「ほっ」と。キャンペーン

仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【終了しました】そばの郷仙北市食べ歩きスタンンプラリー「第4回新そば祭り」



 仙北市のそば生産農家や農家のそば屋、観光団体・関係機関で構成している地域活性化団体で、「そばの郷づくり」を目指して活動している「仙北市遊々楽々3トピア会議」。平成23年度には今までの活動が評価され、ふるさと秋田農林水産大賞農林水産大臣賞を受賞しました。

 そんな仙北市のそば事情。今年も新そばの季節を迎えました。
b0219741_10142613.jpg
 仙北市産の地粉を使った新そばの食べ歩きをしてみませんか?
 「本物のそば」を食べてもらいたい・・・3トピアでは、それだけの目的で、そばの種を播き、収穫して粉を挽き手打ちしています。
 誰よりも地元の皆さんへ、地元のそばを食べてもらいたくて「新そば祭り」を開催します。たくさんのご来店を心からお持ちしております。    

開催期間(予定)
 平成25年10月1日(火)~平成25年12月30日(月)

主催
 仙北市遊々楽々3トピア会議加盟店中7店舗で実施します。
農家のそば屋一助
手打ちそば野の花庵」 ※12月より毎週月・火が定休日に変更
すが家
手打ちそばきり長助」 ※臨時休業:12/5(木)・12/6(金)
手打ちそばさくらぎ
そば五郎
奥羽山荘

昨年度までのQRコード欄がなくなりましたので、今年度スタンプはウラ面(下記右側)の各店舗欄に押してもらって下さい。
b0219741_13142864.jpg
クリックするとPDFにリンクします

スタンプラリーサービス内容
 加盟店7店舗のうち4店舗以上まわった方の中から抽選で、①仙北市特産品を5名様 ②加盟店そば御食事券を15名様にプレゼントします。(内容の変更あり)

ラリーシート設置箇所
 10/1より加盟店店舗にあります。

応募方法
 4店舗以上まわったラリーシートは、加盟店が4店舗以上のスタンプが押印済であることをその場で確認した上で、設置してある応募用紙をお渡しします。その場で必要事項を記入のうえ、店舗にお渡しください。

当選者発表方法
 厳正なる抽選のうえ、当選者を決定し、当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。(平成26年1月予定)

お問い合せは
 仙北市農山村体験デザイン室 または 3トピア会議事務局(農家のそば屋一助)まで


今年は「そばの郷仙北市・そば食べくらべの会『タベクラーベ』」も同時開催します。


仙北市産新そばについて、「そば処すが家」が11/9(土)9:30~AAB秋田朝日放送「サタナビっ!」の「いま☆ココ」コーナーで生中継されました
[PR]
by semboku_gt | 2013-11-25 17:59 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

【平成25年度営業終了】むらっこ物産館「あったか鍋祭り」

全体で約1000杯近くの鍋を出し、あったか鍋祭りも終了しました。
平成25年度の営業は終了、来年4月まで冬季休館に入ります。


 田沢湖畔に近い産直「むらっこ物産館」では、毎月「旬の味覚祭り」が開催され、旬の食材をメインにしたメニュー等が販売しています。

 4月の「ばっきゃ祭り」、5月の「山菜祭り」、6月の「たけのこ祭り」、7月の「ミズ祭り」、8月の「夏祭り」、9月の「きのこ祭り」、10月の「収穫感謝祭」と続き、11月は「あったか鍋祭り」(11/17・日 11時~15時)

 毎月、旬の食材をメインにしたメニュー等が販売される、旬の味覚祭りが開催されます。
 今回は、きりたんぽ鍋、山の芋鍋、豚汁、納豆汁など、約10種類のお鍋を準備し、皆さんのお越しをお待ちしています。
 なお、この日をもって、物産館は冬期閉館となります。

 物産館の営業時間は、9時から17時ですが、イベント開催時間は11時から15時となっていますのでご注意ください。


お問い合わせ先
むらっこ物産館:0187-47-2205


[PR]
by semboku_gt | 2013-11-18 09:50 | 農産物等直売所 | Trackback

<終了>【首都圏イベント】山の楽市(11/14~16)

<山の楽市> ~田沢湖・角館・西木:仙北市の観光と物産展~

※今日13日は相模鉄道の横浜駅、大和駅で各13:30~、二俣川駅は各駅終了後にプレキャンペーンを行います。プレキャンペーンでは各種パンフレット等を配布しますが、その中に入っている「山の楽市」チラシにはお得なクーポン券が付いています。
明日からお来しを予定されている方は、コチラもお持ちになるとお得です。


