仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

クニマスを通じた富士河口湖町での環境学習子ども交流事業の実施

 8/3(金)~8/5(日)の3日間、5人の仙北市内中学校生徒(生保内中学校より3年生3人・西明寺中学校より2年生2人)が、デザイン室及び北浦教育文化研究所職員と共に富士河口湖町に訪問し、クニマスを通じた交流等を実施します。
クニマス発見のニュースを受けて・・仙北市田沢湖潟の三浦さん:秋田県仙北地域振興局

 農山村体験デザイン室では、教育旅行等で評価の高い当市の自然体験、文化体験、農村体験に加え、クニマスの発見や3.11震災の経験をきっかけに、仙北市の豊富な再生可能エネルギー資源(水力・木質バイオマス発電)や、玉川からの田沢湖への導水の歴史、現代の中和施設などから学ぶ環境学習を、新たな体験型プログラムとして活用していこうとH23年度に情報の収集と企画を行いました。
 この環境教育を今後は教育旅行等における体験の4つめの柱としていく予定としており、本事業はその一環で行われるものです。
b0219741_16384486.jpg


 今回の中学生による訪問では、クニマスの稚魚観察、自然観察教室への参加及びクニマス学習発表、山梨県立博物館で開催中の企画展「クニマスは生きていた」鑑賞をするほか、仙北市の環境教育プログラムに関するPRを行います。

 特に8/4(土)には、富士河口湖町教育委員会主催の「自然観察教室」へ参加した後に、仙北市の中学生がクニマスに関する学習発表を行います。この自然観察教室には富士河口湖町の小中学生50人と外国人20人の参加が予定されています。
b0219741_1641140.jpg


 現在、参加する中学生5人は学習発表の準備を進めていて、7/21、7/28にも2名の講師の元で熱心に勉強をしました。
 滞在中の模様は、同行するデザイン室スタッフが、デザイン室のツイッター公式ID @semboku_gt でつぶやく予定としておりますので、ぜひご覧下さい。
b0219741_16443274.jpg


※8/5の山梨日日新聞毎日新聞山梨版にこの模様が掲載されました。

なお、仙北市のクニマスに関する情報はこちらをご覧下さい(仙北市総務部企画政策課)
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-31 07:00 | 教育旅行・子どもPJ | Trackback

あきた農山村・旬を感じるツアー:H24・Twitterを活用した農家民宿モニターツアーを実施します

 仙北市農山村体験推進協議会(事務局:仙北市農山村体験デザイン室)では、昨年度に引き続き、ツイッターモニターツアーを実施します!

 農家民宿で過ごす1泊2日を、モニター旅行者自身がTwitterやfacebookを使ってリアルタイムにつぶやくことで、そこで感じた感動そのものがコマーシャル効果をもつような仕掛けをこらしたモニターツアーです。
 農業体験・郷土料理づくりなど農家とお客さんとの交流、その前後に行う他のアクティビティ(カヌー体験や伝統工芸体験など)や、農家レストランでの食事など、モニター目線の楽しさや喜びが、それを見ているオンラインユーザーとリアルタイムに共有されます。つまり、新しい何かを作り出すことが主ではなく、今あるものの価値や楽しみ方を今までとは違う手法で伝える、というところが、このモニターツアーのポイントです。
b0219741_21135194.jpg


 今年は各回毎に1グループ1~5名まで。平成24年度内に計6回開催を予定しています。

 モニターのつぶやきについてはデザイン室が積極的にリツイートするほか、つぶやきには共通ハッシュタグ(#semboku_gt)を付加していただき、モニターツアーそのものが効果的なPRとなるよう、モニターに選ばれた方に於いてはご協力をお願います。
b0219741_21152871.jpg


 このモニターツアーに係る宿泊代、体験料及び現地までの移動経費はご負担頂きますが、下記条件を満たした場合に限り、1グループにつきモニタリング謝礼1万円をキャッシュバックします。なお宿泊代・体験料は宿や内容により各回毎に異なります。

<条件>
 1)申込者がツイッター及びFacebookユーザーであり、Twitterではデザイン室ID @semboku_gt をフォローしていること(ツイッターユーザー、ツイッターとfacebook両方のユーザーは可。Facebookのみユーザーは適用外です)。
 2)期間中はご自身のモバイルツール(スマートフォン・携帯電話等)で、リアルタイムな書き込みが可能な方が、グループ内に申込者を含めて最低1人おり、努めて書き込みを行えること(ツイッターでは文末にハッシュタグ #semboku_gt を付記すること)。
 3)グループメンバーは協議会により企画された内容の宿泊場所に宿泊し、予定された体験メニューをこなすこと。
 4)グループメンバーは、オンライン上で記載する場合の名前はハンドルネームでも本名でも構いませんが、画像付き投稿の際は、顔が映ることについてはご了解いただけること。また投稿した画像については後日デザイン室のブログへの転載をご了解いただけること。
 5)実施後にはアンケート調査にご協力いただけること。

