「ほっ」と。キャンペーン

仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

【6/2終了】田んぼアート@仙北市小松・東前郷地区の田植え

 農地・水・環境保全向上対策の一貫で、5年前より仙北市の小松・東前郷環境保全協議会が取り組んでいる「田んぼアート」。
b0219741_955817.jpg


 昨年度のデザイン原画は「クニマス」。雄大な駒ヶ岳と深い田沢湖の中で、大きなクニマスが元気よく跳ねている様を表していました。田植えには5種類の苗。雄大な自然を表す背景の緑色には通常のあきたこまち、そしてその他に古代米など黄色や深緑、紫などのお米が育つように苗を分け、事前に田んぼに下描きしておいた目印に習って、ていねいに手植えをした結果、緑に輝く田んぼの湖の中で、見事にクニマスが跳ねました。
b0219741_981540.jpg
(2012.8/1撮影) ほか昨年の様子はコチラ

 今年は昨年と同じ位置、内陸線あきた美人ライン沿線。角館を出て国道46号線バイパスを越えてしばらくのところで列車から左手を見下ろせば、田んぼアート会場です。(下記地図を参照ください)

実施予定日は2013.6/2(日)
冷たいぬるっとした田んぼに足を差し入れながら、秋の豊作を夢見てみんなで、ぜひ一緒に汗を流しましょう。

 秋にかけて見事な田んぼアートが出現することに期待しています。デザイン室でもTwitter (@semboku_gt)を中心に定期的に成長の様子をお伝えする予定にしています。お楽しみに。


[PR]
by semboku_gt | 2013-05-29 09:12 | イベント情報 | Trackback

5月29日は「チャレンジデー2013」

明日は全国一斉チャレンジデー2013!
3回目の参加となる仙北市、今年の対戦市町村は人口規模が同程度の自治体ということで、「福島県会津坂下町」(あいづばんげまち)です。
b0219741_148751.jpg


チャレンジデーとは・・・
午前0時~午後9時までの間に継続して15分以上運動やスポーツ等を行った住民の参加率(%)を対戦自治体と競うもの。
ご自身で、友人や家族を誘って気軽にスポーツや軽作業、家事など、15分以上の運動なら、なんでもOKです。参加しやすいイベントなども用意されていますので、市民みなさんで取組みましょう。

農作業で身体を動かしている方も、もちろん参加表明・報告して下さいね!!
報告方法は下記のとおり
b0219741_14132712.jpg


お問合せ:仙北市チャレンジデー実行委員会事務局 ℡0187-43-3390

ちなみに、デザイン室・総合産業研究所では、チャレンジデー2011でグリーンカーテンづくりに挑戦しました。
b0219741_14145124.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2013-05-28 14:13 | お知らせ | Trackback

English/Korean/Chinese Maps of Semboku/Akita

English, Korean, Chine Maps to enjoy the Semboku/Akita is now available.

b0219741_11511332.jpg


[English]
1)Semboku tour map http://j.mp/12zE3HB
2)Kakunodate map http://j.mp/Zhbulk
3)about "4YuPass" http://j.mp/12zEMZg

*"4YuPass" is... ride as many times as you want on four different kinds of transportation-Akita Nairiku Line, Local Bus, Sightseeing Boat on Lake Tazawa and Shared TAXI- in Lake Tazawa/Kakunodate Area.


[Korean 한국어]
아키타현 센보쿠시를 즐길 수있는 한국어지도 사용할수 있습니다.

1) 아키타 관광지도 http://j.mp/12zFjKM
2) 가쿠노다테지도 http://j.mp/ZhbUIA
3) "4YuPass"http://j.mp/12zFrdb
* "4YuPass"
이 지역에서 교통의 네가지 종류(아키타 내륙선,로컬 버스,유람선,승합택시) 몇번에서도 탈 수 있습니다.다만,택시는 마츠바역,시라하마,또는 타츠코상 간의 편도 한번만 사용할 수 있습니다
자세한 내용은 조책자 내용을 확인하십시오


[Traditional Chinese 中國傳統]
中國地圖享受在秋田縣仙北市現已推出。

1)仙北市旅遊地圖 http://j.mp/ZhgUNp
2)角館地圖 http://j.mp/Zhh47w
3)"4YuPass" http://j.mp/10WEzhj
"4YuPass"你可以騎多次,你想在四種不同類型的運輸(秋田內陸線,本地總線,共享出租車,觀光船)在這個區域。


[Simplified Chinese 简体中文版]
中国地图享受在秋田县仙北市现已推出。

1)仙北市旅游地图 http://j.mp/12zFTYM
2)角馆地图 http://j.mp/10WD4Q3
3)"4YuPass" http://j.mp/10WDmGG
"4YuPass"你可以骑多次,你想在四种不同类型的运输(秋田内陆线,本地总线,共享出租车,观光船)在这个区域。