「山の楽市」は、「秋田県仙北市の観光と食文化」をテーマに、仙北市から直送した新米(あきたこまち)
や古代米、がっこ、地酒、味噌、きりたんぽ、民芸品、工芸品などを展示・販売し、仙北市の魅力を味わっていただきながら、観光情報を伝える観光物産展です。
b0219741_12443513.jpg

日時:平成25年11月14日(木)~16日(土) 午前10時~午後7時(16日は午後6時まで)
場所:相模鉄道二俣川駅構内特設会場(神奈川県横浜市旭区二俣川2丁目91-7) 地図はコチラ

仙北市のグリーン・ツーリズム関係者では、農家民宿ぺんしょん孫兵衛、農家工房小田島が出展しています。

この他、今年は初めて農山村体験デザイン室からも、仙北市のグリーン・ツーリズムと教育旅行などの体験型旅行のPRに、スタッフが参加します。(14日1名、15・16日2名)
農家民宿や各種体験、地そば情報など、仙北市のグリーン・ツーリズムに関する詳しい情報をお届けしたいと思いますので、ぜひお越し下さいね。

b0219741_13215323.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2013-11-13 13:05 | イベント情報 | Trackback

H25年度の仙北市産赤そば(高嶺ルビー)について

 現在新そばスタンプラリー実施中の「仙北市遊々楽々3トピア会議」。このうち会員4店舗では、仙北市産の赤そば(品種:高嶺ルビー)の提供をしています。
 赤そば粉で打ったそばは、コシが強いのが特徴で、風味が強く、野性味のある味といえます。
 収穫量は普通のそばよりは少ないため、なかなか味わえる機会の少ないのが現状です。
 皆さん、どうぞご賞味ください。
b0219741_15553220.jpg

※赤そばと呼んでいる高嶺ルビー種は通常の白い花のそばよりも収穫期が遅いため、平成25年度産の赤そばの新そばは各店舗とも、準備が整い次第提供となりますので、こちらでも紹介していきます。また数量限定のため、なくなり次第終了となります。念のため直接お問い合せください!



取扱店舗(各店舗とも定休日等にご注意下さい)

手打ちそばきり長助 ℡0187-55-1722 角館町小人町28-5(火曜休)
(角館産自家栽培で、毎日提供・数量限定 11/9よりH25年度産赤そば提供中)・・タベクラーベメニュー・ツアーもあります

農家のそば屋一助 ℡0187-47-2148 西木町西明寺字梨子木台84-1(水曜休)
(田沢湖産そば粉で、毎週土日・数量限定)

すが家 ℡0187-55-2801 角館町薗田銭神58(木曜休)
(田沢湖産そば粉で、毎日提供・数量限定11/12よりH25年度産赤そば提供中)・・タベクラーベメニューもあります

野の花庵 ℡0187-54-3787 角館町上野139-4(火曜・第4月曜休)
(田沢湖産そば粉で、毎日提供・数量限定。11/20よりH25年度産赤そば開始予定)・・タベクラーベメニューもあります

手打ちそばさくらぎ ℡0187-54-2155 角館町川原町20-6(不定休)
(田沢湖産そば粉で、毎日提供・数量限定。H25年度産赤そば提供中

お問い合せは
 仙北市農山村体験デザイン室 または 3トピア会議事務局(農家のそば屋一助)まで


※「高嶺ルビー」とは?
 日本のそばの花は白い花をしていますが、そばの原産地中国雲南省からヒマラヤにかけてはピンクや赤い花のそばがあります。
 1987年に信州大学の氏原暉男教授(当時)がヒマラヤの標高3,800メートルに咲く、紅い花のそばを日本に持ち帰り、タカノ株式会社(長野県宮田村)と共同で品種改良を行い、真紅の花のそばを作りました。これが紅そば「高嶺ルビー」です。その後この高嶺ルビーは長野県で栽培が始まり、全国に徐々に知られるようになって、栽培面積は広がり始めています。

仙北市産高嶺ルビー(赤そば)について、「そばきり長助」が今日11/7(木)18:15~AAB秋田朝日放送「スーパーJチャンネルあきた」で特集放送です。

10/24(木)午後6:10~NHK秋田放送局の「ニュースこまち」(総合・秋田県内のみ)で、赤そば(高嶺ルビー)に取り組むそばきり長助さんの中継がありました。
[PR]
by semboku_gt | 2013-11-13 12:00 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

