仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:遊楽3トピアそば会議( 27 )

あきた美彩館で「仙北市スイーツ&そばタベクラーベ」を実施しました

 平成25年12月6日(金)・7日(土)、首都圏での秋田県の発信拠点となっている「あきた美彩館」を会場に、食材や商品の認知度アップと販路拡大を目指し、仙北市産の食材を活用した加工品や仙北市産そばのプロモーションイベントを、仙北市食農観ビジネス推進委員会と仙北市遊々楽々3トピア会議の主催、仙北市が共催して実施しました。
企画内容・募集についてはこちら
b0219741_17165664.jpg


 内容は大きく二部構成とし、「味覚市・スイーツフェスティバル」は、西明寺栗、花豆、柿を使ったナチュラルスイーツ盛りのレストランでの提供と、これらを素材とする菓子などの物産直売を行い、2日間にわたり仙北市や秋田県出身の方をはじめ、地元品川・高輪エリアの方々など多くの方で賑わいました。
 西明寺栗の大きさに驚き、その大きさを活かしたお菓子の数々に感心する方、干し柿は懐かしい感じがすると眼を細める方、国産のしかも秋田産の花豆の珍しさに飛びつく方など、仙北市産のナチュラルスイーツの秘められたポテンシャルに改めて気付かされた2日間でした。

 また6日に2回制で実施した「そばの郷仙北市・そばタベクラーベの会」では、赤そば(高嶺ルビー)を含む仙北市産そば3種類を、そば前(地酒)と仙北産食材を使った先付と共に味わうものとしました。
 ゲストには「蕎麦こい日記」著者の高遠彩子さんを迎え、当日キャンセルが出たものの、募集30人に対し29名の参加があり、とてもクオリティの高い味と企画内容であると評価をいただきました。
(なんと今回のお客様の中には、あの有名な作曲家/シンセサイザー奏者もいらっしゃいました)
ゲスト高遠彩子さんのオフィシャルブログにもとびっきりのレポート!

 仙北市産食材に特化した料理提供を含むこのようなプロモーションは、今まで首都圏での実施例はほとんど無く、また秋田DC期間中と言うこともあって「次は仙北市に足を運んで食べて欲しい」という気持ちを前面に出して取組んだ今回のイベントは、次年度以降についても「仙北市を知ってもらい、来てもらい、食べてもらい、周遊してもらう」という食と農業と観光の連携の有効な手段として、今後も支援していきたいと考えています。

画像アルバムはこちら【デザイン室FB】。
[PR]
by semboku_gt | 2013-12-18 17:59 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(TIC・TABIYORI版)

 「仙北市遊々楽々3トピア会議」による、仙北市のそば事情のもっている特徴=生産者のゆるやかなネットワークによる少量多品種栽培を強みにしよう・・・ということで取り組んだのが、3月23日に実施した「そばの郷仙北市・地そばタベクラーベ」イベントでした。
 食前の美味しい地酒(そば前)と、そば前料理。そして仙北市内で栽培されている6種類のそばを、品種ごとに食べくらべようというこのイベントは、盛況の内に終了しました。
b0219741_2010354.jpg


この「タベクラーベ」は、品種こそ6種類の実施ではありませんが、この秋の秋田デスティネーションキャンペーン期間中に、さまざまな形で商品化されます。少しでも多くの方に、知る人ぞ知るそばの郷、仙北市の美味しいそばを味わっていただきたいと、遊々楽々3トピア会議のみなさんとデザイン室とで検討と調整を重ねてきました。

その第1弾は、農山村体験デザイン室と仙北市TICのコラボ商品として、仙北市TICの「TABIYORI」ブランドによる旅行商品です。

まずは営業日であれば毎日提供しているお手軽な食べくらべメニュー(要予約)から。

C-339 2種タベクラーベチョイスメニュー

手打ちそば「野の花庵」 10/1~12/16(~11/30は火・第4月、12/1~は毎週月・火をそれぞれ除く)実施。
  品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号

そば処「すが家」 10月~3月(木・農繁期・12/31・1/1除く)実施。
  品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号

そばきり「長助」 10月~3月(火・農繁期・12/5・6・31除く)実施。
  品種:高嶺ルビー(赤そば)、会津在来

・手打ちそば2種の他、そば前(地酒)1合がつきます。
・原則として前日までにTICへの事前オーダーが必要です。


そして、こちらは酒蔵見学なども付いた移動手段付きのツアー形式です。

T-140 地の香りを味わう~仙北市産そば3種タベクラーベの会と酒蔵見学

10/1(火) 手打ちそば「野の花庵」 品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号、未定 (予定)

10/17(木) そば処「すが家」 品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号、未定 (予定)

