「ほっ」と。キャンペーン

仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

仙北市で合宿しませんか?

 平成21年に「スポーツ立県あきた」を宣言した秋田県。平成24年からは秋田県観光文化スポーツ部が誕生し、県外のスポーツ団体を対象にした、秋田県内のスポーツ施設及び宿泊施設を利用したスポーツ合宿等を支援する事業が実施されます。
 ぜひ、この事業を活用して、美しい自然環境や施設に恵まれた仙北市でスポーツ合宿をしませんか?


 ●合宿等実施期間 平成24年5月1日~平成25年3月31日
 ●申請受付期間
    小学生・中学生・高校生の団体 平成24年4月5日~平成24年7月31日
    大学生・社会人の団体 平成24年4月5日~平成24年5月31日
 ●交付決定時期   平成24年4月下旬から随時
 ●要件 下記1)~3)を全て満たすものとなります。
    1) 県内のスポーツ施設を利用し、かつ宿泊施設に宿泊して実施する事業
    2) 県内のスポーツ団体又は地域住民と交流を図る事業
    3) 当該年度の3月31日までに実施完了となる事業
 ●補助額   【上限額30万円】
    新たに県内合宿等を行う場合2,000円×参加者数×宿泊日数
    引き続き県内合宿等を行う場合1,000円×参加者数×宿泊日数
    ※小学生、中学生及び高校生が所属する岩手県・宮城県・福島県内
      のスポーツ団体の場合は、1,000円嵩上げとなります。

 補助制度の内容・応募方法等の詳細につきましては、秋田県のホームページ(スポーツ振興課)をご覧下さい。

 このほか、高校・短大・大学に限定されますが、仙北市独自の「仙北市がんばれ合宿応援事業」も平成24年度引き続き行いますので、こちらもどうぞご活用下さい(担当:観光課

 また申請前には、仙北市内の合宿に適した宿泊施設等について、ぜひ農山村体験デザイン室にご相談下さい。健康的な食事が摂れ、要件2)の地域住民との交流を満たせる農家民宿や、教育旅行の受入等に慣れていて、酷使した肉体を癒す温泉などのあるホテルなど、ご要望に応じた施設をご紹介いたします。
 
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-26 18:49 | お知らせ | Trackback

仙北市産小麦「ネバリゴシ」100%のピザが完成!

 総合産業研究所では、県内ではきわめて珍しい地場産小麦(仙北市角館地区で栽培したネバリゴシ)を用いた小麦粉の商品化に向けて、料理や商品開発のアイディアを市民や企業のみなさんから募集しています。
 秋田県内ではほとんど生産されていない小麦(一部で生産もされていますが、味噌等の麹として利用されているのがほとんど)を製粉した地場産の小麦粉を使えるとあって、多くの方々からの独創的なアイディアをぜひいただきたいと考えています。

 そんな協力店の一つ、市内でイタリアン料理をだしている「La fuga〜レストラン風雅」さんが、去る3/9に試作品2種(ミックスピザとマルゲリータ)を持って研究所へいらっしゃったことは以前のブログに書きました

 そのLa fugaさんの地粉を使ったピザがいよいよ本格的に商品化されました。
b0219741_20374260.jpg

 地産地消、角館地区で栽培した小麦ネバリゴシ100%でふっくら仕上がったその名も「せんぼく小麦ピザ」。 通常の具材の他、季節毎に応じ地元にこだわった旬の素材を使用した「せんぼくスペシャル」など5種類をラインアップされています。

 また、5/17(木)、5/22(火)には「せんぼく粉を使ったピザ作り教室」を開催するそうですよ。

 くわしくは直接お店へお問い合せ下さい。
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-25 08:00 | お知らせ | Trackback

仙北二湖ブルー

 仙北市の大きな湖、ひとつは言わずと知れた田沢湖、そして1990年に完成した堤高100mの玉川ダムによりつくられた人造の宝仙湖。

 まだまだ雪の残るこの季節の、二つの湖と多摩川源流部の景色をパノラマ写真でお届けします。(クリックすると大きな写真を見ることができます)

 田沢湖は日本一の深さ423.4mを誇り、東京タワーがすっぽりと隠れてしまいます(間もなくオープンする東京スカイツリーは634mで210mほど頭が出ますが...)。この深さは世界中の湖の中でも17番目の深さで、ここ仙北市が誇る大切な地域の宝のひとつです。かつてはクニマスが生息していたことでも知られ、一昨年にはその子孫の一部が山梨県の西湖で見つかったことで、ご存知の方も多いと思われます(クニマスに関してはこちらをご覧ください→仙北市クニマス情報
 田沢湖は深いため湖の中で対流が起こり、凍りません(不凍湖といいます)。どんなに冷え込んだ朝であっても、蒼く吸い込まれそうな水面はかわりません。最近、地元の若い人たちの間ではこの美しい青を讃えて「田沢湖ブルー」なんて言葉を使ったりもします。
b0219741_13584559.jpg
(手前:辰子像、右奥:駒ヶ岳)

