仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:台湾関連( 34 )

思い出の1ページは夏の田沢湖で

梅雨明けの気持ちよい季節が到来しました。
これから夏本番でしょうね。

7月28日~29日にかけて、台湾からの修学旅行生が仙北市を訪れました。
今回訪れたのは、新北市立新店高級中学(日本でいう高等学校)の生徒16名と先生3名の合計19名です。

b0219741_14475160.jpg



この学校名に聞き覚えのある方もいるかと思います。

実は、今年5月に西木地区の農家民宿を中心に訪れた学校で、とても仙北市に好印象を持たれたようでした。
その時の模様は、新聞に取り上げられたり、広報の表紙を飾ったりもしています。

帰国後、学校側から「ぜひまた仙北市を訪れてみたい!」との要望が高まり、早々に今回の修学旅行が実現しました。もちろん訪れる皆さんは初めての方ばかりです。

今回の行程はちょっと変わってて、日本を九州から縦断する形でJRを利用し、仙北市を経由して、このあと北海道へ移動する予定となっていました。

長旅の疲れも見せず、笑顔で田沢湖駅に到着した一行は、歓迎光臨の横断幕で華々しく出迎えられました。

駅前では歓迎セレモニーが開催され、ホストファミリー(受入農家)や仙北市、秋田県の関係者から盛大な歓迎を受けました。

b0219741_14481252.jpg


全員で記念撮影をした後、御礼に日本語の歌を披露してくださるなど、終始会場は和やかムード一色に包まれました。皆さん笑顔、エガオです。


セレモニー終了後には、班ごとに分かれ、宿泊先となる田沢湖地区の農家民宿へ移動していきました。

b0219741_14512342.jpg


夕方が近い時刻ではありましたが、まだまだ日が高く、田沢湖の散策や温泉を楽しんだり、薪割りを体験したり、夜にはバーベキューを囲んで楽しいひとときを過ごしました。

b0219741_14495735.jpg


今年は、海外からのお客様も多く、実に国際色豊かな仙北市となっています。
この勢いで、たくさんの交流人口が増えていくことに期待しています。

b0219741_15224539.jpg


受入農家の皆さんにとっても、自信につながる飛躍の一年になるよう、デザイン室でもしっかりサポートしていきたいと思います。
[PR]
by semboku_gt | 2014-07-29 15:30 | 台湾関連

台湾へ修学旅行誘致活動に行ってきました。

報告が遅くなってしまいましたがデザイン室では6月2日から6日まで台湾入りし台北、台中、高雄で開催された訪日教育旅行説明会に参加してきました。平成24年から本格的に取り組んできた台湾教育旅行誘致事業も今年で3年目。説明会参加も4回目、独自の誘致活動も入れると5回目の台湾でした。今まで仙北市に来てくれた学校の担当者や以前訪問した学校の方など前回よりも私達の仙北市ブースを目指して来てくれる方も多くなってきました。本当に嬉しいことです。

今回は今まで仙北市に来てくれた学校へも足を運んできました。
5/24から仙北市に滞在した新店高級中学へもお礼をかねて訪問。6月は台湾の卒業式シーズンらしく訪問した次の日が卒業式で準備中の会場を案内してもらいました。日本の卒業式と違い生徒が企画実行、踊りがあったり歌があったりと日本とは違う形での卒業式のようです。
b0219741_18421578.jpg

また士林高級商業職業学校(日本でいう高校)は訪問日当日が卒業式でした。
仙北市で初めて受け入れをした学校が士林高級商業職業学校。台湾の修学旅行は全員参加ではなく募集に応募した1~3年生40人前後が参加し実施するため今回の卒業で当時仙北市に来た生徒の大半は卒業してしまいます。卒業式の2時間前に訪問したのですがわざわざ私達のところ挨拶に来てくれました。
b0219741_19115975.jpg

最初はかしこまって写真を撮っていたのですが最後にはみんな笑顔で。ツイッターなどのSNSなどで今では世界の友達と簡単に連絡がとれるようになってきましたが、やはりしっかり一緒の時間を過ごして築いた関係は強くで良いものだなぁとそれぞれの学校に行って感じてきました。

