仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:遊楽3トピアそば会議( 25 )

遊楽3トピアそば会議 そば打ち講座を開催します

 遊楽3トピアそば会議は、仙北市のそば屋・そば生産団体・愛好家で作る団体で、「そばの郷 仙北市」をPRするべく日々活動しています。今年初めて行った「新そばを味わう会」満員御礼、大盛況となっています。そんな遊楽3トピアそば会議が今年も開催します!

 毎年人気の「そば打ち講座」!

 今まではそばを知ってもらおう、触れてもらおうということでそば打ち講座行っていました。
 そして今年のテーマは「そば打ち技術の習得」です。そば打ちを趣味の域まで高めたいと考えてる方にピッタリの内容となっています。講座は全3回で、すべての講座に出れば、自宅でそば打ちが出来るようになるはずです。目標は年越しそばを自分で打つこと。みなさん、遊楽3トピアそば会議のそば打ち講座に参加してみませんか。会員の講師がやさしく手ほどきしてくれますよ。

申込〆切 11月25日(水)

講義日時
1) 11月28日(土)10:00~  (2時間程度)

2) 12月12日(土)10:00~ 

3) 12月26日(土)10:00~ 

場所:神代就業改善センター

定員:10名(定員になり次第〆切り)
  ※出来るだけ3回の講座すべてに参加出来る方を募集します。

参加料:全3回で4,000円(講義は1回打ちで行います。欠席の場合も返金しません)

持ち物:エプロン・三角巾・そばを入れる容器

申込み・問合せ先:遊楽3トピア会議(市農山村体験デザイン室内) ℡0187-43-3353

毎年人気の講習ですので、お早めに申し込み下さい。
※写真は参考です。
b0219741_14531346.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2015-11-12 14:54 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

東京・秋田美彩館で「そばタベクラーベ」を開催します!

 秋田・仙北市ではそばの収獲が終わり、いよいよ新そばを味わえる季節となっています。東京でも「そばの郷仙北市」の、採れたての新そばを味わってもらおうと、2年前から東京で開催している「そばタベクラーベ」。そして、今年も開催が決定しました!
 「そばタベクラーベ」とは、仙北市で採れた様々な種類のそばを、そば前と地酒と共に様々な食べ方で味わってもらおうというものです。おかげさまで会は毎年大盛況となっています。

※昨年の様子です。
b0219741_20162497.jpg

b0219741_201797.jpg

 日時、場所については次のとおりです。

①開催日 平成27年12月4日(金)

②時 間 1回目のタベクラーベ:13:00~(1時間半)
       2回目のタベクラーベ:15:00~(  〃  )

③場 所 秋田美彩館(東京都港区高輪4-10-8京急第7ビル高輪WEST-3 1階)

④定 員 1回につき15名(1日2回開催のため、定員は30名) ※先着順となります。

⑤参加費用 1名様3,000円(飲物含む)

⑥申込先 秋田県仙北市役所 農山村体験デザイン室
       電話:0187-43-3353
※農山村体験デザイン室に電話でお申込いただくか、秋田美彩館、秋田ふるさと館(東京都千代田区有楽町)等に設置しているチラシのFAX用紙をご利用ください。また、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

 会では貴重な赤そば(高嶺ルビー)も提供する予定となっています。仙北市でそば屋を営む遊楽3トピア会員が、目の前でそばを打ちます。東京にいながら秋田・仙北市のそばを味わえるチャンスです!どしどしお申込ください、おまちしています。

詳しくはチラシをご覧下さい。
b0219741_10511043.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2015-11-02 20:18 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

第6回新そば祭り 食べ歩きスタンプラリー開催!

