仙北市農山村体験デザイン室」のフェイスブックでもアップしていますのでご覧下さい。
[PR]
by semboku_gt | 2016-11-10 19:44 | 台湾関連 | Trackback

台湾との交流事業

農山村体験デザイン室では市の国際交流、国際観光業務の担当部署でもあります。
10月の20日から24日には台湾にあります北投温泉で開催されました温泉祭りに参加して参りました。温泉祭りは新北投温泉駅すぐ横に日本全国の名だたる温泉地がそれぞれブースを構えPRを行うもので私たちも玉川温泉、鶴の湯温泉の方々と参加しました。
b0219741_8273222.jpg
b0219741_8284214.jpg

またこの会期中には台湾アジア太平洋国際温泉協会の総会へ出席して参りました。(会議正式名称は違うものの内容的には総会だったのであえて総会と表現しております)この会では、台湾、日本の関係者へ玉川温泉の畠山常務が講演も行いました。
b0219741_830521.jpg

b0219741_8372623.jpg

台湾との親交については仙北市誕生前の昭和50年代、旧田沢湖時代にさかのぼります。田沢湖と澄清湖の姉妹湖締結に始まり北投温泉と玉川温泉の姉妹温泉締結、現在では姉妹校も締結しております。
今後も台湾との皆さんとの交流事業を開催する予定です。
まずは来月早々に台中の恵文高級中学と仙北市にあります角館高等学校との交流事業も控えております。
また皆さんにも報告してまいります
ご期待ください
[PR]
by semboku_gt | 2016-10-31 08:39 | 台湾関連

台湾教育旅行現地説明会に参加してきました

 仙北市では台湾からの教育旅行を受け入れを積極的に行っており、これまでたくさんの学校が仙北市を訪れています。
 今年も台湾訪日教育旅行現地説明会(主催:JNTO)が台湾の台北、台中、高雄の3会場で行われ、我々デザイン室も参加してきました。 
 説明会には訪日教育旅行を検討している学校の先生が多く参加します。仙北市のブースにもたくさんの方が話を聞きに訪れました。
b0219741_15231681.jpg

b0219741_15235388.jpg


 説明会のほかにも、これまで仙北市を訪れてくれた学校や、仙北市への訪問を検討していただいている学校を訪問し、感謝の気持ちを伝えるとともに、また仙北市へ来たいただけるよう説明をしてきました。
b0219741_15295454.jpg
b0219741_15302746.jpg
b0219741_1531177.jpg
b0219741_15312842.jpg


 仙北市は四季折々の景色や風景と、季節によってさまざまな体験が楽しめます。ホームステイの環境も万全です。台湾からたくさんの教育旅行の方々が来てくれればと思っております。お気軽にお問い合わせください。
≪電話 0187-43-3353 E-mail sembokugtアットcity.semboku.akita.jp≫
 ※E-mailのアットを@に置き換えてお送り下さい。
[PR]
by semboku_gt | 2016-06-18 15:40 | 台湾関連 | Trackback

平成28年 台湾教育旅行誘致レポート② 農家さんの学校訪問

2月10日 仙北市で紙風船上げという小正月行事が行われました。

b0219741_18545828.jpg
先日台湾で大きな地震がありましたが報道を見るたび本当に心が痛みます。
台湾の方々の幸せを祈願して紙風船をあげる、と言って出かけて行った人もいました。
それくらい台湾からの修学旅行を受入れるようになって
宿泊施設だけでなく地域の方々が台湾をはじめてとする海外の国を、大切に思うようになったような気がします。

今から1ヶ月前 農家民宿の方々は台湾にある師範大学附属高校、松山商業高校、士林高校を訪問しました。受入した生徒に会いたいという気持ちが台北を訪れた一番の目的とは聞いていました。ただそれと同時に
「台湾という国をもっと知り仙北市を訪問してくれた人が心地よく過ごせるようになれたら」そんな思いでの訪問だったそうです。
どの学校でも校長先生をはじめ大勢の先生と生徒が私達を歓迎してくれました。
こちらは松山高校での様子。
b0219741_19101185.jpg

b0219741_23371810.jpg

生徒とも再会。ちょっと照れてるのかな?