12/3(火) そばきり「長助」 品種:高嶺ルビー(赤そば)、会津在来、常陸秋そば (予定)

・手打ちそば3種の他、そば前(地酒)1合、そば前の付け合わせのそば前料理がつきます。
・各回とも10:15仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」集合、ジャンボタクシーによる移動手段付きの日帰りツアーです(最小催行5名、定員9名)
・鈴木酒造店(秀よし蔵)見学、タベクラーベ(昼食)、武家屋敷で解散となりますが、その後に散策や入浴にも使えるプレミアムブック「ぶら~color」付なので、角館散策も楽しめます。


価格、予約方法、詳細については、仙北市TICへお問い合せください。(0187-42-8377)
b0219741_9375881.jpg

 秋田に来て、仙北に来て、なぜ「そば」なのか?
 それはズバリ、ここ仙北市に来てしか、仙北市産の多様なそばを食べ比べることができないから!です。

 「ここへ来て、ここで食べる」。
 ここはひとつ、そんな秋田の楽しみ方を、このデスティネーションキャンペーンを機にしてみてください。

「タベクラーベ」シリーズは、この後、ほかにもまだまだ出てきます。
順次公開していきますので、ぜひお楽しみに!

※第一弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(TIC・TABIYORI版)
※第二弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(大人の休日倶楽部・ミドル版)
※第三弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(JRびゅう・秋田DC版)
[PR]
by semboku_gt | 2013-10-24 09:17 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」

 「仙北市遊々楽々3トピア会議」による、仙北市のそば事情=生産者のゆるやかなネットワークによる少量多品種栽培を強みにしよう・・・という取り組み「そばの郷仙北市・地そばタベクラーベ」イベント。
 美味しい地酒(そば前)と、そば前料理。そして仙北市内で栽培されているそばを、品種ごとに食べくらべようというものです。
b0219741_10143981.jpg
 この「タベクラーベ」、本日10/1から始まる秋田デスティネーションキャンペーン期間中に、さまざまなスタイルで実施します。

※第一弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(TIC・TABIYORI版)

※第二弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(大人の休日倶楽部・ミドル版)

※第三弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(JRびゅう・秋田DC版)
b0219741_6105212.jpg

 そばの郷仙北市食べ歩きスタンンプラリー「第4回新そば祭り」とあわせて、今日から3ヶ月間は仙北市のそばがウマい!!
 ぜひ、香しい新そばをいろいろと食べくらべて、あなたのお気に入りを見つけてください!
[PR]
by semboku_gt | 2013-10-01 06:11 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(JRびゅう・秋田DC版)

 「仙北市遊々楽々3トピア会議」による、仙北市のそば事情=生産者のゆるやかなネットワークによる少量多品種栽培を強みにしよう・・・という取り組み「そばの郷仙北市・地そばタベクラーベ」イベント。
 美味しい地酒(そば前)と、そば前料理。そして仙北市内で栽培されているそばを、品種ごとに食べくらべようというものです。
b0219741_10143981.jpg
 この「タベクラーベ」、10月から始まる秋田デスティネーションキャンペーン期間中に、さまざまなスタイルで実施します。

 第3弾は、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の「びゅう」ブランドによる旅行商品2点です。

【1】「そばきり長助地そば2種タベクラーベ
(びゅう「秋田」・秋田デスティネーションキャンペーン 2013年10月1日~12月31日号 P38オプショナルプランに掲載)

b0219741_99222.jpg
<内容>

 ・そばきり長助(仙北市角館町小人町・・武家屋敷エリア)
 ・設定日2013年10月1日~12月28日(除外日:火曜日、12/5・6)
 ・稀少な高嶺ルビー種(赤そば)を含む、自家栽培・自家製粉の仙北市産手打ちそば。
 ・手打ちそば2種(高嶺ルビー・会津在来)の他、そば前(地酒)1合、付け合わせ。




【2】角館Eコース「そばきり長助地そば2種タベクラーベ
(びゅう「秋田新幹線で行く秋田」・秋田デスティネーションキャンペーン 日帰りの旅 2013年10月1日~12月31日号 P3角館Eコースとして掲載)

b0219741_9381177.jpg
<内容>
 ・【1】に往復のJR運賃・特急券がついたセットです。
 ・そばきり長助(仙北市角館町小人町・・武家屋敷エリア)
 ・設定日2013年10月1日~12月28日(除外日:火曜日、12/5・6)
 ・稀少な高嶺ルビー種(赤そば)を含む、自家栽培・自家製粉の仙北市産手打ちそば。
 ・手打ちそば2種(高嶺ルビー・会津在来)の他、そば前(地酒)1合、付け合わせ。




価格、予約方法、詳細については、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の「びゅう」サイトでご確認ください。

 秋田に来て、仙北に来て、なぜ「そば」なのか?
 それはズバリ、ここ仙北市に来てしか、仙北市産の多様なそばを食べ比べることができないから!です。

 「ここへ来て、ここで食べる」
 ここはひとつ、そんな秋田の楽しみ方を、このデスティネーションキャンペーンをきっかけにしてみてください。


「タベクラーベ」シリーズは、この後、ほかにもまだまだ出てきます。
順次公開していきますので、ぜひお楽しみに!

