仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

【終了】農家民宿ツイッターモニターツアー2月2組目:角館火振りかまくら本番

 仙北市農山村体験推進協議会が実施するあきた農山村・旬を感じるツアー:Twitterを活用した農家民宿モニターツアーの冬期間のモニターを下記のように実施しました。
b0219741_9573096.jpg
b0219741_16255687.jpgモニター実施日:2012年2月14~15日の1泊2日
モニター:@Newton_arata さん(秋田市)・@mitchie_sasaki さん(大仙市)・@mgmgretasu さん(長野県)の友人グループ

 “農家民宿を楽しむ週末”2月の2組目は2月14日に角館町内で行われる「火振りかまくら」に参加し、実際にかまくらを振って無病息災・家内安全など願う、参加型小正月行事を体験したのち、農家民宿「ファームinn緑の風」に宿泊し、農家の美味しい料理、父さん母さんとのあたたかいふれ合いをつぶやいていただく1泊2日のモニターツアーです。

○火振りかまくらについて
 仙北市角館町の小正月行事「火振りかまくら」は、雪の中に華麗な火の輪が踊る幻想的な祭りです。雪でつくったかまどに薪を入れて燃やすことから始まり、高さ5メートルくらいの長木に稲藁などを巻き付けて雪に立てた天筆に火をつけ、正月の門松などを焼き一年の無事を祈ります。火振りは炭俵に1メートルくらいの縄を付け、かまどからその俵に火を付けて縄の先端を持ち、自分の体の周囲を振り回し、無病息災や家内安全などを祈ります。


 宿泊は昨年7月の第1回モニターツアーで@ct_tamiyaさん家族が過ごした仙北市角館町の農家民宿 「ファームinn緑の風」 (仙北市角館町西長野川下田368 0187-55-2206
)。周囲の家から少し離れたところにあり、窓から見る景色一面をていねいに管理している佐々木常安さん、和子さんご夫婦が笑顔で迎えて下さいます。体験メニューであくせくするより、手作りの石窯やツリーハウス、ラウンジスペースなどでゆっくりと家族や仲間と過ごしてもらいたいと願っているお二人です。
 グリーンツーリズムの最大の魅力は、まるで家族や親戚のような、もう一つのふるさとができること。こんなチャンスなかなかありません。

モニターツアーで使用しているハッシュタグ #semboku_gt のタイムラインや、モニターのつぶやきをリアルタイムに眺めたり、あるいはそれに感動した場合にはリツイートしてひろめたり、気になったことがあれば質問してみたりして、農家民宿で過ごす週末の楽しみ方を、ツイッターのリアルタイム・双方向交流を通じてお楽しみ下さい。

 なお、リツイートや質問をする際は、ハッシュタグ #semboku_gt を付記してください。


 また、ツイッターのIDをお持ちでない方も、このページの右下のTwitterウィジットや、こちらからモニターツアーに関連するつぶやきを見ることが可能です。

 双方向で伝える農山村の魅力。ぜひみなさんからのご協力もよろしくお願いいたします。
[PR]
by semboku_gt | 2012-02-14 16:27 | 旬を感じるツアー | Trackback
トラックバックURL : https://sembokugt.exblog.jp/tb/17807540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。