仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:農家レストラン・カフェ( 20 )

桜祭りにお越しの際は、ぜひ赤そばを。 sanpo

 いよいよ角館はシダレザクラとソメイヨシノが開花しました。仙北市では、4/20~5/5までの日程で、桜まつりが開催されます。毎年、県内外からたくさんの方がここ角館を訪れていただいています。桜まつり期間中がいい天気に恵まれることを祈るばかりです。

花紀行
※開花情報はこちらから

 さて、角館の桜まつり期間中に、仙北市遊々楽々3トピア会議加盟店中3店舗で、赤そばの提供をしています。赤そばとは、「高嶺ルビー」という品種のそばです。とても美味しいと評判ですので、みなさんも是非一度食べてみては?

そば処すが家
角館町薗田銭神58 (木曜休) 0187-55-2801
《赤そば情報》数量限定です。

手打ちそばきり長助
角館町小人町28-5 (火曜休) 0187-55-1722
《赤そば情報》花見期間限定で、常陸秋そばと赤そばの二種もりを数量限定でお出しします。

農家のそば屋一助
西木町西明寺字梨子木台84-1 (水曜・冬季休)  0187-47-2148

※「高嶺ルビー」とは?
 日本のそばの花は白い花をしていますが、そばの原産地中国雲南省からヒマラヤにかけてはピンクや赤い花のそばがあります。
 1987年に信州大学の氏原暉男教授(当時)がヒマラヤの標高3,800メートルに咲く、紅い花のそばを日本に持ち帰り、タカノ株式会社(長野県宮田村)と共同で品種改良を行い、真紅の花のそばを作りました。これが紅そば「高嶺ルビー」です。その後この高嶺ルビーは長野県で栽培が始まり、全国に徐々に知られるようになって、栽培面積は広がり始めています。
b0219741_10425234.jpg

※画像は昨年撮影した赤そばです。
[PR]
by semboku_gt | 2015-04-17 10:49 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

《そばの郷仙北市》第3回そばタベクラーベの会を開催しました

3月14日ホワイトデーの夜、遊々楽々3トピア会議主催のそばタベクラーベの会を開催しました。
b0219741_13272833.jpg

b0219741_1327532.jpg


今回で3回目の開催ですので知名度もかなり浸透してきているというのがデザイン室の実感です。
参加者の募集はあっという間に定員に達してしまい、キャンセル待ちをされてご参加頂いた方もおられました。(ご参加の申し込みに添えなかった皆様には本当に申し訳ございません)

参加者の皆様は、言葉どおり「そば前(※そばが出来あがるのを待つ間楽しむ酒とちょっとしたおつまみのこと)」を味わいつつ、つぎつぎと出される5種類のそば(常陸秋そば、田沢湖、会津在来、階上早生、高嶺ルビー)を食べ比べながら、その違いを堪能されていました。
大好評のうちに、タベクラーベの会は終了しました。本当に楽しい時間や美味しい時間は、時が経つのが早いですね。
b0219741_13273215.jpg

b0219741_1327399.jpg


遊々楽々3トピア会議では、今後もこのような喜ばれる企画を通じて地元仙北産のそばの振興とPRに努めて参ります。

この様子は3/16付の秋田さきがけ新報さんにも掲載となっています。
[PR]
by semboku_gt | 2015-03-16 13:35 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

遊々楽々3トピア会議 スタンプラリー当選者決定

b0219741_171235.jpg

大好評いただいた「そばの郷仙北市 食べ歩きスタンプラリー 第5回新そば祭り」の抽選が行われ
昨日当選者へ仙北市の特産品とスタンプラリー加盟店で使えるお食事券を発送いたしました。
今回のスタンプラリーの応募者は42名。秋田市など遠方から参加頂いた方もたくさんいます。
本当に嬉しいことです。
今回も各店主、遊々楽々3トピア役員同席のうえ厳正なる抽選が行われました。
当選された方も、残念ながら今回当選しなかった方もぜひまたご参加いただければと思います。
(※当選者への発送をもって発表にかえさせていただいています)

