仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

‎101年日本文化體驗教育旅行學習單佳作(士林高級商業職業学校)

 今年度(平成24年度)からの新規事業として実施してきた「歓迎再来!台湾からの修学旅行誘致促進事業」による誘致活動などを通じて、その第1号として平成24年11月18日~20日の2泊3日で仙北市に修学旅行で訪れて下さった台北市立士林高級商業職業学校の生徒のみなさん。

 士林高商の修学旅行
 
 その生徒のみなさんによる学習レポートが、士林高商の公式サイトの風樓剪影(ギャラリー)にて、現在公開されています。
b0219741_1430017.jpg


 仙北市内でのホテルの温泉体験、角館高校との生徒交流、農家民宿での農家との家庭的な交流、しょうゆソフトや武家屋敷体験などを、ときおり日本語も交えながら書いてくれています。
 
 ぜひ、ご覧下さい。

 101年日本文化體驗教育旅行學習單佳作
 101年日本文化體驗教育旅行交流紀實
[PR]
by semboku_gt | 2013-01-31 14:36 | 台湾関連 | Trackback

【受講生募集】第3回グリーン・ツーリズム花まるっ大学

 仙北市も正会員であるNPO法人秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会が実施している「グリーン・ツーリズム花まるっ大学」の案内が届きました。

 今回は第3回目で、H24年度に協議会がNPO法人に認証されたことを記念して、「グリーン・ツーリズム 食の博覧会」として開催します。花まるっ大学は原則的には年間を通じた受講を推奨していますが、今回からの受講も可能ですので、仙北市からもぜひ受講をお勧めします。
 年間受講料は一般は5000円ですが、協議会会員である仙北市民の受講は無料です。
b0219741_17155567.jpg


平成25年2月18日(月)11:00~15:00
秋田県ゆとり生活創造センター遊学舎「会議棟」
 (秋田市上北手荒巻字堺切24-2)


(1)「グリーン・ツーリズム 食の博覧会」
   参加者が一品持ち寄りした料理をみんなで試食し、参加者同士の交流を通じて地域の食を学びます。
(2)「他県の取組から学ぶ」
   栗原市の魅力を体験と交流を通じて伝える"くりはら博物館らいん"等、宮城県栗原市の活動団体の取組を学びます。
(3)一年間のまとめ  

 仙北市内にお住まいの方で、グリーン・ツーリズムや農家民宿・農家レストランの開業や受入グループの設立、ネットワーク作りなどに興味ある方、もちろんグリーン・ツーリズムファンの方(ぜひ賛助会員に!)は、ぜひ受講をオススメします。

 詳細については、花まるっGT協議会のHPをご覧ください。
[PR]
by semboku_gt | 2013-01-29 17:17 | 秋田花まるっGT協議会 | Trackback

第5回もちっこバイキングが終了しました。

b0219741_13251877.jpg
 30種類ものバリエーションでお迎えする恒例の「もちっこバイキング」。そして付け合わせの鮮やかながっこ。
 5年目となったグリーン・ツーリズム西木研究会(門脇富士美会長)主催の体験型イベント「もちっこバイキング」が今年も終了しました。(今年度は初めて仙北市が後援に入りました)
b0219741_17375168.jpg

 さまざまな年中行事において、お餅を食べる風習があったこの地域。数年前、民俗研究家の結城登美雄さんを招いた勉強会の際に、各家庭に伝わるその味をみんなに伝えていこうと盛り上がり、このイベントが始められたそうです。
b0219741_1328558.jpg
b0219741_17382590.jpg

 今回の参加者は42名。前日の大雪の影響で雪寄せ作業があったのか、来る予定にしていた方の中にも急遽来れなくなった方もおりましたが、集まった方々は、仙北市内はもちろん、秋田市や横手市、湯沢市、由利本荘市などの他、内陸線あきた美人ラインを使って北秋田市からも多くのお客様が集まり、もっちりもちもちとしたもちっこをつつきつつ、弾む会話から生まれる温かい笑顔で包まれました。
b0219741_13335631.jpg
b0219741_17403677.jpg

 会場ではもちつき体験の他、研究会のお母さんが一緒になっていろいろな種類のもちっこをつくっていきます。教育旅行の受入だけでなく、地域の食、歴史、文化などさまざまな分野でこのお母さん達はつながりをもちながら活動を続けています。
b0219741_13273319.jpg

 目と舌とで味わいながら、地域の文化や話をゆっくり学ぶもちっこバイキング。遠くからお越しいただいた方々ありがとうございました。

デザイン室Facebook(試験運用中)ではアルバムも掲載しています。
[PR]
by semboku_gt | 2013-01-29 13:37 | イベント情報 | Trackback

