「ほっ」と。キャンペーン

仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:体験メニュー( 38 )

体験メニュー一覧(随時増やしていきます)

 仙北市内で実施できる個人・グループ・団体・教育旅行等向けの体験メニューを紹介しています。
 季節や天候、人数等により価格等に変更が生じるほか、事前調整等が必要なケースがあるため、実施受入窓口等への直接連絡だけでなく、デザイン室にもご一報いただけるとお力になれることもあるかもしれません。
 体験メニューをいくつか組み合わせたい場合なども、当室へご相談下さい。b0219741_11513453.jpg

農家・林家体験(農林作業・農村生活体験など)
イタヤ細工
樺細工体験(壁掛け・コースター)
ミニ凧絵付け・ミニ提灯絵付け
坐禅体験
自主学習・自主研修
鎌足和紙すき
そば打ち体験
餅菓子づくり体験
登山・トレッキング
ハーブ体験
ブルーベリー摘み取り体験
野外炊飯
田沢湖一周・半周ウォーク
キャンプファイヤー
石窯ピザ・パン・バームクーヘンづくりなど
カヌー&カヤック体験・ツアー&ビバーク
玉川ラフティングツアー
手作りいかだ体験
シャワークライミング
マウンテンバイク
栗拾い(西明寺栗)体験
スノーモービル体験
スノーシュー・スノートレッキング
角館の冬がたり/いろり端昔っこ語り

お問い合せは
 仙北市農林部総合産業研究所
 農山村体験デザイン室(仙北市農山村体験推進協議会事務局)
 電話:0187-43-2243 ファックス:0187-47-2116
 〒014-0592 秋田県仙北市西木町上荒井字古堀田47
 e-mail sembokugt@ city.semboku.akita.jp(←コピーペーストする場合@以下のスペースを削除してください)
 仙北市公式サイト http://www.city.semboku.akita.jp/
[PR]
by semboku_gt | 2013-11-03 12:00 | 体験メニュー | Trackback

【終了】東京駅びゅうプラザでイタヤ細工体験!

10/20に完成した東京駅八重洲口の「グランルーフ」を記念して、東京駅で実施している「東京駅から魅力がいっぱいの秋田へ~from東京to秋田キャンペーン」の一環で、10/23から3日間、びゅうプラザ東京・八重洲中央で、仙北市のイタヤ工房の職人お二人が、イタヤ馬づくり体験の講師をします。

<あきたにしました。サイト・活動報告へのリンク>
b0219741_1452492.jpg

23日(水)① 13:00~15:00 / ② 16:00~18:00
24日(木)③ 13:00~15:00 / ④ 16:00~18:00
25日(金)⑤ 13:00~15:00

の計5回。
人により違いが出ますが、だいたい20分くらいでできあがります。
(同時に習う方が多い場合はもう少しかかります)
b0219741_855876.jpg


イタヤ細工を使ったカゴやザルなども展示します。

※グランルーフ:東京駅八重洲口のグラントウキョウノースタワー(大丸2F)とグラントウキョウサウスタワーを連絡する「光の帆」をモチーフとした大屋根・ペデストリアンデッキ(回廊)。

秋田デスティネーションキャンペーン期間の今、東京駅は秋田一色とのこと。
東京駅へお寄りの際は、ぜひ寄ってたんせ。

JRスタッフの方から画像と情報が届きました。→FBアルバム
東京駅は今、秋田デスティネーションキャンペーン一色。
紅葉の紅、なまはげの朱、スーパーこまちの赤。

[PR]
by semboku_gt | 2013-10-24 08:00 | 体験メニュー | Trackback

H25年度:栗拾い(西明寺栗)体験

 西明寺栗は、佐竹候が丹波(京都)、美濃養老(岐阜)地方からの種子を導入し、300年ほど前から栽培されたのが始まりで、年貢米の代わりに上納したとも言われています。
 大きさは日本一とも言われ、赤ちゃんの握りこぶし程の大きさのものもあります。ふっくらした実は、焼き栗やゆで栗はもちろん、渋皮煮、和菓子、また栗焼酎にも利用されています。

b0219741_18325437.jpg

栗拾い体験
 ・・その年の気候などによって開園時期等が変わることがあります。必ず事前に連絡をいれてください。

<佐々木栗園>
 アクセス/秋田内陸縦貫鉄道 八津駅から徒歩約10分
 要予約/0187-47-3046
 FBページ:農家民宿くりの木(佐々木栗園)
 料金/大人200円・子ども無料 拾った栗は1kg/800円でお持ち帰りください。
 開園/9:00~16:00(目安)
 人数/1~100人
 時期/H25年度シーズンの栗拾い園は終了。軒先販売は可能。事前に連絡をいただければサイズ等を揃えて準備しておけます。