お食事券の他5名の方々へ特選品が当たるのですが
今回は秋田県指定の伝統的工芸品「いたや細工」の花かごを当選者用に作ってもらいました
せっかく仙北市、大仙市で行っているスタンプラリーに参加してもらったのだから
特産品もこの地域の根ざしたものにしたいという店主の方々のこだわりです。


今回スタンプラリーに参加した各店は2月10日 西木地区で開催される紙風船上げでも遊々楽々3トピア会議として協力して仙北市産そば粉を使った そば を販売いたします。
極寒のなか、少しでも暖かい地そばを食べてもらえればという思いで店主が集結いたします

みなさんぜひブースに遊びに来て下さいね
[PR]
by semboku_gt | 2015-02-03 11:51 | 農家レストラン・カフェ

 12月5日、そばタベクラーベの会があきた美彩館で開催されます

 そばタベクラーベの会があきた美彩館で開催されます 
 来る12月5日(金)、東京都港区・品川駅近くのあきた美彩館にて「第二回食農観味覚市&そばの郷仙北市そばタベクラーベの会」が開催されます。 
 そばタベクラーベの会では希少な赤そばを含む仙北市産の手打ちそば3品種をご提供するほか、秋田の味覚によるそば前料理と地酒を楽しんでいただきます。 
 時間は、一回目が12月5日13:00から(定員15人)、二回目が同日15:30から(定員15人)となります。
 どちらも事前のお申込みの必要があります。 予約申込は、あきた美彩館(☎03-5447-1010)までお願いいたします。 
 まだ若干の空きがありますが、先着順のためお申し込みはお早めにお願いいたします。 
 たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
b0219741_10384104.jpg
以下、昨年の様子です。
b0219741_10385472.jpg
b0219741_10390857.jpg
b0219741_10393352.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2014-12-01 10:41 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

仙北市遊々楽々3トピア会議が設立10周年となりました

仙北市遊々楽々3トピア会議が200412月に設立され、この度10周年を迎えました。

 「遊々楽々3トピア会議」は、農家レストラン、地粉使用のそば屋、そば生産団体、そば研究会、観光団体、温泉組合、田沢湖民宿組合、田沢湖ふるさとふれあい協議会、田沢湖物産協会、仙北市・仙北地域振興局で構成する「地域活性化団体」です。

 生産団体によるソバ生産を起点に、地元農家レストラン等での地そば提供やそば打ち体験の受入のほか、生産者、販売者、加工者、調理者、消費者の垣根なく協働で活動しています。

 西木温泉クリオンで開催された「10周年記念祝賀会」では、多くの来賓や関係者から参列頂き講演会も併せて開催されました。祝賀会では10年のこれまでの歩みを振り返るとともに、今後の会の確かな足取りを再確認しました。

b0219741_09515260.jpg
b0219741_09520830.jpg
b0219741_09522791.jpg
b0219741_09531947.jpg
(最後の写真は10年前の設立時の写真です)


[PR]
by semboku_gt | 2014-12-01 09:59 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

田沢湖地区のお花畑

国道46号線から国道341号線にはいって少し車を走らせるとピンク色のお花畑が見えてきます。看板や赤いのぼりも立っていて自由に見学もできます。
b0219741_2158010.jpg

これ、何の花かわかりますか?

実は蕎麦の花なんです。

今日もとっても色あざやかに咲いていましたが(天気にもよりますが)明日からの3連休が一番の見ごろとなるようです。
この蕎麦畑は現在新そばスタンプラリーを実施している遊々楽々3トピア会議の会員、「田沢湖地そば振興組合」が管理しているもので「高嶺ルビー」という品種です
また私達はこのそば粉でうつそばを「赤そば」とよんでいます。
これ以外の品種についてもスタンプラリー加盟店にも出荷していて 11月からはこの品種も食することが出来ます。
 
 ちなみに赤そば粉で打った蕎麦は、独特の風味が特徴でそばを食べ慣れてない方でも他の品種との違いがわかるような個性的な味になるんですよ

皆さんお花畑を愛でながらスタンプラリーに参加してみてはどうでしょう
[PR]
by semboku_gt | 2014-10-10 22:51 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