今後も台湾からの修学旅行誘致は続けていきたいとデザイン室では考えています。
[PR]
by semboku_gt | 2014-06-17 19:42 | 台湾関連 | Trackback

台湾からの修学旅行 新店高級中学の農業体験受入

平成24年から本格的に台湾の教育旅行誘致に取り組んでいるデザイン室にとって5校目、平成26年の初めての台湾からの学生の受け入れ 台湾 新北市立新店高級中学の生徒35名が5月24日仙北市入りしました。

今回は青森の高校との学校交流、セレモニーなどを終え、仙北市では農家民宿泊、角館観光、ホテルタザワ泊というスケジュールでした。旅行も4日目となり疲れが出てきているのではないかな、と心配してたのですがみんな元気に過ごしてくれました。

今回受け入れてくれた農家は9軒。
自宅に神社がある農家さんにも受け入れして頂きました。
どうしても見てみたいという生徒の声を受けて神社を見せてくれました。もちろんその後は日本の文化、風習についてのお話しも。みんな興味深く聞き入ってました。
b0219741_14421356.jpg


市内の9軒の農家にわかれての体験。農業体験だけではなく郷土料理作りから日本文化体験まで。
それぞれに個性があり、その農家だけの体験が出来るのが魅力の仙北市。言葉がうまく通じなくても気持ちはすぐに通いあいます。
b0219741_11554743.jpg
b0219741_1156360.jpg


最後は涙のお別れ。
b0219741_13415213.jpg

受け入れる方々も、そして台湾から来てくれたみんなにとっても心に残る2日間でした。

農山村体験デザイン室では今後も積極的に誘致をすすめていきたいと考えています。
[PR]
by semboku_gt | 2014-05-27 13:57 | 台湾関連 | Trackback

‎101年日本文化體驗教育旅行學生學習成果冊(士林高級商業職業学校)

 平成24年度からの新規事業として実施した「歓迎再来!台湾からの修学旅行誘致促進事業」による誘致活動などを通じて、その第1号として平成24年11月18日~20日の2泊3日で仙北市に修学旅行で訪れて下さった台北市立士林高級商業職業学校の生徒のみなさん。

 士林高商の修学旅行
 
 その生徒のみなさんによる学習レポートが、士林高商の公式サイトにe-bookとして、現在公開されています。
b0219741_11543383.png

 仙北市内でのホテルの温泉体験、角館高校との生徒交流、農家民宿での農家との家庭的な交流、しょうゆソフトや武家屋敷体験などを、ときおり日本語も交えながら書いてくれています。特にP270からの「旅のしおり」は大変参考になります。
 
 ぜひ、ご覧下さい。

 ‎101年日本文化體驗教育旅行學生學習成果冊
[PR]
by semboku_gt | 2014-03-06 11:51 | 台湾関連 | Trackback

台湾・國立曁南国際大学附属高級中学からの修学旅行受入について

 仙北市では、平成24年度から「台湾からの修学旅行誘致促進事業」を実施し、誘致および受入体制の強化を図っています。その結果、平成24年度には臺北市立士林高級商業職業學校を受け入れ、また平成25年度にはすでに9/29~10/1に國立師範大学附属高級中学の受け入れを終えています。

 この度、國立曁南国際大学附属高級中学の生徒37名、引率教員3名が下記のスケジュールで仙北市を訪れます。
b0219741_17513695.jpg

(デザイン室スタッフは一足先に9/24に曁南大附属高中に伺いました)

○期 間   平成25年10月21日(月)~10月23日(水)
○日 程   (仙北市内のみ・予定)

1日目 10月21日(月)
11:30~   角館南高校着・歓迎交流会、部活動体験など
17:15~   歓迎セレモニー(門脇市長挨拶、手踊り披露ほか) ・宿泊

2日目 10月22日(火)
午前中      田沢湖畔観光・武家屋敷散策
11:45~   桜並木駐車場発、各農家へバス移動(西木地区7軒)
終 日      農家体験交流(農業体験・郷土料理づくり体験など)・宿泊
               