グリーンツーリズム西木研究会のエプロンづくり

 昨年度はこの時期に「牛乳パックを使った椅子づくり」を自主研修で実施したグリーン・ツーリズム西木研究会のみなさん。
 今年度はみんなで「エプロンづくり」を実施したそうです。今年はスタッフの都合が付かず、取材に行けませんでしたが、画像を入手しましたので、その模様をお伝えします。
b0219741_1125555.jpg
農家民宿だけでなく、体験受入をしている農家や、美味しい郷土お菓子などを作っている女性農家がたくさんいます。

b0219741_1245040.jpg
このエプロンはイベントなどで使用するそうです。デビュー日は1/23(JR東日本びゅうトラベルサービス主催の「秋田内陸縦貫鉄道「ごっつお玉手箱列車」と打当温泉マタギの湯・世界遺産平泉」)となるそうです。

b0219741_1458140.jpg
出来上がり。モデルは農家民宿のどかの高橋由希子さん

b0219741_14584862.jpg
こちらは1/23のツアーの様子。モデルは農家民宿星雪館の門脇富士美さんと農家民宿泰山堂の藤井けい子さん
[PR]
by semboku_gt | 2013-01-21 12:56 | 体験受入団体等 | Trackback

ぜひお越し下さい!恒例行事「第5回もちっこバイキング体験」

b0219741_9274981.jpg

 農家のお母さん達と一緒にお餅をついて、30種類以上のお餅料理をみんなで食べるもちっこバイキング体験です!皆さんどうぞご賞味ください!

■日 時 1月27日(日)11:00~ なくなり次第終了

■場 所 かたくり館(西木町小山田字八津249-1)


■体験料 お一人1,000円

■主 催 グリーン・ツーリズム西木研究会
 後 援 仙北市役所(農山村体験デザイン室)

■問合せ グリーン・ツーリズム西木研究会会長
      (農家民宿「星雪館」門脇富士美)
      電話 0187-48-2914
      FAX 0187-48-2977

 ※申込みは不要ですが、5名様以上の場合は、事前にお知らせください。

b0219741_9272793.jpg

 恒例となった体験型イベント「もちっこバイキング」は5回目を迎えました。
 さまざまな年中行事において、お餅を食べる風習があったこの地域。数年前、民俗研究家の結城登美雄さんを招いた勉強会の際に、各家庭に伝わるその味をみんなに伝えていこうと盛り上がり、このイベントが始まりました。

[PR]
by semboku_gt | 2013-01-18 10:17 | イベント情報 | Trackback

【終了】秋田の雪まつりin有楽町

明日からは有楽町駅前に秋田が登場!!

b0219741_17344646.jpg


秋田の雪まつりin有楽町」には、ぺんしょん孫兵衛さん、受入農家小田島さん、川魚の茶屋さん、お菓子な花豆プロジェクトが仙北市ブースで登場します。

また森の駅産直庵のアルクさんがきりたんぽをお届けします!
[PR]
by semboku_gt | 2013-01-11 17:37 | イベント情報 | Trackback

仙北市産小麦ネバリゴシを使った「しあわせコロッケパン」誕生

b0219741_1753822.jpg
 仙北市総合産業研究所では、平成23年度から「S・mail(スマイル)通信」などを通じて、仙北市産の小麦「ネバリゴシ」を紹介、地粉を使った料理のレシピや商品開発をすすめてきました。
 その結果、うどん、ラーメン、バーガーのバンズ、ピザ、ケーキ、チャパティ、地ビールなどが提案され、実際に仙北市内や近隣市の各店などでも販売されています。
b0219741_1752482.jpg

仙北市産小麦(ネバリゴシ)の地粉を使ったレシピ(2012年3月公開記事)
こちらなど。

 この度、このネバリゴシをバンズに使った新たな惣菜パンを開発、販売にこぎつけてくださったのは、仙北市角館町の「ルーシーカンパニー」。
 すでに仙北市産の粒みそを用いたソースや地元産野菜、県内産豚肉などを使ってネバリゴシで作ったバンズにはさんだ「かくのだてバーガー」が好評のルーシーカンパニーですが、今回、中の具材に男鹿市の手作りデリカ「グルメストアフクシマ」の手作りコロッケを使った「しあわせコロッケパン」を1/3より発売開始しました。(サイズは2種類)
 この商品は、同世代の二人、ルーシーの鈴木さんとフクシマの福島さんとが生み出したコラボレーション作品。2013年の新春、お互いの思いがこもった至極の味が誕生しました。
b0219741_1755519.jpg
 地域の農産物と食を守りつなぐこのような取組、ぜひご支援ください。
 なお、グルメストアフクシマでは、鈴木さんが福島さん向けに特注で製造したバンズを用いた「フクシマコロッケパン」としてまた違う味で展開しているとのこと。仙北市産のネバリゴシが男鹿でも味わえます。
[PR]
by semboku_gt | 2013-01-08 17:18 | お知らせ | Trackback