<応募方法> 
 タイムライン上で @semboku_gt あてに #semboku_gt をつけて「応募したい」とつぶやくことで、手続きについて案内します。応募多数の場合は当協議会において選出します。
 各回の募集については、このブログとツイッターを中心に掲載していきますので、よろしくお願いいたします。
またモバイルWifi機器の貸出については別途ご相談ください。

 農山村・グリーンツーリズム・農家民宿等の魅力を伝える新しい取組にご期待下さい。
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-30 21:00 | 旬を感じるツアー | Trackback

田沢湖エリアAEDマップ(農家民宿高齢者等支え合い拠点作り事業)

 農山村体験デザイン室では、農山村地域に点在する農家民宿の特異性を活かし、農家民宿を地域における安全・安心・情報拠点として位置づけ、新しい機能・役割を担えないかと受入団体等と共に取り組んできました。

 平成23年度には農家民宿高齢者等支え合い拠点づくり事業により、仙北市田沢湖エリアにおいてAEDの設置と、AEDマップづくりをNPO法人田沢湖ふるさとふれあい協議会と当デザイン室とで実施しました。
b0219741_10282387.jpg


 心停止・呼吸停止など生命の危機的状況に陥った傷病者がいた場合、できる限り早い救急への通報とともに、救急隊が到着するまでの一次救命処置として心肺蘇生とAEDによる電気ショックを行い、救急隊よる二次救命処置に引き継ぐ「救命の連鎖」が重要であると言われています。
 教育旅行をはじめとして体験型の旅行形態が増加している昨今、イザという時に備えてAEDがどこにあるか、そしてそのイザという時が来た時には恐れることなく目の前のビクティムを救う手助けができるよう、を普段から意識しておくことが重要です。

 AEDマップについてはこちらからダウンロードできます。
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-30 10:29 | 安全・安心情報 | Trackback

【TV番組速報!】TV番組「わがまま!気まま!夢気分」の放送について

 去る6/25にマギー審司さんブラボー中谷さんのお二人を迎え、樺細工伝承館にて撮影のあった樺細工体験及び仙北市内でのさまざまな交流や温泉の魅力を伝えるフジテレビ系列の番組「わがまま!気まま!夢気分」について、放送日が決まりました!
 全国ネットは7/28のBSフジのみとなります。
b0219741_2211432.jpg


【衛星放送】・・放送終了
 BSフジ 7/28(土)11:00~11:55 「わがまま!気まま!夢気分」

【地上デジタル放送】
 AKT秋田テレビ(フジ系列の秋田県内局)
  7/29(日)9:30~9:55 「jumpin'」で「わがまま!気まま!夢気分」の番宣放送
  8/4(土)15:00~15:55「わがまま!気まま!夢気分」


 山形さくらんぼテレビ 8/5(日)13:00~13:55「わがまま!気まま!夢気分」
 福島テレビ 8/16(木)25:20~26:15「わがまま!気まま!夢気分」
 岩手めんこいテレビ 9/2(日)15:05~16:00「わがまま!気まま!夢気分」

b0219741_22137100.jpg


撮影の様子は6/25のデザイン室Twitter @semboku_gtのつぶやきこちらの動画をどうぞ。

樺細工体験は仙北市農山村体験デザイン室を通じて会場・職人の日程等を調整をすることで、みなさんも体験することができます。ぜひお問い合せください。
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-27 22:05 | お知らせ | Trackback

仙北市を「歩いたり、アウトドアアクティビティで楽しんだり」

 7/21~23まで、訪日旅行関係者の方々が仙北市ほか近隣市町村を訪れて、周遊・アウトドアアクティビティに挑戦したり、農家民宿やキャンプ場などを体感視察しました。


 一行は角館の桧木内川堤から武家屋敷通り、さらに外町へ抜けて安藤醸造元に寄ると言った街めぐり、緑あふれるトトロに描かれた世界のような農山村風景を眺めながら農山村周遊、さらにはキャンプやサイクリング・カヌーを体験したり、深緑の乳頭温泉郷・空吹湿原をトレッキングするなど、短い期間にたくさんの情報を吸収し、今後に活かしていこうと積極的な方々でした。
 また、農家民宿に宿泊し、農家の魅力的な料理や話を聞いたり、農家レストランでは打ちたての地そばを食べたり、石窯ピザのアツアツの味を味わったり。