仙北市立中川小学校「みんなニコニコ米」の販売について

 今日のAAB秋田朝日放送「スーパーJチャンネルあきた」(18:15~)で放送される予定です。ぜひごらんください。

 11/11、ついに2013/14ウインターシーズンの初雪を観測。
 みなさんスタッドレスタイヤに交換しましたか?
 これからの季節は農山村巡りも冬支度をしっかりしてお越しください。

 さて、そんな極寒の中でしたが、昨年度まで「秋田発・子ども双方向交流プロジェクト」で東京都板橋区上板橋の「とれたて村」で実施していた仙北市立中川小学校「みんなニコニコ米」の販売を、今年は秋田市で展開しました!
b0219741_16583713.jpg


 米袋のパッケージデザインも児童たち自身でおこなったこのお米は、これまた児童達がデザインしたポスターやパンフレットとともに、雪降る秋田市仲小路にて生徒たち自身によって販売されました。
b0219741_1659169.jpg
<中川小学校の「みんなニコニコ米」について>
 種まき 4/24(見学)
 田起こし・しろかき 5/8(見学)
 田植え 5/20(全校生徒48人)
 稲刈り・天日干し 9/25(全校生徒48人)
 精米 10/26(5年)
 袋詰め 10/30(4・5年)



 10時から秋田市仲小路の「食器のさかいだ」さん(秋田市中通2-1-21 018-833-2843)前で始まり、1時間半後の11時半には全200袋を完売。一生懸命作った美味しいあきたこまち、手づくりパンフレットを持った子どもたちとたくさんの交流が生まれました。
b0219741_1701022.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2013-11-11 16:22 | 教育旅行・子どもPJ | Trackback

【終了しました】キムチバスプロジェクト

潟分校でのキムチバスプロジェクトの様子は11/7(木)18:15~ABS秋田放送「news every」で放送予定とのことです。ぜひご覧下さい。

 韓国の若手シェフ3人がキムチバスと名付けた(キャンピングカー)で世界を回り、韓国料理を通じた食の交流をする「キムチバスプロジェクト」。
 シーズン2は日本からで、東北では唯一秋田県(仙北市・湯沢市)のみの立ち寄りとなります。

秋田県内での交流(11月6~8日)
 ・「仙北市」11月7日(木)― 料理講習:仙北市特産手打ちそば+稲庭うどん+韓国料理(コングクス:豆乳スープ麺)のコラボレーション、ナスのキムチ作り講習など
 ・「湯沢市」(11月8日)― シェフたちによる稲庭うどんづくり体験(佐藤養助商店)
  
【仙北市会場】
 ・会 場  仙北市「思い出の潟分校」
 ・日 時  平成25年11月7日(木)10時~15時
 ・秋田交流企画・進行  アイリスミュージアム(インぺインターグローバル・ジャパン)
 ・後 援  仙北市 農山村体験推進協議会
b0219741_15523543.jpg

1.キムチバスとは
 韓国のシェフ3人が「キムチバス」と名づけられたキャンピングカーに乗ってアメリカやヨーロッパなど全世界を旅行しながら韓国の代表食べ物、「キムチ」を紹介するプロジェクト。2011年にシーズン1を、2013年にシーズン2を企画・実施する。

2.キムチバスシーズン1について
 (1)交流国:ロシア、ポーランド、ウクライナ、チェコ、独、仏、スペイン、ハンガリー、スイス、スロバキア、英国、ポルトガル、イタリア、米国、カナダなど27ヶ国、約130都市
 (2)交流内容:54回、8,000人の試食会で、世界最高の調理学校(CIA)や文化院、大学、公園、
広場、レストランなどの様々な場所で多様な方式によって現地の方々と出会い、交流活動を行う

3.キムチバスシーズン2
 目的:世界を旅行しながら韓国の食文化を紹介(キムチなど)すると共に、世界化に成功した日本の食文化を体験することで地域交流や両国の食文化交流に繋がる活動を行う。2013年10月から1ヶ月間の日本ツアーを企画。シェフ3名。
●日本訪問スケジュール:10月28日~11月27日
 北海道(11.2 ~ 5)、秋田(11.6 ~ 8)、群馬(11.9)、東京・横浜(11.10~ 16)、名古屋(11.14 ~ 15)、関西(11.16~19)、香川(11.20)、広島(11.21)、福岡到着(11.22)、佐賀・長崎(11.23~24)、熊本or別府(11.25)、福岡(11.26)、帰国(11.27)
[PR]
by semboku_gt | 2013-11-07 08:30 | お知らせ | Trackback