士林高校ではセレモニーまで行ってくれました。右に座っているのは校長先生
b0219741_19171732.jpg

b0219741_2340440.jpg


今回来ることができなかった農家民宿からのお土産も渡すことができました。
b0219741_23422542.jpg

b0219741_23471049.jpg

自分たちの学校を案内もしてくれました。手をつないだり腕を組んだり。言葉がうまく
出てこなくてもみんな笑顔でいたのが印象的でした。

今回どうしても都合がつかなかった1名をのぞいて全員と会うことができました。
b0219741_004147.jpg

別れの時
b0219741_23491342.jpg

私達の姿が見えなくなるまでずっと手を振り続けてくれました。

午後は師範大学附属高級中学を訪問しました。こちらは昨年仙北市にある角館高等学校と姉妹校締結を結んだ学校です。こちらでも学校の歴史を説明いただき校内も案内してくれました。
b0219741_021058.jpg

b0219741_0202518.jpg
b0219741_23534677.jpg

b0219741_23555348.jpg

生徒も集まってくれました。
b0219741_082934.jpg

夕食は生徒達がを自分のホストファミリーを自分の好きなお店に案内しそれぞれがとるというスタイル。

本当にステキな提案です。それぞれが滞在した生徒と楽しい時間を過ごしました。


2泊3日の滞在地だった「だけ」の農家民宿。その期間「だけ」の滞在者である生徒達
どうしてこんなにも深い絆でむすばれているのだろうと 不思議に思いました。
生徒達はどんな経験をしてきたのでしょう。どんな時間を過ごしたのでしょう。

現在 青少年の研修等を含めると多い年で300人以上の海外からの学生を受け入れしている仙北市
今後もたくさんの出会いがうまれるようにバックアップしていきたいと思います。

おまけ
士林高校で会うことができなかった1名の生徒。昼食場所を探し迷いながら歩いていたらなんと、再会できました!お互い信じられない偶然にびっくり。笑顔の再会となりました。
b0219741_0132747.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2016-02-12 00:36 | 台湾関連 | Trackback

平成28年 台湾教育旅行誘致レポート ①

報告がずいぶんと遅くなってしまいました。
1月11日からの15日までの5日間、台湾で教育旅行誘致活動を行って参りました。
今回はデザイン室からスタッフ1名が学校や旅行会社等へ足を運びPRを行ってくる予定でしたが嬉しいことに頼もしい方々と一部活動を一緒にすることができました。
b0219741_1920490.jpg

そうです!仙北市にあるグリーンツーリズム西木研究会の方々をはじめとする市内の農家民宿の有志の方々が学校訪問等行うのと同じタイミングで台湾への旅行を計画して下さったのです。※画像は秋田空港での様子。表情がちょっと緊張気味です。
以前から「今まで受入してきた台湾の学生が過ごしているところを訪れてみたい」と皆さんで話してはいましたが、今回訪問先に10月に仙北市で受入を行った学校が含まれていることもあり、それぞれが渡航費用全額自己負担でデザイン室スタッフと一緒に11ある訪問先のうち3校への訪問活動を同行したいと申し出てくれました。



同じような画像ですがこちらは台湾到着 松山空港での様子です。
ちょっとホッとしたような顔をしているようにも見えます。
b0219741_20104893.jpg

手前左は秋田県立角館高等学校の台湾への修学旅行担当の千葉先生。姉妹校である台湾国立師範大学附属高級中学との打ち合わせのために同じ日に渡航しました。


デザイン室にとっても同行して頂いた農家民宿の方々にとっても
色々なことを感じ、考えた今回の訪台でした。
これから農家民宿の方々の感想も交えながら
丁寧にブログにて報告していきたいと考えています。
ご期待下さいね
[PR]
by semboku_gt | 2016-01-26 20:22 | 台湾関連 | Trackback