 今年もやります!「そばの郷仙北市 第6回新そば祭り食べ歩きスタンプラリー」
 
 そばの郷仙北市をアピールしよう!皆さんにも取れたての仙北市産新そばを味わっていただこう!と言うことで始まった食べ歩きスタンプラリーも今年で6回目を迎えます。
 概要は以下の通りです。

《主催》:遊楽3トピアそば会議(会長:菅原照夫)

《開催期間》:平成27年10月1日~平成27年12月30日

《実施店舗》
そば五郎
手打ちそばさくらぎ
手打ちそば野の花庵
そば処すが家
農家のそば屋一助
奥羽山荘

《スタンプラリーについて》
・ラリーシートは実施店舗に設置してあります。新そばを食べたらスタンプを押してもらいます。
・6店舗すべて完走した方には抽選で5名の方に仙北市特産品を差し上げます。
・4店舗以上回った方(特産品当選者を除く)には、抽選で15名の方に加盟店の御食事券を差し上げます。
・応募の仕方は、スタンプの押されたラリーシートを実施店舗に渡していただくと、応募用紙がもらえますので、その場で記入し、実施店舗に提出してください。
・応募者の中から厳正なる抽選の上当選者を決定し、当選の発表は賞品の発送をもってかさせていただきます。
b0219741_13301658.jpg

・赤そばの写真です。
b0219741_1333580.jpg

「そば処すが家」「手打ちそば野の花庵」「手打ちそばさくらぎ」の3店舗では赤そば(高嶺ルビー)の提供もあります。提供時期については各店舗にご確認ください。

食べ歩きスタンプラリーの問い合わせ先:農山村体験デザイン室(℡0187-43-3353)
b0219741_152063.jpg

b0219741_15211969.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2015-09-28 13:36 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

そばの郷仙北市 新そばを味わう会が開催されました(9/24)

 仙北市産のそば粉を使って、地そばの振興と、そばの郷仙北市のための活動をしている「遊楽3トピアそば会議」(会長:菅原照夫 そば処すが家)が、今年初めて新そばを味わう会を開催しました。
 これは、今年で6回目になる新そば祭り食べ歩きスタンプラリーに先立って、一般の方々に、採れたての新そばを味わってもらおうということで行われたものです。また、会員の生産組合が、この日に合わせて早めにそばを作付けしてくれました。

 角館交流センターで行われた会は、52名の方がご参加していただきました。会場は大入り満員です。
b0219741_11405456.jpg


 この日は、遊楽3トピアそば会議会員の「そば処すが家」「手打ちそば野の花庵」「手打ちそばさくらぎ」の店主が打った、仙北市産の採れたてのそば粉でそばを打ちました。また、自慢のそば前料理も振る舞われました。
b0219741_11473214.jpg


①「田沢湖 もりそば」
b0219741_1213767.jpg

②「階上早生(はしかみわせ) もりそば」
b0219741_1254121.jpg

③「田沢湖 粗挽き」
b0219741_1295235.jpg

④「階上早生 冷やがけ」
b0219741_1233542.jpg


 参加された方々はそば粉の種類や食べ方の違いを楽しみながら、新そばを味わっていました。これに地酒も加わって、会は大盛況でした。

 「仙北市のそばが1番うまい!」と、門脇市長。
b0219741_12462442.jpg


 最後はスタッフを紹介しました。
b0219741_12484495.jpg


 今回初めての試みでこの会を開催しましたが、皆さんに喜んでいただき、会長を始め会員一同も大変ありがたく感じています。また、そばの郷仙北市を今後一層PRしていくためにがんばっていくつもりです。皆さんも仙北市のそばを一度ご賞味ください。きっと虜になるはずですよ。
[PR]
by semboku_gt | 2015-09-28 11:56 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

「新そばを味わう会」を開催します

 遊楽3トピアそば会議(※昨年までは「遊々楽々3トピア会議」の名称で活動)は、仙北市内のそば屋、そば生産者、農家レストラン、そば愛好家で組織している団体です。そばの郷仙北市をアピールするべく活動をしています。
 