3日目 10月23日(水)
6:30~    仙北市役所西木庁舎集合
6:45~    出発(秋田市空港経由・東京へ)


<市民のみなさまへ>
 市内各地で彼らを見かけたら、ぜひ元気よく「ニイハオ!(こんにちわ)」「ホワンイン クワンリン!(ようこそ)」などなど、簡単で良いので、ぜひ積極的に交流、オモテナシしませんか。市民一人一人が仙北市のオモテナシの顔です。


※10/20夕方、無事に秋田空港に到着しました。
b0219741_1991250.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2013-10-20 19:00 | 台湾関連 | Trackback

終了【台湾からの修学旅行】國立師範大学附属高級中學の修学旅行受入

 仙北市農山村体験デザイン室では、平成24年度新規事業「歓迎再来!台湾からの修学旅行誘致促進事業」で台湾からの農山村体験や文化体験、自然体験などをメインとした修学旅行誘致に取り組んできました。昨年度6月と11月には秋田県観光振興課の協力の下、訪日修学旅行誘致セミナーで訪台し台北・台中・高雄の3箇所で誘致活動を行った結果、昨年11月には台北市立士林高級商業職業學校から修学旅行が11/18~20の2泊3日について24名が仙北市に滞在しました。
 
 2年目の今年は、台湾の國立師範大學附属高級中學(日本の高校にあたります)が、農家民宿への宿泊、学校間交流、武家屋敷散策などを組み込んだ修学旅行で仙北市を訪れました。
b0219741_10125815.jpg
角館散策の様子

●スケジュール
【9/29】 
  16:20 羽田経由JAL1265便で秋田空港着
  17:30 西木温泉「クリオン」にて歓迎セレモニー、宿泊
b0219741_9561790.jpg
セレモニー後の記念撮影

【9/30】
  9:30  秋田県立角館高等学校で学校・生徒間交流(歓迎式典・飾山囃子披露・調理実習など)
  14:30 武家屋敷散策・角館高校武道体験
  17:30 市内農家民宿8軒に分かれて農家体験、宿泊
b0219741_1010146.jpg
角館高校での歓迎会
b0219741_1012487.jpg
角館高校での交流会・調理実習
b0219741_10131976.jpg
角館高校部活動体験

【10/1】
  9:30  農家体験
  12:45 クリオンに集合して出発
  この後、秋田市ねぶりながし館見学の後、飛行機で東京へ移動、10/4まで滞在しました。
b0219741_10154838.jpg
農家民宿でのファームステイ
b0219741_9465271.jpg
出発・農家の見送り

●対象
 台湾國立師範大學附属高級中學31名、教員2名ほか

●経緯(参照:http://sembokugt.exblog.jp/18445809/

 当日の模様はツイッター(ハッシュタグ #semboku_gt)でリアルタイムツイートしました。

 お互いの言葉が分からない中でも、筆談したり・英語で話してみたり、スマホで翻訳してみたり・・いろいろと工夫しながら交流を試みるみなさん。たったの1泊2日でも別れがつらくて涙がこぼれる生徒が出るほど生徒の心に入っていくことが出来る農家民宿の父さん母さん。
 これからも、仙北市ではこの取り組みを継続しながら、サポートをしていこうと思います。

10/21~23の日程で、台湾南投県埔里鎮(プーリー)の國立曁南国際大學附属高級中學も修学旅行で来ることになっています。
[PR]
by semboku_gt | 2013-10-09 10:29 | 台湾関連 | Trackback

台湾・國立師範大学附属高級中学からの修学旅行受入について

 仙北市では、平成24年度から「台湾からの修学旅行誘致促進事業」を実施し、誘致および受入体制の強化を図っています。その結果、平成24年度には臺北市立士林高級商業職業學校を受け入れました。

 現在、平成25年度は2校の受入が決定(9/29~10/1:國立師範大学附属高級中学、10/20~23:國立曁南国際大学附属高級中学)していますが、このうち「國立師範大学附属高級中学」の生徒31名、引率教員2名が下記のスケジュールで仙北市を訪れます。
b0219741_12253363.jpg
(デザイン室スタッフは一足先に9/26師範大附属高中に伺いました)