Real stuff you can take.
Semboku City Tourist Information Center "Kakunodate Ekimae-Gura"
(In front of Kakunodate Station)


Semboku City Tazawako Tourist Information Center "Folake"
(In Tazawako Station)

[PR]
by semboku_gt | 2013-05-24 11:50 | お知らせ | Trackback

仙台市立三条中学校の農家体験

b0219741_10222840.jpg
涙のお別れも、きっと人生の糧になります


 5/17、仙台市立三条中学校二年生87名が農家体験にきてくれました。
 この日は天気もよく農作業日和。仙北市内の農山村で、たくさんの笑顔の交流がありました。

b0219741_1024666.jpg
こちらの農家で体験してる生徒達は、アイスプラントの苗と、ジャガイモの種いも、スイカの苗を植える作業。
アイスプラントは塩水でも育ち、プチプチとした食感とほんのり塩気のある味が美味しい野菜。みなさんがんばってますね〜。
b0219741_10242738.jpg
こちらの農家では、つなぎを借りてみんなでポーズ。ユニフォーム着て俄然やる気の出てきたみなさんです。
b0219741_10244157.jpg
こちらの農家では畑作業の後、水路にみんなで浸かり、おかあさんから長靴をジャブジャブと洗ってもらいました。庭にある木蔭でお昼ご飯を食べたりして、みんなで農家の春を楽しんでました。
b0219741_10332110.jpg
冒頭のお別れ泣き泣き写真の生徒たち。お別れするのは寂しいけれど、きっとまたいつか会えるねと、笑顔でポーズ。

仙北市デザイン室では、「農作業体験」とは言わずに「農家体験」「農村体験」と言った表現を使うようにしています。これには、農家の暮らし・農村空間そのものの体験でありたい、そして笑顔の交流を大切にしたいという思いを込めています。

b0219741_10335761.jpg
宿泊は田沢湖高原水沢温泉郷の田沢湖スポーツセンターでした。体育館を併設した施設で、生徒たちはフリスビーを使ったドッチボール「ドッチビー」のクラス対抗戦で大盛り上がり。この後は真っ白い温泉に浸かってぐっすり。

いつかまた、仙北市のみんなに会いに来てね。
[PR]
by semboku_gt | 2013-05-22 10:50 | 教育旅行・子どもPJ | Trackback

秋田市の羽後日産ガーデンマルシェに仙北の物産が出ました

 5/18,19と2日間で秋田市保戸野の新国道沿い秋田中央郵便局並びにある羽後日産モーターで、仙北市の野菜や漬物、山菜、角館バーガーや手作りピクルスなどの直売=ガーデンマルシェがありました。

 今回は、仙北市の久太郎(漬物)、ルーシーカンパニー(かくのだてバーガー、しあわせコロッケパン、かくのだてバーガー限定チーズ)、孫兵衛(自家製ピクルス、ジャム、古代米、山菜)、川魚の茶屋(イワナ、鯉の甘煮など)、はなっこ市(山菜、漬物、餅など)のほか、西明寺栗の渋皮煮、西明寺の野菜(中には三条中学校の農家体験で生徒が収穫した佐藤さんちのアイスプラントも!)などならびました。
b0219741_18344117.jpg


 また、初日はラジパルの中継も入りました。

 今後も毎月第三土日に県内の各店舗をめぐりながら開催するそうです。
[PR]
by semboku_gt | 2013-05-21 18:35 | イベント情報 | Trackback

【5/25~6/2】生保内公園つつじ祭り

 秋田新幹線田沢湖駅から近い仙北市生保内(おぼない)エリア。
 生保内盆地を見下ろす小高い生保内公園に、1千株1万本といわれる自生レンゲツツジが咲き誇ります。
b0219741_18481663.jpg

 5/25~6/2までの祭り期間中には夜間の電飾なども行われます。また野外ステージで郷土芸能ショーなどが開催されます。新緑の仙北市、青い田沢湖と抱返り渓谷、そしてこの季節ならではのレンゲツツジをぜひお楽しみ下さい。

開花情報などは、仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」へ(電話:0187-43-2111)
詳細はこちらのチラシをダウンロードください→生保内公園つつじ祭りチラシ(PDF:279KB)

 もちろん、ツツジを楽しんだ後は、農家レストランでランチ、あるいはゆっくり農家民宿でお泊まりをどうぞ。


[PR]
by semboku_gt | 2013-05-21 08:59 | イベント情報 | Trackback

環境学習研修プログラム「クニマスから学ぶ未来」について

 仙北市農山村体験デザイン室が設置されて3年目の春。私たちは今、体験型旅行における農家体験・自然体験・文化体験の3本柱に加え、新たな柱「環境学習」を今年度から本格的に打ち出し、仙北市を「学び旅」の場にしようと取組を始めています。
b0219741_14475025.jpg

