仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

上桧木内の紙風船あげ

b0219741_18491599.jpg

 2/10~2/11の農家民宿モニターツアーでは、上桧木内の紙風船あげを体験するプログラムが含まれていました。
 この紙風船あげの会場でみかけた、仙北市のグリーンツーリズム関連の紙風船をここでは紹介します。

 
 まずは農家民宿「星雪館」の家族を取り上げた名著「星雪館物語」(梁塵社)の著者である石田馨さんの紙風船(右)。田舎ナビゲーターとして全国の農山村・農家民宿を飛び歩き、ブログ「馨のぐりつりよもやま話」で仙北市の農家民宿についてもたびたび取り上げて下さっています。
 そして、田沢湖畔に近い農産物直売所「むらっこ物産館」による紙風船(左)。「みんなしてがんばろな」というあたたかいより添いの気持ちと決意が胸をうちます。
b0219741_18494595.jpg


 次は仙北市のそば農家などが作る「遊々楽々3トピア会議」の紙風船。毎年会場では手打ちそばとうどんをみんなで協力してだしています。今年は寒かったこともあり、また、そばラリーも好調で知名度が上がったのか、用意した350食が完売でした。1面は武者絵、その他3面に会員農家レストランそば屋が堂々と名を連ねていました。
b0219741_1850527.jpg

b0219741_18503285.jpg
 最後に紹介するのは、一番上に掲載している紙風船。
 これは、12月のモニターツアー(紙風船づくり・農家民宿のどか泊)に参加した @namacha さんと、桁沢集落のみなさんの協力によるもので、@namacha さんがツイッターで呼びかけ、被災地から仙北市に一時避難していた方々からのメッセージを紙風船に込めたものです。
 @namacha さんと農家民宿のどかの高橋さんは、モニターツアー以降もハタハタ寿司づくりや餅つき、漬物の漬け方などを習ったりと親戚のようなつきあいがつづいていて、お子さん達ものどかのけいこばあちゃん・ゆきこ姉ちゃんと大の仲良しです。
 (この模様は2/13のNHKあきたニュースこまちで放映されました)





 地域のまつりがさまざまなコミュニティをつなげているここ仙北市、冬のお祭り・小正月行事はまだまだ続きます。ぜひ足をお運び下さい。


[PR]
by semboku_gt | 2012-02-13 17:10 | Trackback
トラックバックURL : https://sembokugt.exblog.jp/tb/17795112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。