 その遊楽3トピアそば会議が「新そばを味わう会」を開催します。この会は、10/1~12/30に実施予定の「第6回新そば祭りスタンプラリー」に先立って、皆さんに新そばを食べていただこうと発案したものです。
 遊楽3トピアそば会議の会員である生産者が、この会に合わせて作付けした新そばです。田沢湖・角館・西木、それぞれの地区で採れたそばを振る舞う予定となっています。
 そば屋自慢のそば前料理と地酒を楽しみながら、採れたての新そばを味わいってみませんか。参加者を募集します。
 参加の申込は9/1(火)~9/10(木)の間とし、会員のそば屋に設置している申込用紙に記入の上申込をするか、仙北市農山村体験デザイン室に直接お電話でお申込ください。

 開催日時:平成27年9月24日(木)
        18:00~20:00(受付:17:30~)

 場   所:角館交流センター(仙北市角館町中菅沢77番地30)

 主   催:遊楽3トピアそば会議

 募 集 者:50名(先着)

 会   費:1,800円(飲物代は別)

 提   供:そば提供は次のとおり
 ①そば五郎…仙北市田沢湖生保内字水尻59-40
 ②農家のそば屋一助…仙北市西木町西明寺字梨子木台84-1週水曜日(要確認)
 ③手打ちそばさくらぎ…仙北市角館河原町20-6
 ④ 手打ちそば野の花庵…仙北市角館町上野139-4
 ⑤ すが家…仙北市角館町薗田錢神58
 ⑥ 奥羽山荘…大仙市太田町太田字惣行大谷地10-5

 お問い合わせ・申込先:仙北市農山村体験デザイン室(℡0187-43-3353 FAX0187-47-2116)

 角館の中川地域にはそば畑が広がっています。そばの花で白いじゅうたんを広げたようですよね。
b0219741_14181043.jpg

よく見ると、白い花が落ちて、そばの実が付いてきていました。
b0219741_14183814.jpg

カエルを発見。
b0219741_14192259.jpg

今年の新そばも美味しいでしょうね。とても楽しみですね。
[PR]
by semboku_gt | 2015-08-27 14:22 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

第3回 そばの郷仙北市・そばタベクラーベの会 開催決定!

仙北市内のそば生産者、地粉利用のそば屋、観光団体等で組織する遊々楽々3トピア会議が今年も
仙北市産そば粉を使った5品種のそば食べ比べ「タベクラーベ」を実施します。
b0219741_9531535.jpg
b0219741_9535890.jpg

今年で3回目を迎えるこの催し。
そば好きな方はもちろんですが、手打ちそばを食べ慣れていない方もぜひこの機会に味わってみて下さい。
当日は そば生産者も会場にて皆さんをお迎えします。


日程 2015年3月14日(土) 18:00~19:30
場所 仙北市角館交流センター(JR角館駅徒歩5分)
料金 2200円(お一人様)
内容 仙北市産5品種の手打ちそば(盛り)食べくらべ
   そば前(地酒1合)
   そば前料理
主催 仙北市遊々楽々3トピア会議
定員 50人(要事前申込み)
  
申込 3月10日まで農山村体験デザイン室まで電話かFAXにて申し込み下さい。
   ※定員になり次第募集を締め切らせて頂く場合があります
[PR]
by semboku_gt | 2015-02-24 12:08 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

【終了・満員御礼】「そばの郷仙北市・仙北市産そば食べくらべの会:タベクラーベ」参加者募集!

満員御礼:予定の定員をオーバーし、43名の参加で実施となりました。
b0219741_15274656.jpg
やり終えた感満載のスタッフ一同。ありがとうございました。


昨年3月23日に実施した豪華タベクラーベが、帰ってきます。
b0219741_15584925.png

参加を希望する方は リンク先の申込用紙 でFAX(0187-47-2116)または電話(0187-43-3353)へお申し込みください。

日程 2014年3月22日(土) 18:00~19:30
場所 仙北市西木町かたくり館(内陸線八津駅徒歩2分)
料金 2200円(お一人様)
内容 仙北市産5品種の手打ちそば(盛り)食べくらべ
 (富士一号・高嶺ルビー・階上早生・会津在来・常陸秋そば)
   そば前(地酒1合)
   そば前料理
主催 仙北市遊々楽々3トピア会議
定員 30人予定・・先着順
 仙北市内のそば生産者、地粉利用のそば屋、観光団体等で組織しています。会員のそば屋を中心に会メンバーで地粉のおいしさを伝えます。

