仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

女川町との子ども交流が行われました。

 東日本大震災が起きてから5年が経ちました。その時、被災した宮城県女川町から多くの人たちが仙北市へ避難してきました。それが縁となり、女川町の子どもたちが仙北市で様々な体験や交流を行う「宮城県女川地区子ども交流の芽支援事業」が始まり、今年で5回目の開催となりました。

 昨年は農業体験を中心として交流事業を行いました(昨年の様子はコチラ)が、今年はスポーツを交流の柱として実施され、女川からは女子ミニバスケットボールチーム「女川フィーバーエンジェルス(以下「女川FA]」10人が参加しました。

 8/5の朝に宮城県女川町を出発した一行女川FA一行。昼過ぎに1日目の滞在先である「ペンションクライマー」と「ロッジ山の詩」に到着しました。そして早速最初の日程である「ブナ森ハイキング」案内は、山を熟知しているペンションクライマーのオーナー菅原さんと、ロッジ山の詩のお母さんの山岡さんです。

ハイキングの様子です。女川が海の町なので、子どもたちは山での自然体験はあまり経験がありません。菅原さん、山岡さんから山に関する色々な話を聞きながらハイキングを楽しみました。この日は暑い一日になりましたが、ブナ森の日陰はとても風が涼しく、木漏れ日からの日差しががとても気持ちよかったです。子どもたちもワイワイと談笑しながらハイキングを楽しんでいました。
b0219741_1057354.jpg

b0219741_115142.jpg


その後宿舎に戻って秋田の郷土料理のきりたんぽを作りました。すり鉢でこねてから棒にさして伸ばします。きりたんぽは夕飯に鍋で美味しくいただきました。
b0219741_1111247.jpg

b0219741_11133290.jpg



日程2日目は市内のミニバスケットボールチーム2チーム(神代ミニバスケットボールクラブ、白岩ミニバスケットボールクラブ)と試合やフリースロー大会で交流をしました。試合ではひたむきにがんばる子どもたちの姿を見ることが出来ました。一転フリースロー大会では、人数が減るにつれ盛り上がりも最高潮に。最後は交流試合を記念して保護者も含めて記念写真を撮りました。
b0219741_1125362.jpg

b0219741_11413680.jpg

b0219741_12264320.jpg

b0219741_1146652.jpg


最終日は昨日バスケット交流をした神代ミニバスケットボールクラブの皆さんと田沢湖でカヌーを体験しました。みんなカヌーはほぼ未経験でしたが、すぐに上達していました。また、両チーム同士打ち解けて、一緒に楽しむ姿がたくさん見れました。
b0219741_1156754.jpg

b0219741_11582585.jpg

b0219741_1230385.jpg

b0219741_1203357.jpg


こうして3日間の日程はあっという間に終了。女川の子どもたち仙北市の子どもたちがこの事業を通じて、交流が深まったことは確実です。お互いの地域がそれぞれ奥別なつながりの意識を持ってこれからも交流の芽が育っていってくれればと思います。

※なお、3日間の写真は仙北市農山村体験デザイン室のフェイスブックの『アルバム』で見ることが出来ます。
[PR]
# by semboku_gt | 2016-08-08 12:03 | 女川交流 | Trackback

お狩り場フォカッチャ

 今日は仙北市農山村体験推進協議会の門脇会長から届いた写真をご紹介したいと思います。

 昨年まで、農家民宿のお母さんたちが中心となり、秋田県総合食品研究センターの高畑研究員の協力を得て、地元産小麦「ネバリゴシ」を使ったメニュー作りを行ってきました(いままでの様子は昨年の様子はこちら)。この度農家民宿のかぁさん有志8名が、高畑さんのもとでネバリゴシを使った新メニュー作りをしてきたとのこと。

新メニュー…その名も「お狩り場フォカッチャ!」です。
※お狩り場焼きとは…こちらをご覧下さい。
今回はこれをフォカッチャにしてしまおうという企画です。

味噌造りの様子です。甘いながらも山椒のきいた味です。
b0219741_1637385.jpg

b0219741_16382591.jpg



ネバリゴシを使った生地に味噌を塗って完成
b0219741_1638525.jpg
b0219741_1639390.jpg

b0219741_16573658.jpg




完成品をいただきましたが、デザイン室一同、大絶賛の出来映えでした。今後農家民宿で食べれるようになるのか、こうご期待です。
[PR]
# by semboku_gt | 2016-07-28 16:45 | 農家民宿 | Trackback