【終了しました】第136回秋田県種苗交換会

10月31日~11月6日まで開催

最終日11/6は9:00~12:00です。(ただし閉会式は市民会館で13:00~14:30)

b0219741_8554023.jpg

明治はじめに始まった、種苗交換会(しゅびょうこうかんかい)。
秋田県で毎年秋に開催されている巨大な農業イベントです。
元々は手作りの作物や種子を持ち寄りお互いに見せ合い、交換し、より美味しく、より強く、より品質の高い農作物を生み出そうというのが開催の目的だったものです。

農業国秋田県の先人達の意志を継ぎながら、現在ではそれに限らず農業に関連する様々な展示・販売等をも行うイベントです。

136回目となる秋田県種苗交換会は、今回初めて仙北市で開催となります。
多くの皆さんに足を運んでいただき、たくさんの農作物と笑顔の交流ができるよう、がんばります。



会場・駐車場マップ
無料シャトルバス
行事・催事スケジュール

<総合産業研究所関連>
 ・10/31~ オール仙北産ビール「こまちヴァイス」発売開始!
      仙北市わらび座事業グループの「田沢湖ビール」により限定醸造。
 ・10/31~ 出展ブース
      【第1会場】仙北市民会館前駐車場内テント(展示・パンフレットなど)
 ・11/1 11:00~17:00 地域特産品「せんぼくマッチング交流会」
      仙北市田沢湖健康増進センター(田沢湖病院)
 
<農山村体験デザイン室関連>
 ・10/31~ 出展ブース(水土里ネット秋田・秋田花まるっGT協議会ブース内)
      【第1会場】仙北市民会館前特設大型テント参考展示(展示・パンフレットなど)
 ・10/31~ 総合案内ブースにてパンフレットなど配布
      【第1会場】武蔵野特設駐車場内コンテナハウス
      【第2会場】スポーツセンター陸上競技場内コンテナハウス
 ・10/31~ 遊々楽々3トピア会議の「仙北市産そば」販売
      【第1会場】仙北市農商工フェア会場
 ・11/1 13:00~16:00 「農と地域の"応縁"フォーラム」・「北東北グリーンツーリズムネットワーク情報交換交流会」
      仙北市西木温泉クリオン
 ・11/2 13:30~16:00 シンポジウム「復興支援と地域の力・食の力」
      仙北市民会館大ホール
 ・11/3 14:30頃~? 市民参加ステージ「絆・未来へのプロローグ」に、農家交流・子ども交流を続けている女川町竹浦獅子振り保存会の皆さんが出演されます。
      【第1会場】仙北市民会館大ホール
 ・11/3 9:00~14:00 女川町・観光協会による物産販売 
      【第1会場】仙北市民会館前駐車場内テント
 ・11/3~4 「農村で楽しむ仙北は♥あーと展
      仙北市内農家民宿7軒ほか。
【会場付近マップ】
b0219741_1819317.jpg


【駐車場・無料シャトルバスのご案内】

●専用駐車場のご案内 (H25・10.4現在)
武蔵野特設駐車場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通車約920台/大型バス約50台
かもしか駐車場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通車約1,200台
銀嶺第1駐車場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通車約300台
銀嶺第2駐車場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通車約240台/大型バス約45台
水沢第1駐車場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大型バス約20台
下高野特設駐車場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通車約500台

●臨時駐車場(11 月 2 日~4 日のみ)
向生保内臨時駐車場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通車約 600台
中生保内臨時駐車場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通車約 300台

