人気ブログランキング |

仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

みんなエガオでお待ちしています

仙北市ではこの時期になると、農業体験をメーンとした体験型修学旅行(一部野外活動、宿泊研修)で多くの学校が続々と訪れます。もちろん年中受け入れてますが、そのピークが春と秋なのです。
教育旅行全体のデータを見ると、仙北市では「年間100校・1万人」がおおよそのベースでしたが、昨年度はその1.5倍ほどの生徒に訪れていただきました。

その魅力はどこにあるのでしょうか?

受入基盤がしっかりしていること、長年の受入実績があること、豊富な体験メニューを提供できること等、たくさんの理由があると思いますが、最終的には「人と人との交流」につきると感じています。
近くは仙台や北海道、関東・関西方面、最近では海外からの学生が多く訪れています。

先日は受入農家を対象とした安全衛生管理対策講習会と受入農家説明会を同時開催しました。
毎年受け入れているベテランの農家さんや新規受け入れ農家さんもいて、説明会では注意点や確認事項、タイムスケジュールや保険に関すること、緊急連絡体制などについて説明させていただきました。
受入態勢の準備も着々と整い、あとはデザイン室で先導・巡回ルートの確認や最終チェックを残す段階となりました。

連休が明けると、市内各地で農業体験のほかにも、伝統工芸体験、環境学習体験、職場体験等あらゆるジャンルの教育旅行体験メニューが実施されます。
角館地区では連日自主研修で多くの生徒さんが散策する姿が見られ、西木・田沢湖地区では農業体験で汗を流す生徒さん、農家の方々と楽しく交流する生徒さん、雄大な自然とともに環境学習を体験する生徒さん等が見られます。

県内一の教育旅行受入数を誇る仙北市では、そのリピーター数もさることながら、新規の学校も増えてきています。最近では台湾からの修学旅行生の受け入れにも力を入れており、毎年数校が仙北市を訪れ、学校交流や農家体験などを通じ交流が生まれています。

いよいよ5月となり気持ちのよい新緑シーズン到来です。デザイン室でも一生に残る思い出を全力でサポートしていきたいと思います。
b0219741_16581489.jpg

by semboku_gt | 2014-05-09 15:59 | 教育旅行・子どもPJ | Trackback
トラックバックURL : https://sembokugt.exblog.jp/tb/22545412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。