 こちらの宝仙湖は玉川本流上にあり、秋田一の大河川雄物川水系では最大となる玉川ダムによりせき止められた人造湖です。東北では福島の奥只見湖や田子倉ダムに次いで3番目の貯水量を誇る大人造湖です。面積は830ha(830万m2)ですが、深さはさほどでもないため、寒い冬には結氷し、その上に厚い雪が積もります。雪の多かったこの冬は、この季節でもまだ湖面には雪の塊がたくさん見られました。
b0219741_135969.jpg
(右手前:玉川ダム、左奥:男神橋)

 
 昨日の4/20の午前8:00から、宝仙湖を望み玉川温泉、そして八幡平、鹿角へと抜ける国道341号線の冬期閉鎖が解除となり、まだまだ雪の残る美しい原風景を望むことができるようになりました。(ただし19:00〜翌朝8:00までの夜間はしばらくの間通行止め)また、玉川温泉の岩盤浴についても4/20から再開となっています。
b0219741_13592412.jpg
(焼山の叫沢から)
 
 ミズバショウ、かたくり、桜(シダレザクラ・ソメイヨシノ)の春の彩りと、田沢湖ブルーに象徴される空と水の青。ここ仙北市に足を運んで、この時期ならではの自然と農山村の風景をお楽しみください。
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-21 14:01 | Trackback

ぶ♥ら~color角館・田沢湖・西木 burakara

 仙北市食農観ビジネス実践プラン推進委員会が、地元在住の女性等によるメンバー(姫マップワーキングチーム)を募って作成した「ぶ♥ら~color角館・田沢湖・西木 burakara」。
b0219741_1803450.jpg

 当デザイン室からもスタッフ2名がワーキングチームに加わったこのプレミアムブックが、4/17に発売開始となり、田沢湖駅構内フォレイクにて完成発表会がありました。

 「ぶ♥ら~color角館・田沢湖・西木 burakara」30~40代の女性観光客(探すのが好きな女子)をターゲットに据え、地元女性の“自分たちの大好きなところ”を紹介している、とってもお得なプレミアムブックです。


 地粉が美味しい粋な農家のそば特集に始まり、グルメ、スイーツ、温泉、山歩きや農村体験、オススメの温泉宿や農家民宿、お土産などなど情報が満載です。
 またポストカードや仙北市のイケメン(※武家メン)特集など、ブックそのものが旅の思い出になるほか、最大1,800円相当の温泉や食に関する無料体験券や、「ぶ♥ら~color」を提示するだけでお得になる特典もたくさん付いて、1,050円です。
 
 販売施設等、詳しくは仙北市TIC「あきたtabiyori」ブログをご覧下さい。お取り寄せもできますよ。

※地元のみなさんへ♪→GWなど市外・県外からお友達がいらっしゃる際にオススメするときっと喜ばれます。そしてその機会を利用してぜひ改めて私たち仙北市の魅力をお得に再発見してみてはいかがでしょう?
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-17 18:04 | お知らせ | Trackback

農山村体験推進協議会H24総会を実施しました

 仙北市農山村体験推進協議会は、仙北市の自然的資源・文化的資源を活用した農山村体験による地域住民(人的資源)との交流を通じ、人間関係の築き方・人と人との関わりから「生きる力」や「学ぶ力」を身に付け、自然や食物に感謝する気持ちと思いやりの心が育まれるよう、教育的効果と農業・農村の交流人口の増加による地域活性化を目指し、2009年に設立した組織です。
 子ども農山漁村交流プロジェクトと秋田発・子ども双方向交流プロジェクトの窓口としても機能します。
 また、2011年からは規約を見直し、グリーンツーリズムや教育旅行全般にも活動の幅を広げ、県の委託事業等を活用した「農家民宿Twitterモニターツアー」や、「料理・お菓子作り講習会」を実施するなど、活動の幅を広げています。
b0219741_1441589.jpg

 平成24年4月16日にはH24年度総会が開催され、H23年度事業報告・収支決算と、H24年度事業計画・収支予算、役員の変更と、これにともなう規約の改正等が承認されました。
 また、構成員であるグリーン・ツーリズム西木研究会の会長の変更(泰山堂:藤井けい子さん→星雪館:門脇富士美さん)に伴い、当協議会の会長職も規約により門脇富士美さんに変更となっております。


 なお、新体制は下記のとおりです。

 会長:門脇富士美(グリーン・ツーリズム西木研究会・会長)
 副会長:田口久義(NPO法人田沢湖ふるさとふれあい協議会・理事長)
 副会長:佐藤裕之((有)田沢湖自然体験センター・代表取締役)
 監事:大和田しずえ((株)わらび座・営業企画室長)
 監事:安藤大輔((一社)角館町観光協会・会長)
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-16 14:26 | 農山村体験推進協議会 | Trackback