●無料シャトルバスのご案内 (H25・10.4現在)
A 主会場~第2会場 【20~30分おき】(運行時間/8:30~16:45※最終日は12:15まで)
主会場(武蔵野特設駐車場) ⇔ 協賛第2会場(水沢臨時発着所)
B 下高野~第2会場 【10~15分おき】(運行時間/9:30~16:35※最終日は12:05まで)
下高野特設駐車場 ⇔ 協賛第2会場(水沢臨時発着所)
C 銀嶺駐車場~第2会場【10~15分おき】(運行時間/8:30~16:30※最終日は12:10まで)
銀嶺駐車場 ⇔ 協賛第2会場(水沢臨時発着所)
D かもしか駐車場~第2会場【10~15分おき】(運行時間/8:30~16:00)
かもしか駐車場 ⇔ 協賛第2会場(水沢臨時発着所)
E 角館~主会場【1 日 2 便】 (運行時間/8:20~16:00※最終日は13:05まで)
JR 角館駅バスロータリー ⇔ 主会場(武蔵野特設駐車場)
F JR 田沢湖駅~主会場 【40~60分おき】 (運行時間/9:15~16:30※最終日は12:30まで)
JR 田沢湖駅 ⇔ 主会場(武蔵野特設駐車場)

※11月2日(土)~4日(月)の運行
G 向生保内~主会場 (運行時間/9:30~16:00)
向生保内グランド臨時駐車場 ⇔ 主会場(武蔵野特設駐車場)
H 中生保内~主会場 (運行時間/9:30~16:00)
中生保内グランド臨時駐車場 ⇔ 主会場(武蔵野特設駐車場)
[PR]
by semboku_gt | 2013-11-06 08:00 | イベント情報 | Trackback

体験メニュー一覧(随時増やしていきます)

 仙北市内で実施できる個人・グループ・団体・教育旅行等向けの体験メニューを紹介しています。
 季節や天候、人数等により価格等に変更が生じるほか、事前調整等が必要なケースがあるため、実施受入窓口等への直接連絡だけでなく、デザイン室にもご一報いただけるとお力になれることもあるかもしれません。
 体験メニューをいくつか組み合わせたい場合なども、当室へご相談下さい。b0219741_11513453.jpg

農家・林家体験(農林作業・農村生活体験など)
イタヤ細工
樺細工体験(壁掛け・コースター)
ミニ凧絵付け・ミニ提灯絵付け
坐禅体験
自主学習・自主研修
鎌足和紙すき
そば打ち体験
餅菓子づくり体験
登山・トレッキング
ハーブ体験
ブルーベリー摘み取り体験
野外炊飯
田沢湖一周・半周ウォーク
キャンプファイヤー
石窯ピザ・パン・バームクーヘンづくりなど
カヌー&カヤック体験・ツアー&ビバーク
玉川ラフティングツアー
手作りいかだ体験
シャワークライミング
マウンテンバイク
栗拾い(西明寺栗)体験
スノーモービル体験
スノーシュー・スノートレッキング
角館の冬がたり/いろり端昔っこ語り

お問い合せは
 仙北市農林部総合産業研究所
 農山村体験デザイン室(仙北市農山村体験推進協議会事務局)
 電話:0187-43-2243 ファックス:0187-47-2116
 〒014-0592 秋田県仙北市西木町上荒井字古堀田47
 e-mail sembokugt@ city.semboku.akita.jp(←コピーペーストする場合@以下のスペースを削除してください)
 仙北市公式サイト http://www.city.semboku.akita.jp/
[PR]
by semboku_gt | 2013-11-03 12:00 | 体験メニュー | Trackback

【終了しました】11/3-4 「農村で楽しむ仙北は♥あーと展」

10月31日~11月6日まで開催


 食欲の秋、そして芸術の秋。
 そんなあなたの秋心を満たすかもしれません。
 仙北市農山村体験推進協議会(事務局:当デザイン室)では、今年もこんな農村周遊型のイベントを予定しています。
(昨年の様子 1日目  2日目

「農村で楽しむ仙北は♥あーと展」 FBイベントページ 
b0219741_18363013.jpg


フライヤーオモテ面(jpg画像) フライヤーウラ面(jpg画像)



 グリーン・ツーリズムは一般的に知られるところとなってきましたが、気軽に立ち寄れる農家レストラン等と異なり、実際に足を運ぶ機会はまだまだ少ない農家民宿。
 この「農村で楽しむ仙北は♥あーと展」は、市内29軒の農家民宿のうち今回は7軒を、農村に散らばるサテライトギャラリーと位置づけ、県内外の若手クラフト作家や手仕事の職人、人気の食堂などの人や作品と出会いながら、農家民宿という空間で、地元の方々の笑顔に囲まれて、作り手の想いがこもった作品を訪ね歩く特別な2日間。
 仙北市の農と食と技を伝え、農家民宿という「場」をより多くの方に知ってもらうきっかけとして、また農山村を周遊する楽しみをより多くの方に知ってもらう機会として行う農村周遊型・交流型のイベントです。

