「ほっ」と。キャンペーン

仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ツアー情報( 6 )

【募集終了】親子で学ぶ環境学習体験「クニマスから学ぶ未来」参加者募集

【募集終了しました】・・たくさんのご応募ありがとうございました。

 仙北市の新しい教育旅行のメニューとして作成した「環境学習プログラム」を活用したモニターツアーを実施します。
 クニマスの講話、玉川中和処理施設の見学を通して自然と人間との関わり方について親子で考えてみませんか?実際に野外活動を行って湖に対する理解を深めたり地場産小麦を使ったピザ作り体験も実施します。
※この事業は「美の国秋田・旬を感じるツアー」実践事業を活用して実施しています。

・日時 8月2日(金)8:30田沢湖庁舎集合 17:00解散(予定) 
 
仙北市役所田沢湖庁舎集合・バスで移動
―田沢湖キャンプ場で野外ピザ作り体験・カヌー体験
―仙北市田沢湖郷土史料館見学・クニマス講話
―玉川酸性水中和処理施設・玉川源泉見学
―新玉川温泉で入浴・意見交換
―仙北市田沢湖庁舎到着・解散

・募集対象   仙北市内の小学生とその家族 定員16名程度(先着順)
・経費等    ピザ作り体験代1人1,000円頂戴します。      
・その他    1家族に1冊有料観光ガイドブック「ぶらカラ」を差し上げます。

・申込・問合  農山村体験推進協議会(事務局:農山村体験デザイン室)まで電話にてお申し込み下さい。
 担当 田口・泉谷 電話0187-43-3353

申込締め切り7月23日
※環境学習プログラムについて 
[PR]
by semboku_gt | 2013-07-22 11:01 | ツアー情報 | Trackback

秋田内陸縦貫鉄道あきた美人ライン「ごっつぉ玉手箱列車」に乗ってきました

 秋田県の内陸部、仙北市角館駅から北秋田市鷹巣駅間、29駅・94.2kmを結ぶローカル線、秋田内陸縦貫鉄道、通称「内陸線」(愛称「あきた美人ライン」)は、今年で7年目となる「ごっつお玉手箱列車」を走らせています。
b0219741_16225275.jpg

 これは、角館~阿仁合間を走る列車の中で、途中の停車駅から農家のおかあさんたちが次々に自慢の手作り料理を運び込み、まるで「動く農家レストラン」を沿線の景色とともに楽しめるというもの。
 
 仙北市西木町地区の農家民宿や農家などで構成する「グリーン・ツーリズム西木研究会」が、自分たちのもっている技術や知恵を使って乗客に料理や語りを楽しんでもらう事で、秋田内陸線の乗客数、沿線の交流人口を増やし、また自分たちの生きがいとなる都会の人とのあたたかい交流を楽しんでいるイベント。
b0219741_16231726.jpg

 今年度は各回ごとにテーマを決めて走らせており、

第1回 平成24年9月1日(土) ちょこっとテーマ:「夏バテ解消」
第2回 平成24年11月17日(土) ちょこっとテーマ:「栗・くり・クリ」
第3回 平成24年12月8日(土) ちょこっとテーマ:「年越・正月料理」
第4回 平成25年1月26日(土) ちょこっとテーマ:「もちもち寄せて」
第5回 平成25年2月23日(土) ちょこっとテーマ:「雪国保存食」
第6回 平成25年3月23日(土) ちょこっとテーマ:「春よ来い!」

 となっています。今回は第2回の「栗・くり・クリ」で、東京からの「料理通信ツアー」のお客様を含む29名が参加。中には@nifty地球のココロのライターさんや、東京中日スポーツのライターさん等も乗車されていました。
 また、デザイン室もサポート兼取材ではじめて乗車させていただきました。
b0219741_16243393.jpg


 当日の様子は、試験運用中の「デザイン室フェイスブック」でアルバムを掲載しています。

 また、詳しいレポートは、@niftyサイトの「地球のココロ」にて、このツアーに参加されたライター鶯原しずさんが<作る人のぬくもり伝わる「ごっつお玉手箱列車」に乗ってきたでレポートして下さいました。

どちらもぜひご覧ください。
[PR]
by semboku_gt | 2012-11-29 16:33 | ツアー情報 | Trackback

未来のプランナーによる、秋田内陸線・キカクの旅。

 2/25~26の1泊2日で観光庁事業の「国内旅行振興キャンペーンと連動したモニターツアーの造成による国内旅行の需要創出及び新たな旅行の推進に関する調査」の採択ツアーが行われました。(主催:(株)ティーゲート)
タイトルは「~地元の“おかあさん”と一緒に考える~未来のプランナーによる、秋田内陸線・キカクの旅。
 今回のこのツアーは、主催者から秋田県東京事務所を通じて照会があり、ツアー内容については秋田内陸縦貫鉄道(株)北秋田市商工観光課田沢湖角館観光連盟、仙北市デザイン室、さらにアイデア会議には仙北市観光課仙北市TICも出席し連携サポートしました。
b0219741_18155294.jpg

