「ほっ」と。キャンペーン

仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

台湾との交流事業

農山村体験デザイン室では市の国際交流、国際観光業務の担当部署でもあります。
10月の20日から24日には台湾にあります北投温泉で開催されました温泉祭りに参加して参りました。温泉祭りは新北投温泉駅すぐ横に日本全国の名だたる温泉地がそれぞれブースを構えPRを行うもので私たちも玉川温泉、鶴の湯温泉の方々と参加しました。
b0219741_8273222.jpg
b0219741_8284214.jpg

またこの会期中には台湾アジア太平洋国際温泉協会の総会へ出席して参りました。(会議正式名称は違うものの内容的には総会だったのであえて総会と表現しております)この会では、台湾、日本の関係者へ玉川温泉の畠山常務が講演も行いました。
b0219741_830521.jpg

b0219741_8372623.jpg

台湾との親交については仙北市誕生前の昭和50年代、旧田沢湖時代にさかのぼります。田沢湖と澄清湖の姉妹湖締結に始まり北投温泉と玉川温泉の姉妹温泉締結、現在では姉妹校も締結しております。
今後も台湾との皆さんとの交流事業を開催する予定です。
まずは来月早々に台中の恵文高級中学と仙北市にあります角館高等学校との交流事業も控えております。
また皆さんにも報告してまいります
ご期待ください
[PR]
# by semboku_gt | 2016-10-31 08:39 | 台湾関連

体験いろいろ 仙台市立宮城野中学校が教育旅行に来ています

 秋も深まりつつあります。秋田駒ヶ岳を見上げると中腹あたりまで赤や黄色に色づいています。これからは一日ずつ紅葉が平地を目指し下ってくる仙北市です。

 さて、今月19日から仙台市立宮城野中学校一年生220名が教育旅行で仙北市を訪れて、様々な体験を行っています。
 初日は野外炊飯や、田沢湖周回ウォークを行ったとのこと。この日は農業体験、イタヤ制作体験、ミニ提灯絵付け体験、ミニ凧絵付け体験、木工制作体験を行いました。
 野外炊飯や田沢湖周回ウォークを行って、さぞかし疲れているだろうなと思っていましたが、みなさん元気いっぱいで体験に取り組んでいました。

 イタヤ制作体験の様子です。イタヤ細工を作るだけでなく、工芸品の説明や、作り方、現在では担い手が不足しているなどの現状についても学びました。
b0219741_18222011.jpg

b0219741_18231280.jpg
b0219741_1824557.jpg


 ミニ提灯とミニ凧の絵付け体験です。みなさん思い思いの絵付けを楽しんでいました。
b0219741_8323897.jpg


 その他、あきた芸術村内にある森林工芸館では木工制作体験を、また市内の受入農家では農業体験をしました。皆さんにとってとてもいい思い出になったはずです。仙北市ではこのように農業体験や伝統工芸の制作体験、それに加えて自然体験や郷土料理制作体験などなど。色々な組み合わせで魅力ある体験をする事ができます。
 学校のみならず、一般の方でも体験可能ですのでお気軽に農山村体験デザイン室までお問い合せ下さい。(デザイン室電話.0187-43-3353)
[PR]
# by semboku_gt | 2016-10-20 18:33 | 教育旅行・子どもPJ | Trackback

「ディスカバー農山漁村(ムラ)の宝」優良地区に選定されました!

 農林水産省は農山漁村において地域資源を活かした優れた取組をしている地区を選定する「ディスカバー農山漁村(ムラ)の宝」を選出しています。そして、この度仙北市農山村体験推進協議会が優良地区に選ばれました!これはこれまでの教育旅行の受入体制や、受入側の率先したスキルアップ、外国人の受入増などが評価されたものです。(紹介はこちら
 これを糧に、更なる都市農村交流の取組を積極的に取り組んで行ければと思います。なお、グランプリ等の発表はもう少し先のこと。更なる嬉しいニュースが届くことを待ちたいと思います。
↓※ディスカバー農山漁村のロゴマーク
b0219741_1342356.jpg

[PR]
# by semboku_gt | 2016-10-18 13:44 | 農山村体験推進協議会 | Trackback

北方四島からのお客様

 この度、独立行政法人「北方領土問題対策協会」が実施する北方四島交流事業が行われました。直前の悪天候で択捉島からの参加者が来られなくなってしまい、今回は国後島と色丹島の二島から北方四島からの交流団一行37名が仙北市を訪れ、ホームステイをしながら交流しました。

市内には33軒の農家民宿、体験型民宿がありますが、今回はそのうち8軒の宿でホームステイの受入を行いました。
写真は対面式の様子です。挨拶を交わしたら早速ホームステイ先に出発です。
b0219741_1218753.jpg

b0219741_12201670.jpg
b0219741_12238100.jpg


ホームステイ先では様々な体験を行いました。一行はきりたんぽ作りや野菜の収穫など、様々な体験を通じて日本の文化に触れ、またホームステイ先の方々との交流を楽しみました。
b0219741_12303217.jpg
b0219741_12313542.jpg
b0219741_12323259.jpg
b0219741_12341080.jpg

b0219741_12374113.jpg

b0219741_12382689.jpg

b0219741_1240339.jpg

言葉の壁も乗り越え、最後はお互いの心が通じた素晴らしい交流事業でした。今後の交流発展を望むばかりです。仙北市には様々な国からお客様がいらっしゃいます。農家民宿のお父さん・お母さんは相手が誰であれ、どこの国であれ、いつも同じ笑顔で迎え入れてくれるはずです。
[PR]
# by semboku_gt | 2016-10-14 12:32 | インバウンド | Trackback

第7回新そば祭り 食べ歩きスタンプラリー 開催中!

10月1日、角館交流センターにて開催された「新そばフェスタ2016
当日はたくさんのお客様に採れたての新そばを味わっていただきました。
b0219741_08564462.jpg
ご来場していただきありがとうございました。


さて、新そばフェスタ2016の翌日2日からは毎年恒例のイベントが開催されています。
「第7回新そば祭り 食べ歩きスタンプラリー」

《主催》:遊楽3トピアそば会議(会長:菅原照夫)

《開催期間》:平成28年10月2日(日)~ 平成28年12月30日(金)

《実施店舗》
そば五郎
手打ちそばさくらぎ
手打ちそば野の花庵
そば処すが家
農家のそば屋一助
奥羽山荘

《スタンプラリーについて》
・ラリーシートは実施店舗に設置してあります。新そばを食べたらスタンプを押してもらいます。
・6店舗すべて完走した方には抽選で5名の方に仙北市特産品を差し上げます。
・4店舗以上回った方(特産品当選者を除く)には、抽選で15名の方に加盟店の御食事券を差し上げます。
・応募の仕方は、スタンプの押されたラリーシートを実施店舗に渡していただくと、応募用紙がもらえますので、その場で記入し、実施店舗に提出してください。
・応募者の中から厳正なる抽選の上当選者を決定し、当選の発表は賞品の発送をもってかさせていただきます。


b0219741_16054331.jpg
赤そばの花の写真です。

「そば処すが家」「手打ちそば野の花庵」「手打ちそばさくらぎ」の3店舗では赤そば(高嶺ルビー)の提供もあります。提供時期については各店舗にご確認ください。

食べ歩きスタンプラリーの問い合わせ先:農山村体験デザイン室(℡0187-43-3353)

b0219741_11203580.jpg
b0219741_11211517.jpg

※ ラリーシートは各会員のそば屋にて配布しております。


[PR]
# by semboku_gt | 2016-10-12 16:09 | 遊楽3トピアそば会議 | Trackback