※第一弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(TIC・TABIYORI版)
※第二弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(大人の休日倶楽部・ミドル版)
※第三弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(JRびゅう・秋田DC版)
[PR]
by semboku_gt | 2013-09-18 12:38 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(大人の休日倶楽部・ミドル版)

 「仙北市遊々楽々3トピア会議」による、仙北市のそば事情=生産者のゆるやかなネットワークによる少量多品種栽培を強みにしよう・・・という取り組み「そばの郷仙北市・地そばタベクラーベ」イベント。
 美味しい地酒(そば前)と、そば前料理。そして仙北市内で栽培されているそばを、品種ごとに食べくらべようというものです。
b0219741_15244715.jpg


 この「タベクラーベ」、10月から始まる秋田デスティネーションキャンペーン期間中に、さまざまなスタイルで実施します。

 第2弾は、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の「大人の休日倶楽部」ブランドによる旅行商品です。往復の秋田新幹線や宿もセットになっています。
 (ただし、対象は大人の休日倶楽部(ミドル/ジパング)会員様、及びJR東日本ジパング倶楽部会員様とご同行者様限定となります)

「秋田新幹線E6系スーパーこまち利用 地元の食自慢・そばをタベクラーベ
美の国・秋田 話題の秋田県立美術館と晩秋のみちのくの小京都角館

(大人の休日倶楽部・ミドル 2013年9月号掲載)

<出発日>
11/25(月) そばきり「長助」 品種:高嶺ルビー(赤そば)、会津在来、常陸秋そば (予定)
11/27(水) そば処「すが家」 品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号、未定 (予定)
12/9(月) 手打ちそば「野の花庵」 品種:高嶺ルビー(赤そば)、富士一号、未定 (予定)
 ・手打ちそば3種の他、そば前(地酒)1合、そば前の付け合わせのそば前料理がつきます。
 ・タベクラーベは出発日の翌日(2日目)のランチとなります。

 そばタベクラーベの他、藤田嗣治作の大壁画『秋田の行事』の搬入設置を終え、9月28日にグランドオープンする話題の秋田県立美術館や、赤れんが郷土館など秋田市内でのアート散策と、銘酒秀よし(鈴木酒造)の酒蔵や、安藤醸造元本店の蔵座敷、「ぶら~color」を片手にお得な仙北市・角館散策など、目と舌が満足できるセットになっています(たざわこ芸術村温泉ゆぽぽ宿泊)。

価格、予約方法、詳細については、JR東日本グループ(株)びゅうトラベルサービス「大人の休日倶楽部 旅行サイト 日本の旅、鉄道の旅」をご覧ください。

 秋田に来て、仙北に来て、なぜ「そば」なのか?
 それはズバリ、ここ仙北市に来てしか、仙北市産の多様なそばを食べ比べることができないから!です。

 「ここへ来て、ここで食べる」
 ここはひとつ、そんな秋田の楽しみ方を、このデスティネーションキャンペーンをきっかけにしてみてください。


「タベクラーベ」シリーズは、この後、ほかにもまだまだ出てきます。
順次公開していきますので、ぜひお楽しみに!

※第一弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(TIC・TABIYORI版)
※第二弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(大人の休日倶楽部・ミドル版)
※第三弾 そばの郷仙北市・そば食べくらべの会「タベクラーベ」(JRびゅう・秋田DC版)
[PR]
by semboku_gt | 2013-08-28 15:30 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

「そばの郷仙北市・そば食べくらべの会(タベクラーベ)」ゲストの高遠彩子さんのブログ

 「そばの郷仙北市・そば食べくらべの会(タベクラーベ)」(主催:仙北市遊々楽々3トピア会議、協賛:合名会社鈴木酒造店、後援:仙北市)が、3/23(土)仙北市角館町の農家レストラン「そばきり長助」で開催されました。
 仙北市のそば生産者・団体・農家レストラン等で組織する仙北市遊々楽々3トピア会議の会員農家が生産する仙北市産の6種類のそばを、会員そば屋が品種毎に手打ちし、地酒と手作りのお通し(そば前)と共にその香りや味の違いを味わってもらおうと企画実施したイベントです。
b0219741_0332849.jpg