台湾教育旅行現地説明会に参加してきました

 仙北市では台湾からの教育旅行を受け入れを積極的に行っており、これまでたくさんの学校が仙北市を訪れています。
 今年も台湾訪日教育旅行現地説明会(主催:JNTO)が台湾の台北、台中、高雄の3会場で行われ、我々デザイン室も参加してきました。 
 説明会には訪日教育旅行を検討している学校の先生が多く参加します。仙北市のブースにもたくさんの方が話を聞きに訪れました。
b0219741_15231681.jpg

b0219741_15235388.jpg


 説明会のほかにも、これまで仙北市を訪れてくれた学校や、仙北市への訪問を検討していただいている学校を訪問し、感謝の気持ちを伝えるとともに、また仙北市へ来たいただけるよう説明をしてきました。
b0219741_15295454.jpg
b0219741_15302746.jpg
b0219741_1531177.jpg
b0219741_15312842.jpg


 仙北市は四季折々の景色や風景と、季節によってさまざまな体験が楽しめます。ホームステイの環境も万全です。台湾からたくさんの教育旅行の方々が来てくれればと思っております。お気軽にお問い合わせください。
≪電話 0187-43-3353 E-mail sembokugtアットcity.semboku.akita.jp≫
 ※E-mailのアットを@に置き換えてお送り下さい。
[PR]
# by semboku_gt | 2016-06-18 15:40 | 台湾関連 | Trackback

第5回農村で楽しむ仙北は❤あーと展 会場決定!

9月10日、11日開催の 『農村で楽しむ仙北は❤あーと展』 の会場となる農家民宿7軒(※)が決定しました。
今年は田沢湖地区にスポットを当て、農家民宿(※)の魅力を味わっていただきたいと思います。
参加するのは以下の7軒です。

1. 農家民宿 輝湖   仙北市田沢湖潟字蛭児堂90-2 
2. かまど  仙北市生保内字黒沢138-1
3. ログハウス仙人  仙北市田沢湖生保内下高野71-96
4. ペンションサウンズグッド!  仙北市田沢湖田沢字潟前160-58
5. 民宿 惣之助  仙北市田沢湖生保内字阿気128
6. ロッヂヨーデル  仙北市田沢湖生保内字下高野73-7
7. どんぐり山荘  仙北市田沢湖生保内字下高野72-30


例年会場となっている民宿から、初めて会場となる民宿もあります。
また民宿からペンション、ロッジまで個性豊かな体験型民宿が会場となっておりますので
ぜひお越しください。

また、仙北は❤あーと展に出店していただける方もまだまだ募集中です。
お気軽にデザイン室までお問い合わせください。  TEL 0187-43-3353

(締切  6月30日 )

※ここでいう農家民宿には、農林漁業者が「旅館業法」に基づいて簡易宿所等の許可を取得したものの他、農林漁業者以外でもあっても「農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律」で定義する農山漁村滞在型余暇活動に必要な役務を提供する宿泊施設を含みます。

[PR]
# by semboku_gt | 2016-06-17 16:01 | 農山村体験推進協議会 | Trackback

中国国家観光局駐日本代表処、羅 玉泉首席代表をお迎えして

中国国家観光局駐日本代表処、羅玉泉首席代表を団長とする中国政府関係者の方々が5月16日、17日の両日、仙北市を視察し、仙北市が取り組む温泉医療ツーリズムの視察を行っています。
今回の訪問は、富士通(株)と(株)わらび座の協力により実現したものです。昨日は、門脇市長と青柳市議会議長による歓迎の挨拶を行った後、懇談に入りました。羅代表からは、秋田空港への中国からの定期便開設に前向きなお話を頂き、またLAOXさんの免税店開店に対するアドバイス等も頂戴しました。
中国人観光客は、爆買等で知られますが、中国国内では健康志向が年々高まっており、国外での診療や検診等を希望する方も多いとのことでした。一行は仙北市で計画している「温泉医療ツーリズム」の可能性を探り、中国からの旅行者を結び付けるためには、何が必要かを理解するために、17日は、奇跡の温泉として中国でも知られる玉川温泉などを視察することとなっています。仙北市の大きな資源である温泉を外国人旅行者の方々にも活用して頂き、旅行者の増加に繋がって頂ければと思います。
b0219741_10251390.jpg

b0219741_10243228.jpg

b0219741_1023177.jpg

[PR]
# by semboku_gt | 2016-05-24 10:32 | インバウンド | Trackback