仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

「そばの郷 仙北市」の地そばが新横浜プリンスホテルに登場

 「仙北市遊々楽々3トピア会議」の会員で仙北市角館町で自家栽培・自家製粉にこだわって手打ちそばを提供している「そばきり長助」。
 3/17~20に新横浜プリンスホテル「ブッフェレストラン ケッフェル」にて手打ちそばを提供します。
b0219741_19371117.jpg


b0219741_1929391.jpg 今回は3年前に継いで2回目の出店。新横浜プリンスホテル開業20周年記念として、自家栽培・自家製粉した地粉を使った十割そばを、お客さまの目の前で手打ちをすることになりました。

 期間中のランチタイム・ディナータイムに開催です。
【ランチタイム】
11:00A.M.~2:30P.M.(2:00P.M.ラストオーダー)
【ディナータイム】
5:30P.M.~9:00P.M.(8:30P.M.ラストオーダー)

 また、今回は仙北市中川地区で地元の生産組合で取り組んでいる赤い蕎麦の花「高嶺ルビー」種を用いた「あかそば」も限定で提供されるそうです。
b0219741_1938629.jpg
※「高嶺ルビー」とは?
 日本のそばの花は白い花をしていますが、そばの原産地中国雲南省からヒマラヤにかけてはピンクや赤い花のそばがあります。
 1987年に信州大学の氏原暉男教授(当時)がヒマラヤの標高3,800メートルに咲く、紅い花のそばを日本に持ち帰り、タカノ株式会社(長野県宮田村)と共同で品種改良を行い、真紅の花のそばを作りました。これが紅そば「高嶺ルビー」です。その後この高嶺ルビーは長野県で栽培が始まり、全国に徐々に知られるようになって、栽培面積は広がり始めています。

新横浜プリンスホテル
〒222-8533 神奈川県横浜市港北区新横浜3-4
ブッフェレストランケッフェル TEL:045-471-1143

なおこれにともないそばきり長助は3/17〜21までお休みします。

「そばの郷 仙北市」を目指している市内の蕎麦生産組合や生産農家、地粉を使った農家のそば屋仲間の思いものせて、ぜひ仙北市を伝えてきて欲しいと思います。
[PR]
by semboku_gt | 2012-03-08 19:43 | 農家レストラン・カフェ | Trackback
トラックバックURL : https://sembokugt.exblog.jp/tb/17933818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。