 このイベントで招いたスペシャルゲスト、「蕎麦こい日記」の著者でミュージシャンである高遠彩子さん(ちょうど3/24発売のそば専門誌「蕎麦春秋」でも紹介されていました)が、ご自身のオフィシャルブログで今回の「そばの郷仙北市・そば食べくらべの会(タベクラーベ)」をさっそくレポートしてくださいました。

 無類のそば好き「そばガール」目線で感じた、仙北市のそば、そこに関わる方々の魅力を、ぜひこのブログを通じて感じていただければと思います。

AYAKO TAKATO OFFICIAL BROG
 2013年03月27日 秋田・仙北市「そば食べくらべの会・タベクラーベ」

b0219741_034561.jpg


関連記事
 ●2013.03.23そばの郷仙北市・そば食べくらべの会"タベクラーベ"・・デザイン室FBアルバム
 ●〈仙北市〉そばの郷仙北市・そば食べくらべの会(タベクラーベ)・・秋田花まるっGT推進協議会ブログ
 ●そばの郷仙北市・そば食べくらべの会(タベクラーベ)2013.3.23・・秋田花まるっGT推進協議会FBアルバム

6品種のそば!

1富士一号
b0219741_2020659.jpg

2キタワセ
b0219741_20203796.jpg

3常陸秋そば
b0219741_20205341.jpg

4会津在来
b0219741_2021202.jpg

5階上早生
b0219741_20213525.jpg

6高嶺ルビー
b0219741_20214526.jpg


おまけ:2013.03.23"裏"タベクラーベ・・デザイン室FBアルバム
[PR]
by semboku_gt | 2013-03-28 07:00 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback

【終了しました】「そばの郷仙北市・そば食べくらべの会(タベクラーベ)」開催します

 2004年に旧田沢湖町・旧角館町・旧西木村のそば生産者・団体、農家レストラン等で結成した仙北市遊々楽々3トピア会議美味しいそばの提供や、そば打ち体験の受入、新そばスタンプラリー赤そばイベント、最近では首都圏などにも出かけて交流活動を行っており、2011年にはその活動が評価され、ふるさと秋田農林水産大賞・農林水産大臣賞を受賞しました。
 地域ごとの個性を活かしながらゆるやかなつながりを大切にしてきたこの団体の強み(=少量多品種でそばを提供できる環境)を活かし、仙北市産の6種類のそばを地酒と共に品種毎に味わってもらうことで、仙北市産の豊かな風土と食文化、食材の認知度向上と需要拡大を図ろうというイベントを開催します。
 玄そばの丸抜きを品種毎に鑑賞したり、各そば屋自慢の肴とともに地酒をちびりとやりながら、2012年産の仙北市産のそば(富士1号、キタワセ、階上早生、高嶺ルビー、会津在来、常陸秋そば)6種類を食べくらべながら、感想と「そばの郷仙北市」の将来の夢を語り合います。

b0219741_9123149.jpg

募集締め切りました:このイベントに参加し、仙北市産のそば6品種を味わいたいという方を募集します。ただし、今回は初めての試みで枠が少ないため、多数の場合は3トピア会議で選ばせていただきます。その際には、特に情報発信力の強い方(仕事・ライフワークなどでつながりを活かせる方や、ブログやフェイスブックなどで感想を情報発信してくださる方)を優先的に選択する予定としております。

日 時  平成25年3月23日(土)17:00~19:30(16:30受付開始)

場 所  そばきり長助(仙北市角館町小人町28-5)

主 催  仙北市遊々楽々3トピア会議
協 賛  合名会社 鈴木酒造店
後 援  仙北市

提供者  遊々楽々3トピア会議のメンバーのそば屋
      (農家のそば屋:一助長助すが家野の花庵そばせん
      (仙北市産地粉利用そば屋:さくらぎそば五郎奥羽山荘はなやの森
b0219741_12524410.jpg
募集者  15名

特別ゲスト 高遠 彩子 氏(「蕎麦こい日記」著者)

会 費  1,000円(当日会場にて頂戴いたします)

この企画は、昨秋にメンバーが東京へ行ったこの時の縁から実施が決まりました。

お問い合せ:
 仙北市農林部総合産業研究所農山村体験デザイン室
 TEL:0187-43-3353

申込み:〆切は3/18(月) 
 FAX返信票をダウンロード
して、必要事項を記入してください。なお、当日の様子を情報発信してくださる方法もご記入下さい(応募多数の場合の選抜の参考にします)。
 FAX:0187-47-2116


[PR]
by semboku_gt | 2013-03-19 11:53 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback