仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第10回仙北市産業祭開催中です

今回で、10回目となる「仙北市産業祭」が仙北市神代市民体育館およびその周辺を会場に今日から明日までの期間で開催されています。
農山村体験デザイン室も、仙北市のグリーンツーリズムの紹介ブースにて取組状況を紹介しております。
是非、今日か明日、神代体育館までお越しください。そして「グリーンツーリズムで広がる世界の輪」にお入り下さい。
b0219741_11393958.jpg
b0219741_11395799.jpg
b0219741_11394809.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2014-10-25 11:41 | イベント情報 | Trackback

第29回国文祭仙北市開催事業のせんぼく「餅っこ三昧」のお知らせ

おかげさまで定員に達し申し込みを締め切りました。ありがとうございました。!

29回国民文化祭・あきた2014 仙北市開催事業のせんぼく「餅っこ三昧」バイキング等の申し込みを受付中です。定員は200人となっていますので、お申し込みはお早めに!

b0219741_15372127.jpg


【日 時】

平成26年10月26日(日)

午前10時~午後3時

【場 所】

仙北市活性化施設「かたくり館」

(秋田県仙北市西木町小山田字八津249-1 0187473535)

【内 容】

・もちっこ&がっこバイキング

・杵と臼を使った餅つき、おやき、笹もち体験

・餅まき

・民俗郷土芸能披露(生保内の田植踊り&石神稲穂太鼓)

・もち文化をパネルで紹介

【体験料・バイキング代】

1,000円(中学生以上)、500円(小学生)

※ご予約された方は1026日会場にてチケット引き換えとなります。

【お申込み・お問合せ先】

せんぼく「餅っこ三昧」企画委員会事務局(総合産業研究所内)

電話:0187-43-2243  FAX:0187-47-2116

※ご参加にはお申込みが必要です。

詳しくは仙北市国民文化祭のホームページをご覧ください。


[PR]
by semboku_gt | 2014-10-17 15:42 | お知らせ | Trackback

インドネシア大学生の受け入れを終えて

インドネシア大学生グループ99名の受け入れが決まったのは8月。
東ティモール、ミャンマー、カンボジアの受け入れを終え
「ハラルの勉強会も行ったしいつかイスラム教徒の方々の受け入れもやってみたいね!」と話していた矢先でした。
とはいえ、異文化に対する不安、食文化の違いに対するとまどいもきっとあったはず。
それなのに、それぞれの受け入れ先が情報を共有しあい、地域が協力しあうことで今回も受け入れを実施することが出来ました。

笑顔がいっぱいの対面式。これから3日間お世話になる日本の家族とインドネシアの大学生との対面です。
b0219741_1134093.jpg

b0219741_1174468.jpg



滞在中の様子。自分で作ったおにぎりを持って田沢湖畔でのピクニック。日本で過ごす時間は彼らにとっても大事な思い出となったはず。
b0219741_118357.jpg


歓送会ではインドネシアの国歌の披露や日本の家族との交流も。
b0219741_1140567.jpg


さよならの時
b0219741_11411348.jpg


海外からの受け入れを行うといつも感じるのは「お互いの文化、風習、国民性を認め、理解する心を持つことで心が通じあえる」ということ。
仙北市では海外からの受け入れを私達デザイン室が地域の方へお願いするのではなく
積極的に受け入れを行う人々にいろいろなことを教えられ、我々も前進し続けているように思います。

これからも協力し様々なことに取り組んでいきたいと考えています。
[PR]
by semboku_gt | 2014-10-15 12:10 | 農家民宿

ウエルカム!みんなインドネシアからの仲間を楽しみに待ってました!

b0219741_239527.jpg

JENESYS2.0の事業で10月10日から13日の4日間仙北市に滞在するインドネシア大学生99名が本日午後3時ホームステイ先となる仙北市の農家民宿の20名の方々と対面式を行いました。

手作りのウェルカムボードを持参したり、何度も何度も練習してインドネシアの国の言葉で挨拶や自己紹介をする方もいて 言語が全く通じないはずなのにあっという間にコミニケーションを取りあい、会場となった角館の交流センターはすぐに笑い声があちらこちらから聞こえてきました。

今回は遠くインドネシアからの学生の受け入れということで、食事制限があったり生活習慣が大きく違ったりと、農家民宿など受け入れする側も不安があるだろうと思っていたのですが

  「わからないことがあったら相手にきけばいい。わかって欲しいことがあったら相手に話せばいい」

と異文化を楽しむような気持ちでの受け入れを行う方も少なくなく、本当にお客様ではなく家族として歓迎しているんだなぁと実感してきました。

明日はそれぞれの滞在先で農業体験や伝統文化体験等行います。


楽しい時間を過ごしてもらえるよう私達もサポートしていきたいと考えています。
[PR]
by semboku_gt | 2014-10-10 23:49 | インバウンド | Trackback

田沢湖地区のお花畑

国道46号線から国道341号線にはいって少し車を走らせるとピンク色のお花畑が見えてきます。看板や赤いのぼりも立っていて自由に見学もできます。
b0219741_2158010.jpg

これ、何の花かわかりますか?