いよいよ明日から「そばの郷仙北市 食べ歩きスタンプラリー 第5回新そば祭り」

明日(101)から1230日にかけて、仙北市遊々楽々3トピア会議の主催による仙北市のそば食べ歩きスタンプラリーが開催されます。

スタンプラリー実施店舗(7店舗)の店頭に備え付けられているラリーシートに各そば屋さんのスタンプが4個以上あれば、抽選により仙北市特産品やそば食事券が当たる企画です。

おいしい仙北市産の新そばを堪能して頂くだけでなく各店が提供するそばの味を食べ比べて頂ければ、新たな発見が生まれるかもしれません。

スタンプラリー実施店舗は下記の通りです。

① そば五郎

  住所 仙北市田沢湖生保内字水尻59-40田沢湖駅前「田沢湖市」内

電話(0187-43-35115) 営業時間(9:0018:00) 定休日 年中無休

② 農家のそば屋一助

  住所 仙北市西木町西明寺字梨子木台84-1

電話(0187-47-2148) 営業時間 (11:0015:00) 定休日 毎週水曜日(要確認)

③ 手打ちそばさくらぎ

  住所 仙北市角館河原町20-6

電話 (0187-54-2155) 営業時間  (11:0015:00)(17:0019:00)  

定休日 不定休(要確認)

④ 角館地そばの店手打ちそばきり長助

  住所 仙北市角館町小人町28-5

電話 (0187-55-1722) 営業時間(11:3015:00)(冬期) 定休日 毎週火曜日

手打ちそば野の花庵

  住所 仙北市角館町上野139-4

電話 (0187-54-3787) 営業時間 (11:0014:00) 定休日 毎週、月曜日・火曜日

すが家

  住所 仙北市角館町薗田錢神58

電話 (0187-55-2801) 営業時間(11:0015:00) 定休日 毎週木曜日

奥羽山荘

  住所 大仙市太田町太田字惣行大谷地10-5

電話 (0187-88-1717) 定休日(水曜・木曜そば休み) 営業時間 (11:0014:00) (17:0020:00)

沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

b0219741_13413954.jpg
《仙北市遊々楽々3トピア会議による今後のそばイベントのお知らせ》

★一般向けそば打ち講座(開催日 10月18日、11月1日、11月15日、12月6日)

★そばタベクラーベの会inあきた美彩館(東京品川駅前)(開催日12月5日)

★そばタベクラーベの会in仙北市角館交流センター(開催日 平成27年3月14日(土))

各イベントの詳細は別途お知らせいたします。(お問い合わせは農山村体験デザイン室0187-43-3353までお願いします)


[PR]
by semboku_gt | 2014-09-30 13:56 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

仙北市内の農家レストラン・カフェについて

仙北市内の農家レストラン・カフェをご紹介します。
予約限定営業や体験メニューが楽しめるところもあります。
詳細はリンク先をご覧下さい。

<田沢湖エリア>

<角館エリア>
そば処すが家 角館町薗田銭神58 (木曜休) 0187-55-2801 (3トピア会議)
手打ちそばきり長助 角館町小人町28-5 (火曜休) 0187-55-1722 (3トピア会議) FB
野の花庵 角館町上野139-4 (月・火曜休) 0187-54-3787 (3トピア会議)
農家レストランそばせん 角館町薗田板井村75 (予約制) 0187-55-2813 (3トピア会議)

<西木エリア>
農家のそば屋一助 西木町西明寺字梨子木台84-1 (水曜・冬季休)  0187-47-2148 (3トピア会議)
手作りお惣菜cafe kimoto 西木町西荒井字熊野田107-3 (第2・第4水曜休) 0187-47-2948 Twitter FB


