仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

鎌足和紙すき(2012年5月中旬より再開になりました)

 古くから西木町小山田の鎌足地区に伝わる「鎌足和紙」は、明治時代に作り手が途絶えましたが、地域の方々の活動により近年復活しました。インストラクターの指導のもと、和紙の原料となる楮(こうぞ)をたたいて繊維を細かくする行程から紙漉きまで全工程体験、または紙漉のみのちょっと漉き体験、どちらか選んで体験することができます。
b0219741_156128.jpg


※H23年度は紙漉体験は休業していましたが、H24年度より「ちょっと漉き体験」のみ再開しました。

<対象>
 個人・教育旅行の両方とも可能です。対象年齢は小学校4年生以上です。
<種類>
 和紙漉き体験:コウゾを叩き、漉き、絞りまで全工程を行い、乾燥したものを後日送付します。
 ちょっとすき体験:漉きのみ。事前乾燥させたものを1枚お持ち帰りいただけます。
<人数>
 和紙漉き体験(3~15人)、ちょっとすき体験(5人以上推奨。最大20人)
<料金>
 和紙漉き体験:2000円 (一人あたり送料込み金額)
 ちょっとすき体験:500円(一人あたり金額)
<所要時間>
 和紙漉き体験(3時間程度)、ちょっと漉き体験(15分程度) 10:00~15:00
<期間> 通年
<事前予約> 三日前までに予約してください。エプロン持参のこと。

<主会場等> かたくり館
 
<問い合わせ・予約先>
 農山村体験デザイン室(TEL:0187-43-2243/FAX:0187-47-2116)
 かたくり館(TEL/FAX:0187-47-3535)

(from AkitaFanSemboku)

学習体験新書

かたくり館
 ※紙漉きの工程を画像で見ることが出来ます。


[PR]
by semboku_gt | 2012-05-25 17:00 | 体験メニュー | Trackback
トラックバックURL : https://sembokugt.exblog.jp/tb/15710055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。