日 時:11月3日(日)、4日(祝)10:00~16:00
場 所:農家民宿7軒/出展アーティスト

1.泰山堂(たいざんどう) 仙北市西木町小渕野字落合56 T: 0187-47-3103
 ●工房ぬくもり(秋田市)草木染め、フェルト小物、コースターなど
 ●大曲養護学校(大仙市)天然素材の染め物、皿、手ぬぐい、バッグ

2.のどか 仙北市西木町上荒井字下橋元97-2 T: 0187-47-2540
 ●樫食堂(大仙市)トマトとネギのインドカレー、似顔絵コーナー。
 ●ひがなる工房(東成瀬村):3日のみ/仙北市産小麦ねばりごしを使ったマフィンほか。
 ●イタヤ工房(仙北市角館)/イタヤ馬、かご。(実演あり)
 ●星耕硝子(大仙市)/ガラス細工

3.くりの木 仙北市西木町小山田字鎌足186 T: 0187-47-3046
 ●saqte(仙北市桧木内)バックやポーチなどの布小物。
 ●陶芸工房ももねり(大仙市)陶器、騰勢の小物。
 ●さくら樺染めサークル(仙北市角館)ろうけつ染めや草木染めの作品ほか。

4.星雪館(せいせつかん) 仙北市西木町桧木内字大台野開404 T: 0187-48-2914
 ●しろ工房(北海道千歳市)コースターなどの布小物。
 ●魔女の香房(秋田市)アロマハンドマッサージ、アロマキャンドルハーブティーなど。
 ●大橋工房(仙北市角館)樺細工の茶筒や髪留めなど(実演あり)

5.一助(いちすけ) 仙北市西木町西明寺字梨子木台84-1 T: 0187-47-2148
 ●雫石窯(岩手県雫石町)コーヒーカップや湯呑み、納豆鉢などの手づくり陶器。
 ●あとりえ咲楽(秋田市)きものリメイク、ニットソーイング、トールペインティングなど。

6.輝湖(てるこ) 仙北市田沢湖潟字蛭児堂90-2 T: 0187-43-0053
 ●フリマカフェ22(仙北市生保内)羊の原毛を使ったあたたかくかわいいフェルト小物など。
 ●おりつめ木工(岩手県雫石町)針葉樹を使った手作りのテーブルや椅子などの家具、小物。
 ●Hand Made Sharaの木(仙北市田沢湖)カルトナージュ、刺繍や布小物など。
 ●Strawberry Market(秋田市)スイーツデコや布小物など。

7.かまど 仙北市田沢湖生保内字黒沢138-1 T: 0187-43-2450
 ●田舎labo(岩手県花巻市)花巻人形ブローチ、南部せんべいカスタネット、くるみピンクッションなど。 
 ●木工房 川母渕(岩手県雫石町)流木等を利用した飾り台、花鉢台、人形用ミニ椅子・ベンチ、キーボックス、フクロウモチーフの作品など。

  この他、関連施設として、第4回新そば祭りスタンプラリー好評実施中の農家のそば屋(農家レストラン)でのランチ、田沢湖ハーブガーデン ハートハーブ(ハーブやアロマオイルなどを使った体験教室)・かたくり館(西明寺栗販売)・たざわこ芸術村 森林工芸館(木工・オカリナ・演芸体験)・カフェ&デリカkimoto(手作りお弁当、イートイン・ランチ)なども、周遊の折にお楽しみいただけます。

 また今年度は、10月31日から11月6日まで第136回秋田県種苗交換会が本市で開催されており、より多くの方々に「農家民宿」を知っていただける機会となります。
b0219741_19444984.jpg


農家民宿を巡り歩くと、そこには素敵な作家さん達が待ってます。
農家民宿ってどういうところか?どんなことができて、どんなとこに泊まるのか?
意外とみなさん知らないでしょう?

そう、農家民宿の「内覧会」だと思って来るといいかもです。
その上、素敵な農家や作家さん達とも巡り会えるという・・・。


googleマップで「農村で楽しむ仙北は♥あーと展」

問合せ/仙北市農山村体験推進協議会(農山村体験デザイン室内)
  TEL:0187-43-3353 Twitter:@semboku_gt ←当日はこちらが便利です!
[PR]
by semboku_gt | 2013-11-03 10:00 | イベント情報 | Trackback