仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仙北市農山村体験推進協議会の歩み

 前回のブログでも紹介しましたが、12月2日に総理首相官邸で行われた、農林水産省主催「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」受賞式において、仙北市農山村体験推進協議会は特別賞である「フレンドシップ賞」という名誉ある賞を頂きました。(前回のブログはこちら
 
b0219741_15221238.jpg
山本農林水産大臣より協議会の門脇会長へ直接記念トロフィーが授与されました。
b0219741_15243442.jpg
安倍首相との記念撮影。
b0219741_15231429.jpg
仙北市の海外からの農家体験の受け入れの様子について質問していただきました。



デザイン室がこれまで撮影してきた写真を使った「仙北市農山村体験推進協議会の歩み」として動画も作成しました。

 地元で祝賀会を行った際に会場で流したものですが、これまでの活動内容を広く知っていただきたいとの思いから、Youtubeに動画をアップロード致しました。是非ご覧下さい。なお、動画は農山村体験デザイン室のFacebookでもご覧いただけます。

Youtubeの動画はこちら

[PR]
by semboku_gt | 2016-12-27 14:44 | 農山村体験推進協議会

ディスカバー農山漁村の宝 特別賞受賞!

b0219741_01524.jpg
今回「ディスカバー農山漁村の宝」の特別賞を仙北市にある「農山村体験推進協議会」が受賞いたしました。
この賞は美しく活力ある農山漁村の実現のため、地域活性化に取り組み他地域にも影響を与えるような優良事例を表彰するもので、賞状の授与は首相官邸で行われました。
首相が出席している式典の様子は動画で配信されていましたが、首相から仙北市の活動について仙北市からの出席者へ声をかけていただいたその映像を見ながら自分が子供のころに見た光景を思い出していました。


昭和40年代から仙北市(旧田沢湖町)では学生の教育旅行の受け入れを始めています。田沢湖生保内地区はスキー教育旅行をへて農業体験へ、また田沢湖神代地区にある劇団わらび座では首都圏の学校に望まれる形で2年がかりで受け入れ整備を行い、今年で学生の農業体験の受け入れを開始して39年目となります。
国も教育現場でも体験型の修学旅行が一般的ではなく、手本とするような組織も近くになかった時代です。私の父が田沢湖生保内地区のホテルに勤務し、一緒に受け入れを行っていたこともあって民宿、ペンション、スキー学校、スキー場など地元の観光関係者が知恵を出し合い助け合いながら対応している姿を私は子供のころから近くで見てきました。現在ではそれぞれが田沢湖ふるさとふれあい協議会やあきた芸術村という受け入れ組織を作り教育旅行の受け入れを担っています。
しかしながら あの頃の皆さんが手探りで形にし、無我夢中で受け入れを行っていた当時の大変な時間も評価して頂いたようにも思えます。

また、今回、農林水産大臣から表彰状を授与され、首相とも懇談している農山村体験推進協議会の会長は農家民宿星雪館のオーナーでもあります。
彼女はグリーンツーリズムが今ほど盛んでなかった今から18年前に農家民宿を開業、その数年前に開業した泰山堂という農家民宿の2軒が女性名義で開業をしたこと、また生き生きと受け入れを行っている姿が地元のお母さん達にも影響を与え現在西木、角館地区を中心に増え続ける農家民宿のきっかけとなっています。

現在では星雪館のある西木地区でも「グリーンツーリズム西木研究会」という受け入れ団体が組織され、お母さんたちが女性同士楽しそうに情報共有しあい、女性ならではのきめ細やかな受け入れを行っています。今回は海外や首都圏からの農業体験の受け入れが評価されての特別賞の受賞と聞いておりますが
女性が中心になって家庭や男性を巻き込みながら結果、農山村のみんなが元気になっている姿もまた受賞につながったのではないでしょうか。



表彰の様子はまたこのブログでお伝えして行きたいと思っています。
b0219741_0172450.jpg

[PR]
by semboku_gt | 2016-12-04 00:24 | 農山村体験推進協議会