<久之助栗園>
 アクセス/秋田内陸縦貫鉄道 西明寺駅から徒歩約20分
 要予約/0187-47-2407
 FBページ:久之助
 料金/大人200円・小学生100円 拾った栗は1kg/800円でお持ち帰りください。
 開園/9:00~16:00(目安)・・夕暮れが早くなってますので15:00頃までに入園ください
 時期/10/9現在、西明寺栗は最盛期
 H25年度シーズンの栗拾い園は終了。軒先販売は可能。事前に連絡をいただければサイズ等を揃えて準備しておけます。

b0219741_11235620.jpg


※「かたくり館」も注文による栗販売は終了しました。
注文・問合せ先  かたくり館 0187-47-3535(ファックス兼)


 <問い合わせ>
  各栗園に直接おかけください。
  又は 農山村体験デザイン室(TEL:0187-43-3353/FAX:0187-47-2116)
b0219741_1123546.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2013-10-18 18:30 | 体験メニュー | Trackback

仙北市体験ガイドマップが完成

 仙北市体験ガイドマップが完成しました。

 農山村体験デザイン室設置から二年。

 さまざまな狙いがあって、ポストカード以外に紙媒体の資料は作成してきませんでしたが、今回初めて作成しました。
 内容は基本的にデザイン室ブログ・TwitterFacebook等でオンライン公開してきたもので、裏面にはマップもついています。

 田邊副市長も加わり皆様へお披露目します。
b0219741_16262672.jpg


 当日即OKの体験ばかりではありませんので、これを持って農山村をブラブラというものではありませんが、個人でも学校等の団体による体験学習等でも、旅のプログラムを事前に検討する際には、ぜひご活用ください(体験は事前予約が必要なものが多いため)。

部数に限りがありますので、下記PDFをダウンロードして活用下さい。(現物はA2版ですが、ダウンロード用はA3版としています)
仙北市体験ガイドマップ表(PDF:2.79MB)
仙北市体験ガイドマップ裏(PDF:4.10MB)

 なお、個人旅行客の方は、仙北市TICが発行している「あきたTABIYORI」が旅行商品としてオンライン予約もできるので便利です。こちらもぜひご活用下さい。
[PR]
by semboku_gt | 2013-04-03 16:33 | 体験メニュー | Trackback

イタヤ細工体験・・からのぉ職人さんとの出会い

 庭の巨木メタセコイアの紅葉もほぼ終期を迎えた伝承館にて、イタヤ細工体験。
b0219741_942724.jpg

 今日の体験者は東京から女子タビでいらっしゃったアマノさん。
 民芸品やクラフトに興味があるというアマノさんは、秋田市に用事があっていらしたとのことですが、どうしてもイタヤ細工がしたくて、羽田空港ー<飛行機>ー秋田空港ー<リムジンバス>ー秋田駅ーこまちー角館駅までいらっしゃいました。
 本当は秋田空港から角館・田沢湖直行タクシーのエアポートライナーという手段もあるのですが、時間の関係で今回は秋田経由。それでもぜひ、というイタヤ細工への思いは、体験時に菅原さんとの会話からもよくわかりました。
b0219741_985180.jpg


 とても器用な方で、みるみる間に2体のイタヤ馬をつくり、さらに小さい羊まで仕上げました。
b0219741_994647.jpg


 そして、意気投合して今日の講師、菅原さんのイタヤ工房の見学にも行かれました!菅原清澄さんや普段は松本家で実演販売している(11月から冬季休業中)娘さんとも直接会ってお話ができました。
b0219741_995828.jpg