【私たちは今後、環境学習がますます重要になると考えています】
 地球温暖化、生物の絶滅、気候変動…毎日のようにニュースで取り上げられています。また、先の東日本大震災では、私たちの生活がいかにたくさんの資源やエネルギーの上に成り立っているのか気付きました。これから日本や地球の未来を担う生徒たちは、自然と人間の関わりを学び、考え、行動する学習(環境学習)がますます重要になると考えています。

【旅のチカラ = ヒト、モノ、ココロを動かすチカラ!】
 「修学旅行で環境学習は時間が短すぎるのでは」と思われるかもしれません。私たちは『旅』は、ヒト、モノ、ココロを動かすチカラがあると考えています。修学旅行は普段の空間から離れる、非日常空間。だからこそ学べること、心に響くことがあるのではないか、子どもたちを動かすきっかけになるのではないか、そう考えています。
 その生きた教本がクニマスです。仙北市でクニマスの絶滅と再発見から、環境について改めて考えてみて下さい。
b0219741_17113547.jpg


 そう。ここ仙北市には玉川からの田沢湖への導水とクニマスの歴史、玉川酸性水の中和施設、玉川ダムや豊富な再生可能エネルギー資源(水力・小水力発電所、木質バイオマス発電所)、秋田駒ヶ岳火山防災ステーションなど、聞き、観察し、考えるための学びのタネがたくさんあります。

 これらを組み合わせた環境学習プログラムを活用した教育旅行や研修などを実施したいという方々向けに、今回作成したのが「環境学習研修プログラム:クニマスから学ぶ未来」の冊子です(A5横20ページ)。
b0219741_1526530.jpg

 クニマスが田沢湖において絶滅に至った経緯、クニマスの特徴、山梨県などに養魚用の卵が分けられた歴史などクニマスに関する簡単な解説とそれを実地で学べるモデルコースの紹介に加え、仙北市内にある再生可能エネルギー関連施設や取組の紹介、下記のような組み合わせるとより効果的な体験活動プログラムなどをまとめました。学校関係者や旅行エージェントのみなさんには、この冊子をベースに具体的なご相談をデザイン室にいただきながら、教育旅行の組立作業をしていただけるようにしています。(体験プログラムについては「仙北市体験ガイドマップ」「体験メニュー」カテゴリもご参照下さい)
b0219741_179654.jpg

【企業研修等】
 また、クニマスや再生エネ以外にも、茅葺き民家、雪、地産地消・・などなど、エコや生き方暮らし方を考えるきっかけとなるタネもまたたくさんあることから、これらを組み合わせた企業の福利厚生事業や社員研修などにも活用いただけるプログラムも紹介しています。
b0219741_15264395.jpg

【冊子・データについて】・・PDFデータ DL
 現在、秋田県内市町村教育委員会等を通じて学校等に配布しているほか、仙北市への教育旅行の多い、仙台・札幌・函館圏などを中心に学校と旅行エージェントに冊子の配布を始めています。なお部数に限りがあるため、PDFデータもダウンロードして活用下さい(圧縮かけているため画質は劣ります)。

【経緯】
 仙北市農山村体験デザイン室では、2011年度事業で教育旅行等で評価の高い本市の自然体験、文化体験、農村体験に加え、クニマスの発見や3.11震災の経験をきっかけに、新たな体験型プログラムとして活用していこうと情報の収集とモニター企画の実施をJTB東北法人営業秋田支店の協力を得て行いました。
 また、その成果を受けて2012年度には、この成果を元にクニマスを通じた富士河口湖町での環境学習子ども交流事業を実施。仙北市立生保内中学校及び西明寺中学校の5人が富士河口湖町に行き、現地の小学生に向けた学習成果発表を行うと共に、富士河口湖町・山梨県の取組みについて学んできました。
 これらの積み重ねを経て、今回の発行に至りました。この過程では多くの方々からの協力をいただきました。この場を借りて深くお礼申し上げます。


<参考>
●クニマスを通じた富士河口湖町での環境学習子ども交流事業の実施
●クニマスを通じた富士河口湖町での環境学習子ども交流事業
●クニマスを通じた富士河口湖町での環境学習子ども交流事業:市長への報告会
●【環境学習子ども交流事業成果も展示】特別企画展「クニマスと共に」~過去から未来へ~
●憧憬の湖〜クニマス里帰りに生涯をかけて〜
[PR]
by semboku_gt | 2013-05-14 16:36 | 環境学習 | Trackback