○期 間   平成25年9月29日(日)~10月1日(火)
○日 程   (仙北市内のみ・予定)

1日目 9月29日(金)
16:20       秋田空港着(バス移動)
17:30~      西木温泉クリオン着(歓迎セレモニー)・宿泊

2日目 9月30日(月)
9:00~       角館高校着(バス移動)
9:30~       全体歓迎会(1・2年生)・角:飾山囃子、師:楽器演奏など
11:30~      合同昼食づくり(手巻き寿司)・昼食
13:30~      歓迎交流会(生徒会役員等)・記念品交換
14:30~      武家屋敷散策
15:30~      武道館で武道体験(柔道部・剣道部・弓道部)
17:00~      農家民宿へ移動(西木地区8軒に分宿)・宿泊
   
3日目 10月1日(火)
起床~昼食    農家民宿で農家体験(農業体験、郷土料理づくり体験、昼食など)
12:45~     西木温泉クリオン集合
13:00~     出発(秋田市観光、秋田空港経由・東京へ)
b0219741_1226216.jpg
(デザイン室スタッフは一足先に9/26師範大附属高中に伺いました)

仙北市民の皆さんは、市内で彼らと会うこともあると思います。
たくさんの笑顔と「ニイハオ」でおむかえくださいね。

※この「國立臺灣師範大學付属高級中学」は、台湾の人気バンド「MAYDAY(五月天)」の出身校だそうです。(ギター部だった4人が結成)
 ちょうど私たちが訪問した際に、担当の先生が「日本でも人気でしょう、flumpoolとのコラボ曲が日本・台湾で10月に同時公開となる映画『おしん』の主題歌になります」とおっしゃっていました。なにかいい縁につながるといいですね!

[PR]
by semboku_gt | 2013-09-29 12:32 | 台湾関連 | Trackback

台北市立士林高級商業職業学校・アンソニー先生リターンズ

 3/8~12まで、昨年の秋に台湾からの修学旅行誘致事業で仙北市に来た台湾の台北市立士林高級商業職業学校のアンソニー先生がスノボしに来てくださいました。

 そんなアンソニー先生。彼はもはや秋田ファン、もはや仙北リピーター、そして台湾にここの魅力を伝えるインフルエンサー!

 台北市内にある松山空港→羽田空港(国際/国内)→秋田空港とエアーで飛び、農家民宿前まで直行する予約制あきたエアポートライナー(片道3,000円)を使えば、台湾から秋田にスノボに来るのはとても便利で安いということを伝えることができました。
b0219741_19331375.jpg

 今回泊まったのは水沢温泉郷にありたざわ湖スキー場まで徒歩5分、温泉も併設の「ロッジ・ヨーデル」。もちろん自家栽培の米や野菜を使った美味しい料理が食べられ、毎日毎食満足の味。スノーボードクロスの大会で各地を転戦していた息子さん夫婦は、コミュニケーションに必要な英語が話せるので安心。さらにはアフターゲレンデにはゆっくりと温泉にもつかれるということで、条件はばっちり!

 このスタイルでの台湾からのスキー・スノーボードでの来日は、もっとたくさんの方々に知ってもらっていいと思いました。

 あわせて、士林高の黄校長先生から仙北市への感謝状、そして仙北市の農家民宿や角館高校との交流の様子を書いた学校新聞、そして生徒さんからのメッセージもいただきました。当市の門脇市長も、思いがけないプレゼントに笑顔でました!
b0219741_19352060.jpg

 さらに、たざわ湖スキー場に隣接している「田沢湖スポーツセンター」や農家民宿も数軒まわって視察。荒天時にも使える体育館を備えたスポセン、冬でものんびりとあたたかい交流の時間を持てる農家民宿と、来年度、冬の修学旅行の準備も兼ねてデザイン室スタッフも加わり、いろいろと打合せができました。

 
 本当に多謝多謝!
 修学旅行でも一般旅行でも、また来てください!!