 今後が楽しみですね。

b0219741_14595252.jpg

b0219741_1502424.jpg

b0219741_1504719.jpg

b0219741_15112100.jpg

b0219741_1515554.jpg

b0219741_1521822.jpg

b0219741_1525294.jpg


歩いてみて、改めて気付く地域の資源の豊富さ。
集団型ツアーから、インバウンド、着地型、個人型というのが求められている理由が、なんとなく見えてきます。
ここで暮らす私たち市民発の情報が、これからは最大のPRツールですね。
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-24 15:18 | 体験メニュー | Trackback

ぶ♥ら~color角館・田沢湖・西木 burakaraサイトと動画発信!

 仙北市食農観ビジネス実践プラン推進委員会が、地元在住の女性等によるメンバー(姫マップワーキングチーム)を募って作成、4/17から販売開始となった「ぶ♥ら~color角館・田沢湖・西木 burakara」
b0219741_1326154.jpg


 デザイン室 @semboku_gt や仙北市TIC @akitatabiyori も制作陣に加わり、市民スタッフのみなさんと一緒に作り上げてきたこの冊子は、今後も地元目線でこだわりの仙北市の魅力を伝えていこうと、ポータルサイトによるWEB展開も少しずつ取り組んでいます。

 今回、情報提供の第一弾として、高山植物の美しい初夏の駒ヶ岳を、burakara山ガールが登山してきた動画をアップしました。ぜひごらんください。



なお、デザイン室でも体験プログラムとしてトレッキングを紹介しています。
また、仙北市TICでは、お得で便利なパッケージプラン「ベストシーズン!!秋田駒ヶ岳登山と乳頭温泉郷トレッキング<1泊2日>」をオンラインでオーダー出来る商品として取り扱っています。

美味しい空気、美しい景色、可憐な高山植物、もちろんトレッキング後のグルメや温泉も楽しめる、仙北市の農山村・自然エリアでのアクティビティ、ぜひご堪能下さい!
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-18 13:43 | お知らせ | Trackback

【募集締め切りました】仙北市の2012年の秋田発・子ども双方向プロジェクト

 <最新版はこちら

 地元の方とふれあいながら様々な体験を通して子ども達の豊かな人間性や社会性を育むことを目的とした「秋田発・子ども双方向プロジェクト」を実施します。
 今年度は仙北市関係では、8月に女川→仙北市、11月に仙北市(中川小4・5年)→東京の2事業が実施されます。
 
 なお、8月に実施予定の女川交流については、仙北市農山村体験推進協議会が事業主体となり、昨年度の震災避難が縁で始まった交流先、女川町の小学生1~6年生の18名を迎え、以下の概要で実施します。

<日 程>
  平成24年8月8日(水)~8月10日(金) 3日間(時間は大まかな目安)

8月8日(水) 女川町出発(8:00)→(途中昼食)→田沢湖着(13:00)→田沢湖畔カヌー体験・石窯ピザ作り体験→田沢湖高原ホテル(泊)→宿泊施設にてイタヤ細工体験

8月9日(木) 農家体験(きりたんぽ作り、農業体験、等)→農家民宿泊

8月10日(金) 農家で郷土料理作り(昼食、朝食)体験→踊り体験(受入農家へ披露)→昼食→仙北市出発(14:00)→女川町着(18:00)
   
 この女川交流については、8/8のカヌー・石窯ピザ作りのみとなりますが、仙北市内小学校1~6年生10名との交流も行います。
 (田沢湖キャンプ場に現地集合現地解散。交流参加費1000円+保険料200円の計1200円を当日支払いとなります)


<申 込>
 締め切りました7/17発行の広報せんぼく折込の総合産業研究所発行「S☆mail通信・第15号」をご覧下さい。

<問い合わせ先>
  〒014-0592 秋田県仙北市西木町上荒井字古堀田47
    仙北市役所西木庁舎 農山村体験デザイン室内
    仙北市農山村体験推進協議会 (事務局 担当:田口聡美)
        電話0187-43-3353・FAX0187-47-2116