イタヤ工房の庭の池には、イタヤの若い幹がつけてありました。
こうしておくと材料が長持ちするそうで、雪が降れば雪の中に刺しておくそうです。
b0219741_915595.jpg

加工を待つイタヤ君です

体験の先に、職人さんや農家との出会いがある、仙北市のさまざまな体験プログラム。
ぜひあなたも。
[PR]
by semboku_gt | 2012-12-04 09:17 | 体験メニュー | Trackback

「後生掛温泉と康楽館観劇・角館”和”スイーツ巡りモニターツアー」のそば打ち体験

11/25は仙台からのお客様23人のそば打ち体験がありました。

【そば打ち体験】「後生掛温泉と康楽館観劇・角館”和”スイーツ巡り」一行がそば打ち体験にいらっしゃいました。仙台から1泊2日の行程で秋田の新ジャンル旅を探そうという秋田県とJTBのモニターツアーです。
b0219741_18154664.jpg


まずはそば粉をふるいにかけます。きめ細かくていねいにふるうのがコツ。粉はH24仙北市田沢湖産の「富士1号」の二八です。
b0219741_18162224.jpg


続いて水回し。指の腹ではなく指を立てて「の」の字を書くように水をまんべんなく行き渡らせましょう。
b0219741_18164920.jpg


続いてこね・練り。水が十分に回ったらだんだんと一つにまとめ、しっかりとこねます。
b0219741_1817379.jpg


手のし、そしてのし棒を使って伸ばしてきます。最初は円に、そしてだんだん四角になるよう四つ出ししていきます。
b0219741_1818527.jpg

b0219741_18183878.jpg


のし棒を使って伸ばしてきます。だんだん四角になるよう四つ出ししていきます。
b0219741_18192968.jpg

b0219741_18201844.jpg


こうやって均等な厚さをチェックしながら、きれいに広げていきます。
b0219741_18212368.jpg


いよいよ切り。ここで好みというか個性が出ますね。真剣!
b0219741_18221968.jpg

b0219741_18223591.jpg


茹でたら冷水で締め美味しくいただきます。
遊々楽々3トピア会議ではこね鉢ごとに茹でるので、本当に自分が打ったのを食べられます。
b0219741_18232744.jpg


今回はサプライズで地元農家の方が付けたがっこ(漬物)もありました。また揚げそば、そば打ち粉セットなどもお土産でたくさんお買い求めいただきました。ありがとうございました。
b0219741_18241566.jpg


すべて地元産の蕎麦粉を使ってていねいにそば打ちを習うことができる仙北市遊々楽々3トピア会議のそば打ち体験、あなたもぜひいかが?

さて、新そばの美味しいこの季節。
そんな仙北市産の美味しい新そばを食べるなら・・・

1)市内の農家レストランを巡ってみる。
2)新そばスタンプラリー加盟店を巡ってみる。
3)珍しい赤そばを出しているそば屋を巡ってみる。
4)そば打ち体験を利用して自分で打ってみる。

いろいろな切り口で仙北市産のそばをご堪能いただけます。
ぜひ現地へ足をお運び下さい。

詳しくは・・・
 仙北市農山村体験デザイン室 または 3トピア会議事務局(農家のそば屋一助)まで
[PR]
by semboku_gt | 2012-11-26 18:32 | 体験メニュー | Trackback

H24年度:栗拾い(西明寺栗)体験

 西明寺栗は、佐竹候が丹波(京都)、美濃養老(岐阜)地方からの種子を導入し、300年ほど前から栽培されたのが始まりで、年貢米の代わりに上納したとも言われています。
 大きさは日本一とも言われ、赤ちゃんの握りこぶし程の大きさのものもあります。ふっくらした実は焼き栗ゆで栗はもちろん、渋皮煮、和菓子、また栗焼酎にも利用されています。

b0219741_18325437.jpg

栗拾い体験
 ・・その年の気候などによって開園時期等が変わることがあります。必ず事前に連絡をいれてください。

<佐々木栗園>
 アクセス/秋田内陸縦貫鉄道 八津駅から徒歩約10分
 要予約/0187-47-3046
 料金/大人200円・子ども無料 拾った栗は1kg/800円で持ち帰ることができます。
 開園/9:00~16:00(目安)
 人数/1~100人
 時期/H24年度は10/20(日)までの予定とのこと(直接お問い合せください)。なお、庭先販売もしているそうです(例年は10月上~中旬)