サボーカルチャーパークについて

 八幡平直轄火山砂防事業の一環として、平成7年に完成しました。小先達川第一砂防ダム周辺は公園として整備され、サボーカルチャーパークと命名されました。
 1万6000平方メートルの広大な芝生広場があり、田沢湖が一望できる公園内は彫刻広場と水辺の楽校と名付けられた2つのエリアから成ります。また段差の関係で車いす用はありませんが男女別の水洗トイレもあります。
b0219741_11194930.jpg

 砂防ダムとは、大雨の時などに沢山の土砂が流される、土石流(どせきりゅう)の被害を防ぐ為に作られたものです。ここの砂防ダムは堤体の高さが14mあり、川の流れが上下流とで寸断されてしまうので、魚が遡上できません。そのためここにはその落差を長い延長の魚道でつなぎ、魚の遡上が可能となるようにしているのです。

 そして、この魚道の一部にはガラス窓が付いており、水の中の様子を側面方向からのぞくことができます。運が良ければ、ここを遡上するイワナやヤマメの姿をここで見る事が出来るかも知れません。
b0219741_11202018.jpg


 仙北市農山村体験デザイン室では、体験型旅行における、農家体験・自然体験・文化体験の3本柱に加え、新たな柱「環境学習」を今年度から本格的に打ち出し、仙北市を「学び旅」の場にしようと取組を始めました。
 ここ仙北市には、クニマスと田沢湖の歴史、玉川酸性水の中和施設、玉川ダムや小水力発電所、木質バイオマス発電所、秋田駒ヶ岳火山防災ステーションなど、聞き、観察し、考えるためのネタがたくさんあります。このサボーカルチャーパークも、そんな活用ができそうなひとつですね。

 
田沢湖生保内字下高野
JR田沢湖駅より羽後交通バス「乳頭線」を利用
小先達ダム公園前にて下車、徒歩1分(所要時間約30分)
[PR]
by semboku_gt | 2013-05-14 11:26 | 環境学習 | Trackback

【終了しました】むらっこ物産館「山菜祭り」

※次回は6月16日(日)「たけのこ祭り」でお会いしましょう。

 4月から営業を開始した田沢湖畔に近い産直「むらっこ物産館」では、毎月「旬の味覚祭り」が開催され、旬の食材をメインにしたメニュー等が販売しています。

 4月の「ばっきゃ祭り」に続き、5月は「山菜祭り」(5/19・日11時~15時)
 この時期は、山菜の王様タラノメ、最近人気のコシアブラなどはもちろん、コゴミ、赤コゴミ、ホンナ、アイコ、シドケなどなど、山菜に関する料理を多数用意して、1鉢100円で提供します。
b0219741_11435452.jpg

 直売所にはその他、新鮮な山菜や農家手作りの品々がずらりと揃っています。

 物産館の営業時間は、9時から17時ですが、イベント開催時間は11時から15時となっていますのでご注意ください。

お問い合わせ先
むらっこ物産館:0187-47-2205


[PR]
by semboku_gt | 2013-05-14 07:30 | 農産物等直売所 | Trackback

農家体験受け入れ農家への説明会

b0219741_1057962.jpg
 仙北市では5月は農業体験や自然体験、文化体験などを行う野外活動(修学旅行)の受け入れが活発化する季節です。
 5月10日、農山村体験デザイン室では本格的な農業体験学習の受け入れを前に、西木開発センターで仙北市内の対象農家への説明会を行いました。

 今回参加したのは、5月に仙台市内農業体験の受け入れを行う農家の方々で、対象となる農家は延べ42軒。緊急時の対応やアレルギー対策、当日のスケジュールなどについて説明を受けました。
b0219741_105730100.jpg



 さて、この体験型教育旅行における農山村・農林業体験のメニュー化というのは、工芸や自然体験などにくらべると簡単なようで非常に難しいものです。
 田植えならいくら、野菜収穫ならいくら、といったメニュー化は、一見すると内容が明確でわかりやすいように見えるのですが、実は本来の農家の生活や営農の姿を現すことが難しくなります。

 「お百姓さんとは百の技を持つ人たち」
 「お天道様には逆らえない」

 といった言葉がありますが、農家の方々はその年の残雪の量や雪解けの状況、あるいはその日の天気や気温によって実に柔軟に農作業スケジュールを調整しているからです。

 その農家の巧みな調整力を学ぶこともまた、農家・農山村体験のひとつとしてとらえていくことも大切なことではないかと思います。 

 仙北市の農家さん達、子ども達にとって一生一度の経験が、ここ仙北市で実りあるものになるように、みなさん本気モードで今年もお迎えします。
b0219741_1058578.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2013-05-13 11:01 | 教育旅行・子どもPJ | Trackback