<ツアー内容>
観光業を学ぶ学生の視点で、事前学習をした上で、下記の旅を実施
参加者:16人(性別:男性6、女性10)(国籍:日本12、中国2、韓国2)

(1日目)
●農家のお母さん達が各駅からごちそうを積む秋田内陸縦貫鉄道(愛称:あきた美人ライン)名物、動く農家レストラン「ごっつぉ玉手箱列車」に乗車(この列車には一般参加者も乗車)。
b0219741_18181066.jpg

 ※今回の内陸線ごっつぉ玉手箱列車には、沿線農家などが作る産品を積んだ「車内販売ワゴン」が初めて乗りました。販売品は、焼き餅やゆべし、西明寺栗の甘露煮、米粉たい焼き、いぶりがっこ、花豆のスイーツなど。(内陸線側も今後どのような販売の仕方が良いのかという試験販売でした)
b0219741_18183068.jpg

●森吉山の「樹氷鑑賞」と、伝説の猟師・マタギと歩く森吉山・樹氷平。
 ここではマタギが実際に雪山の歩き方を伝授しました。
●農家の“おかあさん”と、じっくり語り合えると農家民宿に宿泊。
 田沢湖ふるさとふれあい協議会:惣之助輝湖 グリーンツーリズム西木研究会:くりの木星雪館泰山堂の5軒にグループ毎に宿泊。

(2日目)
●事前学習やお母さんと語り合った内容を元に、各グループ毎に自由行動を実施。
 惣之助班(男性3名):乳頭温泉めぐり
 輝湖班(男性3名):宿できりたんぽとかまくらづくり、角館街めぐり
 くりの木班(女性2名):乳頭温泉めぐり
 星雪館班(女性3名):焼き餅づくり、農家レストランでランチ、角館街めぐり
 泰山堂班(女性5名):角館温泉入浴、角館街めぐり
b0219741_18195587.jpg
●ツアーを通じて感じたことを「アイディア会議」の場で検討・発表。
  (感じたこと、課題などと、それをどうしたらいいかのアイディア出し)
 惣之助班
  乳頭温泉は交通の便が悪い→カーシェアを取り入れたらどうだろう?
  学生には交通費+滞在日がかかってしまう→空き家を活用できないだろうか?
 輝湖班
  手作りきりたんぽを絵の具で色つけたかまくらの中で食べた→体験メニューとしてはどうだろうか?
  農業や除雪などのボランティアしやすい工夫が欲しい→商品券やリフト券など地元に還元できる謝礼
 くりの木班
  角館のマップが春のイメージが強すぎる→せっかくなので季節毎の見所をまとめたらどうだろう?
  他にはない農家民宿をもっと売り込むべき→パンフレットだけでは伝わらない工夫を考えてみよう?
 星雪館班
  秋田までの交通費を考えるとごっつぉ列車単体の価格が高い→品数減らしてもいいのでは?
  中国人が少ない気がする。→海外向けのPRやパンフレット・HPを整備してはどうだろう?
 泰山堂班
  美人を活用した観光をすすめる→角館の着物歩き、冬は乳頭温泉で美人を売れないか?
  農家民宿の個性は魅力だけど統一感も欲しい→共通料理・体験のメニューを考えるとか?

 この他、インフォメーションの少なさや交通アクセスの課題、交通マナーなどへの注文や、来てみたら本当にいいところだと思ったので、もっとPRをがんばって欲しいと言った声もありました。
b0219741_18201731.jpg


 今回のアイディア会議で出た意見を振り返りながら、学生達自身で検証をすすめて、年度内にはレポートが届くとの報告を受けています。
 若い学生さん達が、仙北市の農山村の魅力をどのように引き出すのか・・・楽しみにしています。
[PR]
by semboku_gt | 2012-02-29 08:00 | ツアー情報 | Trackback

環境教育プログラムの企業向けモニターツアー

 来年度から実施する予定としている環境教育プログラム。教育旅行や企業研修、CSR活動、福利厚生事業等に活用していただけるよう、JTB東北・秋田支店への委託事業として今年度取り組んでいます。

2/25には、このうち企業向けのモニターツアーを実施しました。

 モニターツアーは、まず始めに市内中川地区の炭俵づくり職人の鈴木さん宅を訪ね、角館地域の小正月行事「火振りかまくら」に使う炭俵づくりの話をきき、熟練の技を見学しました。
b0219741_13322063.jpg

※鈴木さんによる炭俵づくりは、12月の農家民宿モニターツアーで @02chaki20 さん親子が体験しました。
 その後、神代地域の茅葺屋根住宅を見学。今回のツアーでガイド役も果たして下さった秋田茅葺き文化継承委員会事務局長の田上さんによれば、現在、市内に70棟ほどの茅葺き民家があるそうです。
 茅葺き屋根の家には、古来から伝わる環境にやさしい要素がぎっしりつまっているとのこと。
b0219741_13385813.jpg