内陸線利用情報 3/15ダイヤ改正がありますのでご注意ください!
 東京方面から こまち23号→17:28角館
 秋田方面から こまち30号→17:18角館 
 角館から    角館17:37→内陸線→17:51八津

 八津から    八津20:02(臨時停車)→内陸線→角館20:13
 東京方面へ  こまち96号20:59→仙台行
 秋田方面へ  こまち29号20:21→秋田行

※付近の農家民宿等に宿泊をご希望の方はご相談ください。

昨年の様子
b0219741_11254514.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2014-03-23 15:29 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

【終了】そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」リターンズ!(旬感ツアー版)

リターンズは1/18(土)~19(日)に開催決定!

 「仙北市遊々楽々3トピア会議」による、仙北市のそば事情のもっている特徴=生産者のゆるやかなネットワークによる少量多品種栽培を強みにしよう・・・ということで取り組んだのが、3月23日に実施した「そばの郷仙北市・地そばタベクラーベ」イベントでした。
 食前の美味しい地酒(そば前)と、そば前料理。そして仙北市内で栽培されている6種類のそばを、品種ごとに食べくらべようというこのイベントは、盛況の内に終了しました。

 この「タベクラーベ」は、品種こそ6種類の実施ではありませんが、秋田デスティネーションキャンペーン期間中に、さまざまな形で企画されます。少しでも多くの方に、知る人ぞ知るそばの郷・仙北市の美味しいそばを味わっていただきたいと、第4弾は仙北市農山村体験推進協議会(事務局:農山村体験デザイン室)が企画、遊々楽々3トピア会議と仙北市TICが協力し、「美の国秋田・旬を感じるツアー」として実施します。
b0219741_14293488.jpg
 今回の内容は、遊々楽々3トピア会議会員の「手打ちそばさくらぎ」にて3種タベクラーベを堪能、そして実際に自分自身でそば打ち体験にも挑戦するほか、仙北市TICの商品を活用して市内の農家民宿に宿泊します。また二次アクセスにも公共交通機関(路線バスなど)を組合せたのがポイント。そして仙北市食農観実践プラン推進委員会発行の特典付きガイドブック「ぶら~color」の利用により、魅力的な市内散策や温泉入浴なども出来る、初冬の仙北市を存分にパッケージした美味しく楽しくあたたかい企画です。

【行程】
角館駅前蔵に現地集合・現地解散です。(凡例:=路線バス等、…徒歩、-農家民宿による送迎)

1/18(土) 9:45角館駅前蔵 集合
 角館駅=中仙局前バス停…秀よし蔵見学(鈴木酒造店)…中仙局前バス停=角館駅…タベクラーベ(手打ちそばさくらぎ)…武家屋敷散策…桜並木駐車場=温泉入浴(たざわこ芸術村ゆぽぽ)=角館駅-各農家民宿(夕食・宿泊) 

1/19(日) 14:30角館駅前蔵 解散(予定)
 (朝食)農家民宿-角館駅=神代出張所前バス停…そば打ち体験・昼食(就業改善センター)…神代出張所バス停=角館駅(解散)


【注意点】
 ・定員は10人です。グループ等でお申込の場合も先着順に定員を過ぎた時点で受付を終了します。
 ・現地での移動は各自で路線バス、シャトルバスなどを利用します。
 ・農家民宿へは各宿による送迎を利用します。
 ・宿泊先農家民宿の割振については、参加者様とのご相談の上、主催者が行います。
 ・食事は昼夜朝昼の4回、うち2日目の昼食はそば打ち体験で出来たものとなります。
 ・1日目タベクラーベには地酒(1合)がつきます。飲めない方はソフトドリンク等になります。
 ・手打ちそば3種の他、そば前(地酒)1合、そば前の付け合わせのそば前料理がつきます。
 ・そば打ち体験ではそば粉が付着する事がありますのでエプロン等をご持参下さい。
 ・そばがメインの企画であるため、そばアレルギーの方はご遠慮願います。
 ・散策に適した服装、雨具、防寒のご用意をお願いします。
 ・モニターツアーですので、写真撮影・アンケートへのご協力をお願いいたします。