 さて、東日本大震災から3年目の春にはいりました。
 風化させることなく、細くとも長く深い支え合いを農村からも続けて行きましょう。
[PR]
by semboku_gt | 2013-03-13 07:00 | 台湾関連 | Trackback

台湾からの旅行者誘致のためのブロガーモニターツアー(冬)

 平成24年度の秋田県観光振興課による台湾からのブロガーモニターツアーは、真夏の角館散策&グルメと、田沢湖のアウトドアアクティビティ、そして新玉川温泉での岩盤浴を行いました。その中で8月28日の田沢湖でのサンセットカヌークルージングの様子は以前お伝えしました。

 今回は冬バージョンと言うことで、モノトーンの角館の武家屋敷を鮮やかな着物で散策したり、雪の駒ヶ岳を眺めながらの温泉、そして農家民宿での豊かでゆるやかな時間を楽しむ内容で、仙北市内の受入のサポートを行いました。

 台湾人向けのブログですが、今回ご案内したコースは、日本人のお客様にとっても、とても魅力的な内容となっておりますので、ぜひモデルコースの1つとして、ご検討下さい。
 ※サポートについては、仙北市農山村体験デザイン室、及び仙北市ツーリスト・インフォメーションセンター(TIC)へご相談ください。

<スケジュール>
●26日 仙北市到着→一日体験メニュー案→農家民宿泊
  9:30 きもの旅「しゃなり」雛めぐりAコース(ガイド付き)
 12:15 昼食 「食堂いなほ」 (御狩場焼き&まんま・がっこ会席)
 13:00 安藤醸造元「花上庵」(東北観光パスポート活用!)
 13:30 おやつ 「花fe香fe」※臨時営業(はちみつバタートースト、ハニートースト、シナモンロール)
 15:00 「アルパこまくさ」温泉入浴
 17:00 農家民宿「星雪館」到着(夕食・宿泊)

●27日  農家民宿「星雪館」滞在(星雪館→かしわ家→松葉駅)
  9:30 おやき作り体験
 11:30 昼食 「かしわ家食堂」(白みそラーメン・バンジー麺・醤油ラーメン)
 12:37 内陸線乗車(松葉駅より米内沢へ移動)

今回のモニターは、台湾では超有名なブロガーのお二人。お二人ともブログ閲覧数が2~3万人/日とのこと。驚異的なアクセス数です。

男性は海豚男(イルカ男子)さん
 FB:海海人生!海豚男! https://www.facebook.com/thebz2
 Blog:海豚男的塗鴉本 http://www.wretch.cc/blog/thebz1
 FBユーザーで18000人弱のLike!を得ている台湾での有名ブロガーのお一人です。

女性はVenus(ビーナス)さん
 FB:跟著小V吃喝玩樂 http://www.facebook.com/venuslin0113
 Blog:Venus'blog http://blog.yam.com/venuslin0113
 FBユーザーで26000人を超えるのLike!を得ている台湾での有名ブロガーのお一人です。
 この旅の模様はこちらで報告されています→http://blog.yam.com/venuslin0113/article/60109252

 こちらは角館の「たてつ」で.きものたび「しゃなり」のプログラムを利用し雪の武家屋敷を歩いて雛めぐりを楽しむお二人です。
b0219741_17203496.jpg


 ランチは食堂稲穂で、御狩場焼きまんま、がっこ懐石をいただきました。東北観光パスポートを提示したら自家製の柿漬けを一品サービスしてくださいました。
b0219741_17205973.jpg


 ランチのあとは武家屋敷の安藤醸造元の花上庵に立ち寄り、がっこや醤油、味噌を試食・試飲。女性のビーナスさんはつぶみそをご購入。東北観光パスポート(仙北市では角館駅前蔵のTICと、田沢湖駅構内フォレイクで登録・入手可能です)の幟を発見し、さっそく提示すると、寒こうじがプレゼントされ大喜び。
 その後は、花fe香feでハニートーストやシナモンロールを食べながら、ハーブティをいただき、のんびりとした午後を過ごされました。この後は田沢湖高原の温泉、アルパこまくさへむかいます。
b0219741_17223293.jpg


