仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

歓迎!台北市立景美女子高級中学

 2月は台湾からの修学旅行が3校来ていただくことになっています。その先陣を切って、台北市立景美女子高級中学(以下、景美女子高中)の30名が仙北市を訪れ、ホームステイや学校交流を行いました。景美女子高中の黄校長先生は、5年前に「台北市立士林高級商業職業学校」でも仙北市に来てくださっているという深い関係があります。(そのときのブログはコチラ)その時からのご縁を大事に育み続けたこと、そして何より黄校長先生のご理解が深かったことが今回の修学旅行の実現に繋がったと思っています。

 景美女子高中は、台北市で一番優秀な女子高だと聞いています。また、台湾では景美女子高中の在校生は「太陽神の娘」と呼ばれているそうです。今回の修学旅行で景美女子の生徒に会って、その呼び名の通り、寒い寒い秋田にパッと温かい光を届けるように、明るく聡明な生徒さんたちだと感じました。その模様をご紹介します。

 景美高中が台湾を朝に出発し、仙北市入りしたのが夜6時。それでも疲れた表情も見せない彼女たち。出迎えたのは仙北市長とデザイン室一同です。市長と黄校長は5年ぶりの再開です。
b0219741_11464816.jpg

 遠路はるばる来ていただいた景美女子高中のみなさんを歓迎式でもてなしました。仙北市長からは「田沢湖で好きな人の名前を3回唱えると恋が成就する」との話も。黄校長先生からも感謝の言葉をいただきました。
b0219741_11565744.jpg

b0219741_1232068.jpg

歓迎の意味と、日本の伝統的な文化に触れてもらおうと言うことで、「空手」と「お囃子」を披露しました。
b0219741_1253077.jpg

b0219741_1275411.jpg

みんなで記念撮影。どうですか?みんないい笑顔でしょ?
b0219741_12115447.jpg

この日は市内ホテルで一泊。

 翌日は角館高校との学校交流です。学校交流は相手の文化を知ることの他、国際感覚を養うためにとてもいい体験です。角館高校は今年度より台湾への修学旅行も始まっています。両校は今回の交流のために準備を進めてきました。

 学校交流ではおやま囃子部が手踊りで出迎えてくれました。その後歓迎セレモニー、昼食、両校の地域紹介(プレゼンテーション)、また、教室で一緒に授業を受けるなどして交流をしました。
写真はその模様です。

出迎え風景
b0219741_12164270.jpg

手踊りで歓迎
b0219741_1219441.jpg

一緒に昼食
b0219741_12253670.jpg

景美女子高中の校歌斉唱
b0219741_12281176.jpg

角館高校おやま囃子の披露
b0219741_1230187.jpg

一緒に調理実習
b0219741_1232236.jpg

書道の授業風景
b0219741_1249793.jpg

半日の学校交流はあっという間に終了。見送り風景。
b0219741_1234139.jpg


 学校交流を終えた生徒たちは一路ホームステイ先の農家民宿へ移動。農家民宿のお父さん、お母さんたちは我が子のように接してくれます。ハジメは緊張した生徒たちもすぐにリラックスしていました。ホームステイ先では雪遊びや郷土料理作りなど、ここでしかできない体験をしました。
写真はホームステイ先の様子です。
b0219741_14503174.jpg

b0219741_1451023.jpg

b0219741_14514439.jpg
b0219741_14521012.jpg

郷土料理の「おやき」
b0219741_14523057.jpg

最後は農家民宿の方と記念写真。
b0219741_1454371.jpg


あっという間の3日間でした。また次会える日を楽しみにしています。再見!景美女子高中。
[PR]
# by semboku_gt | 2017-02-08 12:54 | 台湾関連 | Trackback

あきた美彩館「仙北市ナイト」 開催!

新年明けましておめでとうございます。
2017年も仙北市のグリーンツーリズム・教育旅行・国際観光の情報を当ブログにて皆様に随時お伝えして参ります。
何卒農山村体験デザイン室をよろしくお願いいたします。


早速ですが、1月に首都圏にて開催されるイベント情報のお知らせです。
東京・品川にあります、秋田県のアンテナショップ「あきた美彩館」
この度、一日限定で仙北市を完全再現いたします!

その名も「仙北市ナイト」!!
b0219741_11531917.jpg
開催日時 : 2017年 1月26日(木)  19:00 ~ 21:00

場  所 : あきた美彩館
       (東京都港区高輪4-10-8京急第7ビル高輪WEST-3 1階)

お食事代 : 
4000円(飲み物代 別途)

定  員 : 50名 

ご予約連絡先 : あきた美彩館 TEL 03-5447-1010 
            (※お食事にはご予約が必要です。)


締切 1月16日まで



角館・佐竹北家に伝わる伝統料理「お狩場焼き」、田沢湖で生まれた名物料理「山の芋鍋」をはじめとした伝統料理や、「そばの郷 仙北市」をPRするべく日々活動している「遊楽3トピアそば会議」会員の地元そば屋さんが当日、美彩館にて手打ちそば をふるまいます。


また、当日11時より仙北市物産販売も行います。

地元では「まぼろし」とも言われている「田沢ながいも」  地元農家特製の「いぶりがっこ」 、山桜の樹皮を使用した 仙北市の伝統的工芸品の「樺細工」 など仙北市の特産品が並びます。



地元でしか味わえない魅力が一日限定で東京・品川で体感できます!!

首都圏にお住まいの方は是非この機会に、仙北市の風土の魅力を味わってみてはいかがでしょうか?