 その後は、たざわこ芸術村に移動し、実際にミニ炭俵作りに挑戦しました。
b0219741_1346035.jpg
完成品は皆さんお持ち帰りできるとのことで、俄然、真剣味が増します。
b0219741_13462273.jpg


 その後は、田沢湖ビール工場の見学。二条大麦と六条大麦の違いなどの話を聞きつつ、製造工程に興味津々のみなさんです。
b0219741_13522919.jpg

 原料となる、大麦・ホップ・水・酵母のいずれも秋田県産を使用しようと、秋田県内産原料100%の地ビールを目指して開発されたのが「あきた麦酒恵」。フードマイレージを極力減らし、生産者の顔がわかる安心安全なビールとして、もちろんオトナ限定ではありますが、これもまた企業向けの環境教育コンテンツとしてふさわしいものになりそうです。
b0219741_13471922.jpg


田沢湖ビールブルワリー見学+ランチのセットは、仙北市TICにてネット予約可能です。(催行期間、定員等に条件があるのでご注意下さい)

 これらのコンテンツをプログラムとして仕上げ、来年度に向けてますます磨きあげをすすめます。
[PR]
by semboku_gt | 2012-02-27 13:21 | ツアー情報 | Trackback

~地元の“おかあさん”と一緒に考える~未来のプランナーによる、秋田内陸線・キカクの旅。

 2/25~26の1泊2日で観光庁事業の「国内旅行振興キャンペーンと連動したモニターツアーの造成による国内旅行の需要創出及び新たな旅行の推進に関する調査」の採択ツアーが行われます。(定員に達し募集は終了)

b0219741_1457572.jpg

<ツアーのポイント>
●対象は観光業を学ぶ学生のみ。
●●グリーンツーリズム西木研究会のお母さん達が各駅からごちそうを積む内陸線名物、動く農家レストラン「ごっつぉ玉手箱列車」に乗車(一般参加者も乗車)。
●森吉山の「樹氷鑑賞」と、伝説の猟師・マタギと歩く森吉山・樹氷平。マタギが実際に雪山の歩き方を伝授します。
●地元の“おかあさん”と、じっくり語り合える農家民宿(惣之助・輝湖・星雪館・くりの木・泰山堂)に宿泊。
●事前学習やツアーを通じて感じたことを2日目の「キカク会議」の場で検討・発表し、新しい旅のキカクを考えます。

スケジュール等
b0219741_14574753.jpg
当デザイン室は、秋田県東京事務所、秋田内陸縦貫鉄道(株)、北秋田市商工観光課、田沢湖角館観光連盟等と連携して、サポートをしています。
若い学生さん達が、仙北市の農山村の魅力をどのように引き出すのか・・・楽しみにしています。
[PR]
by semboku_gt | 2012-02-21 15:00 | ツアー情報 | Trackback

仙北市農山村の冬旅、お得情報

 これからの仙北市農山村をがっつり楽しめるお得情報です。

1)ツイッター活用農家民宿モニターツアー(仙北市農山村体験推進協議会)
 ツイッター利用者限定。交通費・宿泊費・体験料は自己負担ですが、農家民宿での交流・体験の魅力をツイッターでリアルタイムにつぶやくことでモニター謝礼があります。冬祭りなども盛り込んだ濃厚な冬の農山村を楽しむことができるはずです。

2)冬の秋田路宿泊補助券プレゼントキャンペーン(秋田県観光連盟)
 12/20までの応募で抽選で3000名に宿泊補助券があたります。仙北市内の農家民宿で使えるところもありますので当選の折にはぜひご利用下さい。

3)秋田美人100人キャンペーン(田沢湖・角館観光連盟)
 10/1の都内イベントで配布したチラシは12/20までの期間中、仙北市内加盟施設で利用できる3,000円割引宿泊券または賞品券に引替ができます。お手元にある方はぜひご利用下さい。

4)東北福幸キャンペーン(東北観光推進機構)
 指定の旅館に泊まると、もう一泊東北のおすすめ旅館に泊まれる宿泊券が当たります。仙北市は教育旅行でおなじみの角館温泉花葉館、たざわこ芸術村温泉ゆぽぽ、ホテルタザワ、プラザホテル山麓荘、ハイランドホテル山荘、駒ヶ岳観光ホテル、新玉川温泉などが対象。修学旅行で仙北市に来た中高生のみなさん、今度は家族でどうぞ♪

鉄道、航空会社、バス等も東北応援のお得なチケットなどをたくさん出しています。
この冬、ぜひ秋田県仙北市へ。
[PR]
by semboku_gt | 2011-12-06 18:00 | ツアー情報 | Trackback