アルパこまくさの後は田沢湖のたつこ像に寄り、夜は西木町の農家民宿星雪館に宿泊しました。
ゆったりと流れる時間、真っ白い雪の中でも頼もしい薪ストーブの温もり、そしてなによりおいしい料理と楽しい会話。言葉の壁を越えて、素敵な交流が生まれたようです。
初めての農家民宿体験、どうだったですか〜?
b0219741_1723354.jpg


 一夜明けたら青空!!朝食を終えたお二人は、星雪館の昭子さん富士美さん母娘に習って「笹っぱ餅」づくり。この「笹っぱ餅」ですが、角館では「お雛餅」、生保内は「鶏卵」ともよばれます。カラフルな色を使ってデコレートしたお餅は、笹の葉の上に載せて蒸し上げたものを普通はいただきますが、今回は星雪館の父さんの知恵で、薪ストーブの上で軽く炙ったら、香ばしくてとても美味しくし上がりました。
b0219741_17274830.jpg


 仲良くなったと思ったらもうお別れの時間。お別れ前には雪だるまづくり。目鼻には薪ストーブの炭、台湾の旗を持って。
 1泊2日の短い時間でしたが、ここでもまたあたたかい交流が生まれました。農家民宿の魅力は、宿泊だけではなく、農作業や料理づくりや手仕事などなど、特別用意された体験プログラムでなくても、このような農家のライフスタイルそのものを体験できること。きっと、台湾の2人にも新鮮な経験に映ったのではないかな・・と思います。
b0219741_17292224.jpg


 今日のランチは山の隠れた名店、仙北市西木町桧木内の「かしわ家」。ほろほろに煮込んだ手羽と辛いスープがおいしいバンジー麺、天然ダシが効いている醤油ラーメン、そしてお店の大黒柱白みそラーメン。
 今回はお二人とも白みそをオーダーしました。ビーナスさんは普通盛り、なんとイルカ男子さんは大盛り!巨大なすり鉢に入った白みそを、通訳の李さんと一緒に食べました。
b0219741_17294193.jpg


 かしわ家の美味な麺でおなかを満たした後は、秋田内陸線あきた美人ラインの松葉駅へ。二人は米内沢までローカル線を楽しみ、その後、鹿角に向かいます。
 接触事故で内陸線が運転見合わせというハプニングがあったものの、ちゃんと安全に復旧し、当初より20分遅れで角館駅を発車したとのこと。
 この時間で、雪遊びしながら内陸線を待ちます。松葉駅の待合室にはびっくりするくらいの雪。ホームと線路の間も深い雪です。除雪、メンテナンスなど運行には大変ご苦労しているものと改めて思います。
 雪だるまに角を生やしたところで内陸線急行「もりよし2号」が18分遅れで到着。いつかまた、仙北市におこしください。
b0219741_1730286.jpg


 グリーン・ツーリズムが大切にしている心は「おかえりなさい」。いつかまた帰ってきてね、という気持ちで接しています。
 台湾もお別れのあいさつは「再見(ザイツェン)」。お、さようならじゃなくて、また会いましょうの意。心は同じですね!

[PR]
by semboku_gt | 2013-03-05 17:38 | 台湾関連 | Trackback

‎101年日本文化體驗教育旅行學習單佳作(士林高級商業職業学校)

 今年度(平成24年度)からの新規事業として実施してきた「歓迎再来!台湾からの修学旅行誘致促進事業」による誘致活動などを通じて、その第1号として平成24年11月18日~20日の2泊3日で仙北市に修学旅行で訪れて下さった台北市立士林高級商業職業学校の生徒のみなさん。

 士林高商の修学旅行
 
 その生徒のみなさんによる学習レポートが、士林高商の公式サイトの風樓剪影(ギャラリー)にて、現在公開されています。
b0219741_1430017.jpg


 仙北市内でのホテルの温泉体験、角館高校との生徒交流、農家民宿での農家との家庭的な交流、しょうゆソフトや武家屋敷体験などを、ときおり日本語も交えながら書いてくれています。
 
 ぜひ、ご覧下さい。

 101年日本文化體驗教育旅行學習單佳作
 101年日本文化體驗教育旅行交流紀實
[PR]
by semboku_gt | 2013-01-31 14:36 | 台湾関連 | Trackback