<仙北市産そば・小麦(ネバリゴシ)使用の飲食店等>
手打ちそばさくらぎ
   角館町川原町20-6(不定休) 0187-54-2155 (3トピア会議・仙北市産そば)
そば五郎
   田沢湖生保内字水尻59-40(定休日無) 0187-43-3511 (3トピア会議・仙北市産そば粉・小麦粉)
南玉川温泉湯宿はなやの森
   田沢湖玉川328(冬季休業) 0187-49-2700 (3トピア会議・仙北市産そば粉)
奥羽山荘爺森
   大仙市太田町太田字惣行大谷地10-5 0187-88-1717 (3トピア会議・仙北市産そば粉)
そば正五郎
   大仙市大曲通町3-6(11:30~14:30LO14:00) 0187-63-8855(仙北市産そば粉)
湖畔の杜レストランORAE
   田沢湖田沢字春山37-5(不定休) 0187-58-0608 (パン・ピザ・ケーキに仙北市産小麦粉)
風雅LaFuga
   角館町小館34-8(月曜定休) 0187-54-2784 (ピザに仙北市産小麦粉)
ルーシーカンパニー
   角館町上野139-1(水曜休) 0187-55-5752 (バーガー・パン、洋菓子類に仙北市産小麦粉)
樫食堂
   大仙市太田町斉内字北開208-1(木・日・祝日休) 080-3336-4192 (チャパティ・水餃子・ケーキに仙北市産小麦粉)
やまぶん ほおずき農家のカフェ
   秋田県北秋田郡上小阿仁村沖田面屋布12(カフェは8月中旬~10月中旬の土日祝日営業)0186-77-2219(タルト、マフィン、バターケーキなどのすべての焼き菓子に仙北市産小麦粉)
ひがなる工房菓子部
   東成瀬村で製造、不定期で十文字道の駅「まめでらが~」などに出品(各種焼き菓子等に仙北市産小用)

ここでいう農家レストラン・カフェには、農林漁業者が「食品衛生法」に基づいて飲食店業等の営業許可を取得したものの他、農林漁業者以外でもあっても自家栽培や周辺で収穫される山菜や野菜等を使用していたり、農山村地域の食資源文化等体験を提供している飲食店を含みます。

マップを表示する
b0219741_17594734.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2014-04-01 08:30 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

【終了しました】そばの郷仙北市食べ歩きスタンンプラリー「第4回新そば祭り」



 仙北市のそば生産農家や農家のそば屋、観光団体・関係機関で構成している地域活性化団体で、「そばの郷づくり」を目指して活動している「仙北市遊々楽々3トピア会議」。平成23年度には今までの活動が評価され、ふるさと秋田農林水産大賞農林水産大臣賞を受賞しました。

 そんな仙北市のそば事情。今年も新そばの季節を迎えました。
b0219741_10142613.jpg
 仙北市産の地粉を使った新そばの食べ歩きをしてみませんか?
 「本物のそば」を食べてもらいたい・・・3トピアでは、それだけの目的で、そばの種を播き、収穫して粉を挽き手打ちしています。
 誰よりも地元の皆さんへ、地元のそばを食べてもらいたくて「新そば祭り」を開催します。たくさんのご来店を心からお持ちしております。    

開催期間(予定)
 平成25年10月1日(火)~平成25年12月30日(月)

主催
 仙北市遊々楽々3トピア会議加盟店中7店舗で実施します。
農家のそば屋一助
手打ちそば野の花庵」 ※12月より毎週月・火が定休日に変更
すが家
手打ちそばきり長助」 ※臨時休業:12/5(木)・12/6(金)
手打ちそばさくらぎ
そば五郎
奥羽山荘

昨年度までのQRコード欄がなくなりましたので、今年度スタンプはウラ面(下記右側)の各店舗欄に押してもらって下さい。
b0219741_13142864.jpg
クリックするとPDFにリンクします

スタンプラリーサービス内容
 加盟店7店舗のうち4店舗以上まわった方の中から抽選で、①仙北市特産品を5名様 ②加盟店そば御食事券を15名様にプレゼントします。(内容の変更あり)