[PR]
# by semboku_gt | 2017-01-05 15:04 | お知らせ | Trackback

仙北市農山村体験推進協議会の歩み

 前回のブログでも紹介しましたが、12月2日に総理首相官邸で行われた、農林水産省主催「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」受賞式において、仙北市農山村体験推進協議会は特別賞である「フレンドシップ賞」という名誉ある賞を頂きました。(前回のブログはこちら
 
b0219741_15221238.jpg
山本農林水産大臣より協議会の門脇会長へ直接記念トロフィーが授与されました。
b0219741_15243442.jpg
安倍首相との記念撮影。
b0219741_15231429.jpg
仙北市の海外からの農家体験の受け入れの様子について質問していただきました。



デザイン室がこれまで撮影してきた写真を使った「仙北市農山村体験推進協議会の歩み」として動画も作成しました。

 地元で祝賀会を行った際に会場で流したものですが、これまでの活動内容を広く知っていただきたいとの思いから、Youtubeに動画をアップロード致しました。是非ご覧下さい。なお、動画は農山村体験デザイン室のFacebookでもご覧いただけます。

Youtubeの動画はこちら

[PR]
# by semboku_gt | 2016-12-27 14:44 | 農山村体験推進協議会

ディスカバー農山漁村の宝 特別賞受賞!

b0219741_01524.jpg
今回「ディスカバー農山漁村の宝」の特別賞を仙北市にある「農山村体験推進協議会」が受賞いたしました。
この賞は美しく活力ある農山漁村の実現のため、地域活性化に取り組み他地域にも影響を与えるような優良事例を表彰するもので、賞状の授与は首相官邸で行われました。
首相が出席している式典の様子は動画で配信されていましたが、首相から仙北市の活動について仙北市からの出席者へ声をかけていただいたその映像を見ながら自分が子供のころに見た光景を思い出していました。


昭和40年代から仙北市(旧田沢湖町)では学生の教育旅行の受け入れを始めています。田沢湖生保内地区はスキー教育旅行をへて農業体験へ、また田沢湖神代地区にある劇団わらび座では首都圏の学校に望まれる形で2年がかりで受け入れ整備を行い、今年で学生の農業体験の受け入れを開始して39年目となります。
国も教育現場でも体験型の修学旅行が一般的ではなく、手本とするような組織も近くになかった時代です。私の父が田沢湖生保内地区のホテルに勤務し、一緒に受け入れを行っていたこともあって民宿、ペンション、スキー学校、スキー場など地元の観光関係者が知恵を出し合い助け合いながら対応している姿を私は子供のころから近くで見てきました。現在ではそれぞれが田沢湖ふるさとふれあい協議会やあきた芸術村という受け入れ組織を作り教育旅行の受け入れを担っています。
しかしながら あの頃の皆さんが手探りで形にし、無我夢中で受け入れを行っていた当時の大変な時間も評価して頂いたようにも思えます。

また、今回、農林水産大臣から表彰状を授与され、首相とも懇談している農山村体験推進協議会の会長は農家民宿星雪館のオーナーでもあります。
彼女はグリーンツーリズムが今ほど盛んでなかった今から18年前に農家民宿を開業、その数年前に開業した泰山堂という農家民宿の2軒が女性名義で開業をしたこと、また生き生きと受け入れを行っている姿が地元のお母さん達にも影響を与え現在西木、角館地区を中心に増え続ける農家民宿のきっかけとなっています。

現在では星雪館のある西木地区でも「グリーンツーリズム西木研究会」という受け入れ団体が組織され、お母さんたちが女性同士楽しそうに情報共有しあい、女性ならではのきめ細やかな受け入れを行っています。今回は海外や首都圏からの農業体験の受け入れが評価されての特別賞の受賞と聞いておりますが
女性が中心になって家庭や男性を巻き込みながら結果、農山村のみんなが元気になっている姿もまた受賞につながったのではないでしょうか。



表彰の様子はまたこのブログでお伝えして行きたいと思っています。
b0219741_0172450.jpg

[PR]
# by semboku_gt | 2016-12-04 00:24 | 農山村体験推進協議会

JICA青年研修団 モンゴル国からの受入

前回の記事にて「台中市立恵文高級中学」の受入の様子についてご紹介しました。
その翌日12日には国際協力機構(JICA)からの青年研修にて、モンゴル国の方14名が仙北市を訪れました。
このように最近ではうれしいことに連続して海外からの受け入れを行うことも増えてくるようになりました。
b0219741_14393699.jpg
研修員の皆さんは緊張した面持ちで受入農家さんと積極的にコミュニケーションをとっていました。
そんななか、受入農家さんは英単語を交えた秋田弁で皆さんとお話しします。
日本語がわからない外国人でも「伝えたい」という気持ちで通じ合っているように感じます。
b0219741_15145383.jpg
受け入れ先では農家さんの心こもったおもてなしに大歓迎していました。
おもてなしのお礼にモンゴルの代表的な歌を披露してくださいました。(写真はその時の様子です。)
とても楽しいひとときは夜遅くまで続いたそうです。


お別れの日には、双方の皆さんで合唱をしながらお別れのときまで楽しみました。
b0219741_11031152.jpg
最後は皆さん笑顔で記念撮影。


これまで海外からのお客様をお迎えの様子を見て、お互い言語の壁が大きくあったとしても最後にはお互いの言語で意思疎通をしていましす。
日本語(秋田弁)でお話ししても海外の方に通じているようになっているのです。
「心で会話をする」ことで言葉が通じなくてもコミュニケーションがとれているのだと思います。
そんな不思議な魅力が農家の皆さんにあるのかもしれません。


[PR]
# by semboku_gt | 2016-11-17 11:13 | インバウンド | Trackback