仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クニマスの環境学習

5月21日に田沢湖郷土史料館で
秋田南中学校の生徒40人がクニマス学習をしました。

b0219741_15312748.jpg


講師に三浦久さんをお迎えし、1時間ほどの講話をしていただきました。
久さんは代々クニマス漁に従事した家系に生まれ、父の久兵衛さんは戦後、クニマス研究と資料収集を行い、また戦前の移植歴をもとにクニマス探しを開始しました。
2010年に山梨県西湖でクニマスが70年ぶりに発見されてからは、長男の久さんが久兵衛さんの遺志を引き継ぎ、クニマス関連の講演を行っていらっしゃいます。

生徒のみなさんは終始メモを取りながら、真剣にお話を聞いていました。


来年度には、光村図書出版の中学1年の国語の教材としても
このクニマスが取り上げられています。
これらを通じて仙北市の自然について、関心を持ってもらえたらなと思います。
b0219741_1664051.jpg

写真は平成25年3月10日~24日に開催された「クニマス里帰りプロジェクト特別企画展」で公開されたクニマスの稚魚です。
[PR]
by semboku_gt | 2015-05-21 16:22 | 環境学習 | Trackback

Wendy Tour 農家民泊の旅

來去日本秋田往一晩!
S.M.I.山水旅行社(台湾) /Wendy Tourでは秋田県農家民宿の予約を始めました!
是非、秋田県にお越しください。
b0219741_12441993.jpg
お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ!
S.M.I.山水旅行社
住所:104 台北市中山北路 2 段 114 号 8F
TEL : +886-2-2551-5905
FAX : +886-2-2560-1017
Email: service@sansui.com.tw

[PR]
by semboku_gt | 2015-05-15 12:45 | 農家民宿 | Trackback

国際交流の輪をひろげていきます。

農山村体験デザイン室は4月で開設から5年目を迎えました。
今まで行っていた教育旅行とグリーンツーリズムの総合窓口としての業務に加え
今年度から国際交流と国際観光に関する業務もあらたにデザイン室として担当することになりました。
4月23日には日韓友好50周年記念の韓国旅行会社日本訪問歓迎セレモニーが行われ、130名の方々が仙北市を訪れました。
b0219741_19145231.jpg

また角館の桜祭り開催中の4月29日には日本政府観光局からの依頼で、海外メディアからの取材をうけました。
今回仙北市を訪れたのはマレーシアの旅行雑誌や新聞社の方々で、残念ながら角館の桜は散ってしまっていましたが田沢湖や乳頭温泉郷、武家屋敷など、仙北市の魅力ある観光地をご案内しました。
b0219741_1917251.jpg
b0219741_1919545.jpg

5月14日には公益財団法人中国友好会館の方々が仙北市入りしました。
これは外務省がすすめるジェネシス2.0中国大学生訪日団第21陣の実施にむけたもので、7月にも100人規模の中国大学生の受入が実現しそうです。
b0219741_19202412.jpg


国際観光だけではなく、国際交流の窓口でもあるデザイン室ですが、農業体験や、伝統工芸体験なども活用しながら、今後も様々な国の方々との交流の輪を広げていけたらと思います。
[PR]
by semboku_gt | 2015-05-14 19:29 | インバウンド

仙台市立上杉山中学校の農業体験

 5月は特に教育旅行の受入が多くなります。教育旅行の看板メニューはなんと言っても「農業体験」です。実際に子どもたちが農家を訪問し農業を体験します。

 5月12日には仙台市立上杉山中学校の生徒160名が2泊3日の野外活動で仙北市を訪れ、農家体験を行いました。
 体験では、田植え、野菜の苗植え、収穫野菜の包装、マルチはがし、草むしりと普段出来ない体験をしました。ひと汗かいた後に食べた昼食は格別のおいしさだったはずです!


b0219741_14495620.jpg

収穫したアスパラガスを決められた重さにして包装しています。このアスパラガスは関東のスーパーに出荷されます。

b0219741_14522168.jpg

去年使ったマルチをはがしています。受入農家のお母さんは「若い子は力があるから、作業がはかどって助かるわぁ」とのこと。

b0219741_14583752.jpg

マルチを張って、これから豆を植えるそうです。

b0219741_10114829.jpg

体験を終えた生徒はみな、明るい笑顔で 
「今日は本当にありがとうございました!」
と感謝の気持ちを大きな声ではなしていました。

移動のバスの中でも今日体験したことを先生に熱く語っていました。

今回の体験が一生の思い出になり、また仙北市に訪れるきっかけになればなと思っています。
[PR]
by semboku_gt | 2015-05-13 17:52 | 教育旅行・子どもPJ | Trackback