<久之助栗園>
 アクセス/秋田内陸縦貫鉄道 西明寺駅から徒歩約20分
 要予約/0187-47-2407
 料金/大人200円・小学生100円 拾った栗は買い取りになります。
 開園/9:00~16:00(目安)
 時期/H24年度は閉園しました!(例年は9月中旬~)
     なお、栗の販売は引き続き行っています。


※「かたくり館」では、10月下旬頃より栗の販売も開始になります。

 <問い合わせ>
  各栗園に直接おかけください。
  又は 農山村体験デザイン室(TEL:0187-43-3353/FAX:0187-47-2116)

b0219741_18384219.jpg
熟するのを待っている西明寺栗(2012.9.14撮影)

※9/21のABS秋田放送(秋田ローカル)のエビス堂ゴールド(毎週金曜15:50~17:00)にて佐々木栗園さんの西明寺栗と、横町桜通り会の新作スイーツ「ほっ栗美人」(プチフレーズ)について、放送されました。このコーナーは岩手県の方にもお楽しみいただけました。
[PR]
by semboku_gt | 2012-10-19 13:58 | 体験メニュー | Trackback

「太平湖トレッキングと阿仁マタギの里ツアー」のそば打ち体験

 去る10/3、「太平湖トレッキングと阿仁マタギの里ツアー(←主催者によるモニターレポート)」の一行が、仙北市の遊々楽々3トピア会議による「そば打ち体験」にいらっしゃいました。

 10/1から「そばの郷仙北市食べ歩きスタンンプラリー『第3回新そば祭り』」も始まっており、この日も田沢湖産の新そば粉での体験となりました。
b0219741_1731044.jpg

そば打ち体験、まずは粉をふるいにかけます。
ていねいにていねいにふるうことで、ムラなく水が回るそうです。
b0219741_17332426.jpg

続いて水回し。これがかなり重要です!
まんべんなく水を回すには、こねても練ってもいけません。
指を立てて(イメージ的にはガラスに爪を立てて鳥肌たつ時の指の形?)両手でのの字を書きながら水を回します。
b0219741_1733455.jpg
b0219741_17335978.jpg


そして充分に水が回った後に、だんだんとダマになって来たそば粉をまとめ上げてこね作業!
空気を抜きながらこねこね。みなさん上手ですね!
b0219741_17341765.jpg
b0219741_17342786.jpg


延し作業。
最初はまあるく広げて行くのですが、延べ棒に添える手の形でみなさんかなり悩んでいました。
講師曰くは「手の掌で転がすのではなく、猫の手のように丸めた指を添えるように転がす」のだそうです。
b0219741_17354948.jpg
b0219741_1735059.jpg


延し作業は途中から四角に形を変形。
コツが必要ですがココでは秘密。
秘密の答えは・・・ぜひ体験しに来てください。
b0219741_17351026.jpg


いよいよ切り作業に。
刃を前に押しながら切ったあと、ズリッとずらすのにコツがいります。
b0219741_1736283.jpg
b0219741_1736511.jpg


切り作業終了。
みなさんそれぞれに個性豊かな?!そばが出来ました。
b0219741_17364753.jpg


皆さんいかがでしたか?
この日はそば打ち体験後、打ち立てのそばをその場で茹でてみんなでいただきました。
首都圏からは少し遠いかも知れませんが、ぜひまたお越しください!
b0219741_1737684.jpg



さて、新そばの美味しいこの季節。
そんな仙北市産の美味しい新そばを食べるなら・・・

1)市内の農家レストランを巡ってみる。
2)新そばスタンプラリー加盟店を巡ってみる。
3)珍しい赤そばを出しているそば屋を巡ってみる。
4)そば打ち体験を利用して自分で打ってみる。

いろいろな切り口で仙北市産のそばをご堪能いただけます。
ぜひ現地へ足をお運び下さい。

詳しくは・・・
 仙北市農山村体験デザイン室 または 3トピア会議事務局(農家のそば屋一助)まで
[PR]
by semboku_gt | 2012-10-05 17:49 | 体験メニュー | Trackback