 なお、中川小学校が事業主体となる11月の中川交流は、昨年度同様に上板橋第4小学校との交流や「採れたて村」でのお米の販売体験などが予定されています。
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-17 11:10 | 教育旅行・子どもPJ | Trackback

【終了】People to People Student Ambassador Programs 笑顔と涙の4泊5日

七夕の夜、7/7から受入の始まったPeople to People Student Ambassador Programs。
b0219741_1819189.jpg

ひとまずツイッターでリアルタイムでつぶやいている画像をみるには、

公式ID@semboku_gtの画像投稿(Twitpic)
や、ハッシュタグ #semboku_gt をご覧いただくと楽しめます。

b0219741_18202328.jpg
b0219741_1201098.jpg


 引率者も含めて69名が仙北市内の農家17軒に分かれて、3泊4日農家滞在しました。各農家ではゆっくりとしたスケジュールの中でさまざまな交流と生活体験を行いました。
b0219741_161424.jpg


7/9は市内5つの小学校(神代・西明寺・中川・角館・白岩)に訪問、日本文化を児童から習ったり、会話したり。(神代小学校の様子は「秋田花まるっGT推進協議会ブログ」を参照
b0219741_1140408.jpg


7/10には県庁に知事表敬訪問。サプライズのなまはげも大人気でした。(背の高い生徒二人に両側から挟まれ、まるで小さくなってるなまはげがかわいいです。
b0219741_1202978.jpg
b0219741_1204832.jpg


そして農家と笑顔と涙の別れの時を迎え、習いたての豊年太鼓を披露するみなさん。


涙と笑顔。仙北市の農家・農家民宿交流が、農作業等の体験を一番の目的にせず、農家での生活を通じた心の交流、農家とのふれあいを大切にしてきたのは、まさにこの瞬間のためなのです。この充実感はお金のためではなく、「農家」」として、これからも農業を続けて行く心の糧になっているのです。
b0219741_11434131.jpg


一行は7/11の朝、無事に仙北市を旅立っていきました。
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-17 10:32 | インバウンド | Trackback

【終了】かたくりの里 夏祭り

 春はかたくり、夏はホタルと殿さまあゆ、秋には西明寺栗と、年間を通じて魅力的な宝にあふれる仙北市西木町にある仙北市活性化施設「かたくり館」では、7/15に恒例の「かたくりの里夏祭り」が開催されます。
b0219741_1563995.jpg


 地元の小山田ささら、くりっこ太鼓などの演芸の発表、フォルクローレバンド演奏、その他夏祭りの楽しみ屋台などが楽しめます。
 また、なんと浴衣で来場した方には、かき氷を1杯サービスするそうです。面白い取組みですね。

 「かたくりの里夏祭り」は7/15(日)12:00〜仙北市活性化施設「かたくり館」広場にて。

※かたくり館では伝統の「鎌足和紙」の紙すき体験ができます(要事前予約)

 秋田内陸縦貫鉄道「あきた美人ライン」の八津駅から徒歩2分。


仙北市活性化施設かたくり館
〒014-0516 秋田県仙北市西木町小山田字八津249-1 
電話 0187-47-3535(FAX兼)
[PR]
by semboku_gt | 2012-07-14 15:10 | イベント情報 | Trackback

【終了】むらっこ物産館「ミズ祭り」

 4月から営業を開始している田沢湖畔に近い産直「むらっこ物産館」では、毎月「旬の味覚祭り」が開催され、旬の食材をメインにしたメニュー等が販売しています。

 4月の「ばっきゃ祭り」、5月の「山菜祭り」、6月の「たけのこ祭り」と続き、7月は「ミズ祭り」(7/15・日11時~15時)
b0219741_10123883.jpg

 ミズとは「ウワバミソウ」のこと。ジメジメとしてウワバミ(大蛇)が出そうなところに生えるからとかさまざまな由来があるこの山菜、名前は物騒ですが、日本各地に分布(西日本のものはヒメウワバミソウ)していて、春から秋まで長い間楽しめる上に、アクもなく調理方法もさまざまな美味しい美味しい山菜の1つです。

 今回のミズ祭りではそんなミズに関する料理を1鉢100円で提供します。
 直売所にはその他、新鮮な山菜や農家手作りの品々がずらりと揃っています。

仙北市イベント情報

 物産館の営業時間は、9時から17時ですが、イベント開催時間は11時から15時となっていますのでご注意ください。

お問い合わせ先
むらっこ物産館:0187-47-2205


[PR]
by semboku_gt | 2012-07-13 10:11 | 農産物等直売所 | Trackback