ラリーシート設置箇所
 10/1より加盟店店舗にあります。

応募方法
 4店舗以上まわったラリーシートは、加盟店が4店舗以上のスタンプが押印済であることをその場で確認した上で、設置してある応募用紙をお渡しします。その場で必要事項を記入のうえ、店舗にお渡しください。

当選者発表方法
 厳正なる抽選のうえ、当選者を決定し、当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。(平成26年1月予定)

お問い合せは
 仙北市農山村体験デザイン室 または 3トピア会議事務局(農家のそば屋一助)まで


今年は「そばの郷仙北市・そば食べくらべの会『タベクラーベ』」も同時開催します。


仙北市産新そばについて、「そば処すが家」が11/9(土)9:30~AAB秋田朝日放送「サタナビっ!」の「いま☆ココ」コーナーで生中継されました
[PR]
by semboku_gt | 2013-11-25 17:59 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

H25年度の仙北市産赤そば(高嶺ルビー)について

 現在新そばスタンプラリー実施中の「仙北市遊々楽々3トピア会議」。このうち会員4店舗では、仙北市産の赤そば(品種:高嶺ルビー)の提供をしています。
 赤そば粉で打ったそばは、コシが強いのが特徴で、風味が強く、野性味のある味といえます。
 収穫量は普通のそばよりは少ないため、なかなか味わえる機会の少ないのが現状です。
 皆さん、どうぞご賞味ください。
b0219741_15553220.jpg

※赤そばと呼んでいる高嶺ルビー種は通常の白い花のそばよりも収穫期が遅いため、平成25年度産の赤そばの新そばは各店舗とも、準備が整い次第提供となりますので、こちらでも紹介していきます。また数量限定のため、なくなり次第終了となります。念のため直接お問い合せください!



取扱店舗(各店舗とも定休日等にご注意下さい)

手打ちそばきり長助 ℡0187-55-1722 角館町小人町28-5(火曜休)
(角館産自家栽培で、毎日提供・数量限定 11/9よりH25年度産赤そば提供中)・・タベクラーベメニュー・ツアーもあります

農家のそば屋一助 ℡0187-47-2148 西木町西明寺字梨子木台84-1(水曜休)
(田沢湖産そば粉で、毎週土日・数量限定)

すが家 ℡0187-55-2801 角館町薗田銭神58(木曜休)
(田沢湖産そば粉で、毎日提供・数量限定11/12よりH25年度産赤そば提供中)・・タベクラーベメニューもあります

野の花庵 ℡0187-54-3787 角館町上野139-4(火曜・第4月曜休)
(田沢湖産そば粉で、毎日提供・数量限定。11/20よりH25年度産赤そば開始予定)・・タベクラーベメニューもあります

手打ちそばさくらぎ ℡0187-54-2155 角館町川原町20-6(不定休)
(田沢湖産そば粉で、毎日提供・数量限定。H25年度産赤そば提供中

お問い合せは
 仙北市農山村体験デザイン室 または 3トピア会議事務局(農家のそば屋一助)まで


※「高嶺ルビー」とは?
 日本のそばの花は白い花をしていますが、そばの原産地中国雲南省からヒマラヤにかけてはピンクや赤い花のそばがあります。
 1987年に信州大学の氏原暉男教授(当時)がヒマラヤの標高3,800メートルに咲く、紅い花のそばを日本に持ち帰り、タカノ株式会社(長野県宮田村)と共同で品種改良を行い、真紅の花のそばを作りました。これが紅そば「高嶺ルビー」です。その後この高嶺ルビーは長野県で栽培が始まり、全国に徐々に知られるようになって、栽培面積は広がり始めています。

仙北市産高嶺ルビー(赤そば)について、「そばきり長助」が今日11/7(木)18:15~AAB秋田朝日放送「スーパーJチャンネルあきた」で特集放送です。

10/24(木)午後6:10~NHK秋田放送局の「ニュースこまち」(総合・秋田県内のみ)で、赤そば(高嶺ルビー)に取り組むそばきり長助さんの中継がありました。
[PR]
by semboku_gt | 2013-11-13 12:00 | 農家レストラン・カフェ | Trackback