仙北市を「歩いたり、アウトドアアクティビティで楽しんだり」

 7/21~23まで、訪日旅行関係者の方々が仙北市ほか近隣市町村を訪れて、周遊・アウトドアアクティビティに挑戦したり、農家民宿やキャンプ場などを体感視察しました。


 一行は角館の桧木内川堤から武家屋敷通り、さらに外町へ抜けて安藤醸造元に寄ると言った街めぐり、緑あふれるトトロに描かれた世界のような農山村風景を眺めながら農山村周遊、さらにはキャンプやサイクリング・カヌーを体験したり、深緑の乳頭温泉郷・空吹湿原をトレッキングするなど、短い期間にたくさんの情報を吸収し、今後に活かしていこうと積極的な方々でした。
 また、農家民宿に宿泊し、農家の魅力的な料理や話を聞いたり、農家レストランでは打ちたての地そばを食べたり、石窯ピザのアツアツの味を味わったり。

 今後が楽しみですね。

b0219741_14595252.jpg

b0219741_1502424.jpg

b0219741_1504719.jpg

b0219741_15112100.jpg

b0219741_1515554.jpg

b0219741_1521822.jpg

b0219741_1525294.jpg


歩いてみて、改めて気付く地域の資源の豊富さ。
集団型ツアーから、インバウンド、着地型、個人型というのが求められている理由が、なんとなく見えてきます。
ここで暮らす私たち市民発の情報が、これからは最大のPRツールですね。
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-24 15:18 | 体験メニュー | Trackback

大人の修学旅行inAKITAあきたこまちの郷ツアーのイタヤ体験

b0219741_1314130.jpg

 全国118箇所にクッキングスタジオを持つ「ABC Cooking Studio」(@abc_cooking)では、全ての通常レッスンにおいて「あきたこまち」を使用していることから、秋田県が主催となり、JA全農あきたとABC Cooking Studioが協力して、H23年度より実施している「大人の修学旅行inAKITAあきたこまちの郷モニターツアー企画(春編)」が5/26~27に開催され、初日は大仙市太田町付近で田植え体験や郷土料理体験などを行いました。

 二日目の5/27には一行が仙北市を訪れ、樺細工伝承館にて「イタヤ細工体験」、武家屋敷の散策、むらっこ物産館で山菜ランチ、その他かたまえ山からの田沢湖展望、辰子像見学などを行いました。

 デザイン室では、イタヤ細工体験のサポートを行いましたので、ご紹介します。

 参加されたのは20~30代の女性で、ABC Cooking Studioの受講生の応募者の中から抽選で選ばれた23名の方々です。

 講師にイタヤ細工職人菅原順一・トヨさん夫婦に習いイタヤ馬作りに挑戦します。
b0219741_12442949.jpg

説明を受けたらハイ開始!見本をみたり相談したりもしながら作りましょう。
b0219741_12464839.jpg

教え合うのが楽しいですね。
b0219741_12455425.jpg

一番乗りの方!手際がいいです!
b0219741_12472938.jpg


できたイタヤ馬を持って、はいポーズ。
b0219741_12484453.jpg


参加者の中にはその場でスマホで撮影し、すぐにTwitterでつぶやいている方もいらっしゃいました。
b0219741_12493164.jpg


 このあと、みなさんはかたまえ山からの田沢湖展望、むらっこ物産館での山菜ランチなどを楽しんで、無事に帰宅されたそうです。みなさんいい思い出できましたか?秋にまたお会いできたらいいですね。


 仙北市角館のイタヤ細工(秋田県指定伝統工芸品)は秋田市太平と共に、秋田県指定無形民俗文化財に指定されています。中でも箕製作技術に関しては国の重要無形民俗文化財指定も受けています。江戸後期の寛政年間頃に始まり生活の中に根ざした技術として受け継がれてきたモノとされています。

仙北市ではこのイタヤ細工のうち、イタヤ馬づくりを体験プログラムとして多くの方に体験していただいています。この他にもさまざまな体験プログラムをご案内しておりますので、ぜひ農山村体験デザイン室にご相談下さい。
[PR]
by semboku_gt | 2012-05-28 13:01 | 体験メニュー | Trackback