ふれ協「都市農村交流マップ」新版完成です

 仙北市農山村体験推進協議会のメンバーで、昭和40年代から教育旅行の受入をしている農家・民宿などで組織したNPO法人田沢湖ふるさとふれあい協議会(会長:田口久義)の「都市農村交流マップ」(平成24年3月版)が届きました。
b0219741_15163939.jpg

 A4サイズ両面三つ開きサイズのこのマップは、体験メニューの紹介や体験料等に関する情報の他、今回よりカラー化され受入農家・施設の顔写真も入ってますます距離の近さを感じるようになりました。また、平成23年度に取り組んだ農家民宿高齢者等支え合い拠点づくり事業によってAEDを設置した宿もひとめでわかるようになり、緊急時にもスムーズに対応できるような資料になっています。
b0219741_15181094.jpg


 資料等の請求は、NPO法人田沢湖ふるさとふれあい協議会(0187-43-3950・〒014-1201秋田県仙北市田沢湖生保内字宮ノ後27)、または農山村体験デザイン室へどうぞ。
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-16 08:15 | 体験受入団体等 | Trackback

【終了】むらっこ物産館「ばっきゃ祭り」

 今シーズンも営業を開始した田沢湖畔に近い産直「むらっこ物産館」では、毎月「旬の味覚祭り」が開催され、旬の食材をメインにしたメニュー等が販売されます。

 4月は「ばっきゃ祭り」。ばっきゃとはこのあたりの方言で「ふきのとう」のこと。ばっきゃ入りのコロッケ・揚げたて天ぷら・ばっきゃ味噌など、ばっきゃに関する料理を用意し、1鉢100円で提供します。
b0219741_10221371.jpg

 直売所にはその他、新鮮な山菜や農家手作りの品々がずらりと揃っています。

 H24年度ばっきゃ祭りは4/15(日)に終了しました→次回は5月20日(日曜日):山菜まつり

お問い合わせ先
むらっこ物産館:0187-47-2205


[PR]
by semboku_gt | 2012-04-15 11:00 | 農産物等直売所 | Trackback

【終了】ブルーベリー剪定講習会について

 今年6/29~30に予定されている「2012ブルーベリーin秋田with東北」(実行委員会事務局:みずほの里いきいきネット協議会)は、日本ブルーベリー協会の第17回全国産地シンポジウムの一貫として、全国のブルーベリー生産者や消費者、そこからつながる交流関係者などが集い行われるものです。
 生産者・グループを始め、JA、秋田県観光連盟等の他、秋田県、大仙市・美郷町と共に仙北市も実行委員となっています。

 この「2012ブルーベリーin秋田with東北☆実行委員会」が主催となって、下記のようにブルーベリー剪定講習会が開催されることになりましたのでお知らせします。

日時:平成24年4月15日(日)10:00~12:00
会場:エコニコ農園(仙北市田沢湖卒田字早稲田)
講師:横田清 先生(岩手大学名誉教授)

参加費等に関するお問い合せ・参加申込等は、
実行委員会事務局(担当:大和田)
 TEL:0187-44-3970 へどうぞ。
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-09 15:48 | お知らせ | Trackback

あきたTABIYORI2012春夏号について(仙北市TIC)

 仙北市T.I.C(県・市・民間の観光振興を図る合体機関)が、コーディネートする旅行商品が「あきたTABIYORI」です。
 グリーンツーリズムを含む体験型小旅行は仙北TIC「あきたTABIYORI」 をご活用ください。個人で手軽に楽しめるメニューをご案内しています

 また現在、TIC商品のあきた「田沢湖・角館」を楽しむ旅行商品プランを紹介したパンフレット「あきたTABIYORI春夏号」が発行されています。
b0219741_1339117.jpg
 秋田県内、県外の観光案内所ほか、TABIYORI事業所でも設置しております。
是非手に取ってご覧になってください。

 詳しくはリンク先、TIC「あきたTABIYOI」をご覧下さい。資料の郵送等についても相談に応じています。
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-09 13:37 | 仙北TIC | Trackback

デザイン室スタッフが変わりました

平成24年度人事異動に伴い、当デザイン室スタッフが下記のように変更となりました。

b0219741_1152355.jpg

H23年度スタッフ

室長(右)
係長(左)
主任(中)
この他、観光課(2)・TIC(3)に兼務職員



b0219741_11552441.jpg

H24年度スタッフ

室長(右)
係長(左)
主査(中)
この他、TIC(3)に兼務職員


 さらにネットワーク力と情報力を活かしのばしていく1年になりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by semboku_gt | 2012-04-02 12:00 | お知らせ | Trackback