【料金】
 参加費 6,000円(宿泊・食事・体験代金、ぶらcolor代金、保険料を含みます)
    ※路線バス乗車賃はこれと別途に1,440円(大人)かかります。
    ※また現地集合解散場所(角館駅前蔵)までの交通費は参加者各自でご負担ください。

【申込について】
 下記必要事項を記載の上、仙北市農山村体験推進協議会事務局(仙北市農山村体験デザイン室)にFAX(0187-47-2116)またはメール(sembokugtアットマークcity.semboku.akita.jp)で送信、ないしは電話(0187-43-3353)にてお申し込み下さい。
「そばの郷仙北市・タベクラーベ」申込必要事項(⑥・⑦はある方のみ)
 ①名前(ふりがな) ②性別 ③年齢 ④住所 ⑤電話 ⑥FAX ⑦e-mail
〆切 2014年1月14日(火)まで


【フライヤー(チラシ)】
 こちらからPDFでダウンロードできます。申込書も2ページ目にあります。

b0219741_2010354.jpg


 秋田に来て、仙北に来て、なぜ「そば」なのか?
 それはズバリ、ここ仙北市に来てしか、仙北市産の多様なそばを食べ比べることができないから!です。

 「ここへ来て、ここで食べる」。
 ここはひとつ、そんな秋田の楽しみ方を、このデスティネーションキャンペーンを機にしてみてください。

「タベクラーベ」シリーズ
※第一弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(TIC・TABIYORI版)
※第二弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(大人の休日倶楽部・ミドル版)
※第三弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(JRびゅう・秋田DC版)
[PR]
by semboku_gt | 2014-01-20 09:15 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

あきた美彩館で「仙北市スイーツ&そばタベクラーベ」を実施しました

 平成25年12月6日(金)・7日(土)、首都圏での秋田県の発信拠点となっている「あきた美彩館」を会場に、食材や商品の認知度アップと販路拡大を目指し、仙北市産の食材を活用した加工品や仙北市産そばのプロモーションイベントを、仙北市食農観ビジネス推進委員会と仙北市遊々楽々3トピア会議の主催、仙北市が共催して実施しました。
企画内容・募集についてはこちら
b0219741_17165664.jpg


 内容は大きく二部構成とし、「味覚市・スイーツフェスティバル」は、西明寺栗、花豆、柿を使ったナチュラルスイーツ盛りのレストランでの提供と、これらを素材とする菓子などの物産直売を行い、2日間にわたり仙北市や秋田県出身の方をはじめ、地元品川・高輪エリアの方々など多くの方で賑わいました。
 西明寺栗の大きさに驚き、その大きさを活かしたお菓子の数々に感心する方、干し柿は懐かしい感じがすると眼を細める方、国産のしかも秋田産の花豆の珍しさに飛びつく方など、仙北市産のナチュラルスイーツの秘められたポテンシャルに改めて気付かされた2日間でした。

 また6日に2回制で実施した「そばの郷仙北市・そばタベクラーベの会」では、赤そば(高嶺ルビー)を含む仙北市産そば3種類を、そば前(地酒)と仙北産食材を使った先付と共に味わうものとしました。
 ゲストには「蕎麦こい日記」著者の高遠彩子さんを迎え、当日キャンセルが出たものの、募集30人に対し29名の参加があり、とてもクオリティの高い味と企画内容であると評価をいただきました。
(なんと今回のお客様の中には、あの有名な作曲家/シンセサイザー奏者もいらっしゃいました)
ゲスト高遠彩子さんのオフィシャルブログにもとびっきりのレポート!