実は蕎麦の花なんです。

今日もとっても色あざやかに咲いていましたが(天気にもよりますが)明日からの3連休が一番の見ごろとなるようです。
この蕎麦畑は現在新そばスタンプラリーを実施している遊々楽々3トピア会議の会員、「田沢湖地そば振興組合」が管理しているもので「高嶺ルビー」という品種です
また私達はこのそば粉でうつそばを「赤そば」とよんでいます。
これ以外の品種についてもスタンプラリー加盟店にも出荷していて 11月からはこの品種も食することが出来ます。
 
 ちなみに赤そば粉で打った蕎麦は、独特の風味が特徴でそばを食べ慣れてない方でも他の品種との違いがわかるような個性的な味になるんですよ

皆さんお花畑を愛でながらスタンプラリーに参加してみてはどうでしょう
[PR]
by semboku_gt | 2014-10-10 22:51 | 農家レストラン・カフェ | Trackback

西明寺栗収穫の最盛期を迎えています

大きさが日本一で有名な西明寺栗が収穫の最盛期を迎えております。
今年は不作だった昨年に比べ収量は大幅に増加、味も良好とのことです。
各栗農家のみなさんは収穫に汗を流し、少しでも品質の良い西明寺栗を皆様にお届けできるよう励んでおります。
また、栗拾いの体験を実施している栗園もあり、明日からの3連休を活用して仙北市西木地区を散策するのも秋の過ごし方のひとつではないでしょうか。
b0219741_08503892.jpg
b0219741_08510176.jpg
b0219741_08512156.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2014-10-10 09:01 | お知らせ | Trackback

そばの郷仙北市そぱ打ち講座を開催します

 現在開催しております「第5回新そば祭り」の企画の一環として、そば打ち講座を開催致します。
そばのファンの方は勿論ですが、そば打ち未体験の方も楽しめる講座となっております。
仙北市産の新そばを材料に自分で作ったそばは、また格別の味わいが楽しめるはずです。
詳細は、以下の通りです。

主催
 仙北市遊々楽々3トピア会議
開催日
 第一回  平成26年10月18日(土)
 第二回  平成26年11月 1日(土)
 第三回  平成26年11月15日(土)
 第四回  平成26年12月 6日(土)
開催時間
 10:00~12:00(各日共通)
開催場所
 仙北市就業改善センター(仙北市役所神代出張所隣)
 (仙北市田沢湖神代古舘野404-1☎0187-44-2402)
受講料
 2,000円
お申込み
 仙北市農山村体験デザイン室(☎0187-43-3353)

沢山の皆様のご参加をお待ちしております。
b0219741_12365170.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2014-10-09 12:38 | イベント情報 | Trackback

インドネシア大学生100人を受け入れる意義

心地よい気候が続き、あちらこちらで稲刈りも真っ盛りの仙北市。
農家の皆さんにとっては、待ちに待った収穫の秋を迎えています。
とれたての新米早く食べたいですね。

そんなお忙しい中、一般財団法人日本国際協力センター(JICE・ジャイス)からの依頼で、10月10日から13日までの期間、インドネシア大学生100人を受け入れることになりました。(農家に泊まるのは10日と11日です)

b0219741_16164145.jpg


1週間前に迫ったこの日は、西木開発センター大集会室で受入説明会が開催され、約20軒の農家が出席しました。

説明会では、JICEの職員が宗教や慣習の違い、食事面での注意点などを詳しく説明し、参加者は真剣なまなざしでメモをとる姿が見られました。
また、この日はテレビ局の取材も入り、インタビューを受ける農家さんもおりました。

b0219741_16153267.jpg


これまでハラールセミナーを開催するなど、イスラム教の受入について高い関心を示してきた仙北市。
その取り組みが早くも実現する形となり、今回の受入は大きな実績につながると思います。

今年は東ティモールやミャンマー、カンボジア、台湾など実に多くの海外の学生を受け入れてきましたが、インドネシアは初めての地域とあって、農家の皆さんは指さし英会話集を独自で作成するなど、意気込みの高さが感じられました。

b0219741_16161140.jpg


ぜひともこの大きな受入を実りあるものにし、今後さらなる自信を深めていただきたいと思います。

また受入の模様をこちらで紹介しますので、ご期待ください。
[PR]
by semboku_gt | 2014-10-02 16:13 | インバウンド | Trackback