 仙北市産食材に特化した料理提供を含むこのようなプロモーションは、今まで首都圏での実施例はほとんど無く、また秋田DC期間中と言うこともあって「次は仙北市に足を運んで食べて欲しい」という気持ちを前面に出して取組んだ今回のイベントは、次年度以降についても「仙北市を知ってもらい、来てもらい、食べてもらい、周遊してもらう」という食と農業と観光の連携の有効な手段として、今後も支援していきたいと考えています。

画像アルバムはこちら【デザイン室FB】。
[PR]
by semboku_gt | 2013-12-18 17:59 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(TIC・TABIYORI版)

 「仙北市遊々楽々3トピア会議」による、仙北市のそば事情のもっている特徴=生産者のゆるやかなネットワークによる少量多品種栽培を強みにしよう・・・ということで取り組んだのが、3月23日に実施した「そばの郷仙北市・地そばタベクラーベ」イベントでした。
 食前の美味しい地酒(そば前)と、そば前料理。そして仙北市内で栽培されている6種類のそばを、品種ごとに食べくらべようというこのイベントは、盛況の内に終了しました。
b0219741_2010354.jpg


この「タベクラーベ」は、品種こそ6種類の実施ではありませんが、この秋の秋田デスティネーションキャンペーン期間中に、さまざまな形で商品化されます。少しでも多くの方に、知る人ぞ知るそばの郷、仙北市の美味しいそばを味わっていただきたいと、遊々楽々3トピア会議のみなさんとデザイン室とで検討と調整を重ねてきました。

その第1弾は、農山村体験デザイン室と仙北市TICのコラボ商品として、仙北市TICの「TABIYORI」ブランドによる旅行商品です。

まずは営業日であれば毎日提供しているお手軽な食べくらべメニュー(要予約)から。

C-339 2種タベクラーベチョイスメニュー

手打ちそば「野の花庵」 10/1~12/16(~11/30は火・第4月、12/1~は毎週月・火をそれぞれ除く)実施。
  品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号

そば処「すが家」 10月~3月(木・農繁期・12/31・1/1除く)実施。
  品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号

そばきり「長助」 10月~3月(火・農繁期・12/5・6・31除く)実施。
  品種:高嶺ルビー(赤そば)、会津在来

・手打ちそば2種の他、そば前(地酒)1合がつきます。
・原則として前日までにTICへの事前オーダーが必要です。


そして、こちらは酒蔵見学なども付いた移動手段付きのツアー形式です。

T-140 地の香りを味わう~仙北市産そば3種タベクラーベの会と酒蔵見学

10/1(火) 手打ちそば「野の花庵」 品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号、未定 (予定)

10/17(木) そば処「すが家」 品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号、未定 (予定)

12/3(火) そばきり「長助」 品種:高嶺ルビー(赤そば)、会津在来、常陸秋そば (予定)

・手打ちそば3種の他、そば前(地酒)1合、そば前の付け合わせのそば前料理がつきます。
・各回とも10:15仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」集合、ジャンボタクシーによる移動手段付きの日帰りツアーです(最小催行5名、定員9名)
・鈴木酒造店(秀よし蔵)見学、タベクラーベ(昼食)、武家屋敷で解散となりますが、その後に散策や入浴にも使えるプレミアムブック「ぶら~color」付なので、角館散策も楽しめます。


価格、予約方法、詳細については、仙北市TICへお問い合せください。(0187-42-8377)
b0219741_9375881.jpg

 秋田に来て、仙北に来て、なぜ「そば」なのか?
 それはズバリ、ここ仙北市に来てしか、仙北市産の多様なそばを食べ比べることができないから!です。

 「ここへ来て、ここで食べる」。
 ここはひとつ、そんな秋田の楽しみ方を、このデスティネーションキャンペーンを機にしてみてください。

「タベクラーベ」シリーズは、この後、ほかにもまだまだ出てきます。
順次公開していきますので、ぜひお楽しみに!

※第一弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(TIC・TABIYORI版)
※第二弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(大人の休日倶楽部・ミドル版)
※第三弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(JRびゅう・秋田DC版)
[PR]
by semboku_gt | 2013-10-24 09:17 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback