仙北市農山村体験デザイン室

sembokugt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:インバウンド( 45 )

ヨーロッパ、アメリカ、オセアニア向けに仙北市の魅力発信

こんにちは。
1/21.22の2日間でヨーロッパ、アメリカ、オセアニア向けに仙北市の魅力を取材に来て頂きました。
日本に旅行に来る外国人向けのメディアに仙北市を紹介していただけるそうです。
取材に来られたのは写真家のタッドさん(アメリカ人)です。


取材の様子。一部紹介させていただきます。
まず田沢湖。
曇り空でしたがタッドさんの撮影に合わせるように晴れ間がでてきて、とても美しい田沢湖が姿を見せてくれました。
b0219741_08401614.jpg






















たつこ像も足元に雲のような雪をまとっておしゃれしているように見えます。

b0219741_08401756.jpg























そして秋田内陸線乗車。
この日は台湾からのお客様もたくさん乗車されており、席は満席でした。
タッドさんも台湾の方も車両の前面展望から動画を撮影されていました。
真っ白な雪と青空、まっすぐな線路、とても美しい光景となりました。

b0219741_08401648.jpg



















b0219741_09345077.jpg





































そして角館では、石黒家、青柳家、樺細工伝承館へご案内しました。
タッドさんも角館の歴史に興味深々のようでした。

b0219741_08440321.jpg


























そして角館にある「農家民宿 菴(いおり」さんで昼食。
稲庭うどん、手作りの手巻き寿司、おうちで採れたお野菜を中心に食べきれないほどのお料理でした。

b0219741_08401602.jpg




































タッドさん自身も秋田には初めて来たということでした!
撮影しながら楽しんでいただけたようで、
「秋に母がアメリカからくるから、その時ぜひまた秋田にきたい」といってくださいました。




b0219741_09345032.jpg






















最後田沢湖駅で!
どんな記事になるのかとても楽しみですね。

そしてタッドさんまたお会いしましょう!




by semboku_gt | 2019-01-24 17:29 | インバウンド | Trackback

タイ関連事業を実施しました 第3弾

こんにちは。
今日は素敵で有意義ななセミナーが、角館交流センターで開催されました。

タイ在住講師から学ぶ「観光と農泊の魅力活用セミナー」です。
講師には石亀智さん、佐野ひろさんをお迎えし、
インバウンドに精通したお二人から国際情勢やタイ人の国民性など色々な観点からお話頂きました。

外はふぶいておりお天気は悪かったのですが、
約70名の参加者にお集まり頂きました。



b0219741_09023925.jpg

















会場にお集まりいただいた皆様




みなさん真剣にきいていらっしゃいました。
お二人ともお話が上手で、お話にどんどん引き込まれていきます。
タイの方の食生活や滞在環境の違いなどたくさん勉強になりました。


b0219741_09022571.jpg

















佐野ひろさんによる講演



そのあとのフィードバックバック会議も市長を含め、引き続き多くの方が参加してくれました。




b0219741_09023540.jpg

















市長が質問している様子




今までよりもタイの方々を理解し、皆様をお迎えする準備ができたんじゃないでしょうか?


すべての感情を笑顔で表現するというのが、タイのお国柄だそうです。
こちらも合言葉は常に笑顔で「コップンカー(プ)」(日本語でありがとう)






by semboku_gt | 2019-01-21 13:04 | インバウンド | Trackback

タイ関連事業を実施しました 第2弾


こんにちは。
冬の嵐になると天気も心配されていましたが、
タイの皆様の太陽パワーで3日間とも素晴らしい天気に恵まれました。

さてさて今日ご紹介するのは・・・

農家民宿泰山堂さんに撮影しにきました。
囲炉裏付きのお家を一日一組限定で、一棟貸ししてくれる農家民宿さんです。

囲炉裏に火を入れてくれているのはオーナーの藤井けい子さんです。
今日はここできりたんぽ鍋を頂きます。
b0219741_10272296.jpg





























b0219741_10273491.jpg





























b0219741_10273213.jpg















































今日のお料理。
自家製の黒豆の煮物やはたはたのから揚げ、自家製のお漬物(がっこ)などなどが並びます。

看板猫の「ふくちゃん」もお出迎え。





b0219741_08585264.jpg



































野菜は雪の中に貯蔵していました。
掘り出すけい子さん。





b0219741_10273919.jpg























最後の写真はけい子さんとききちゃん。
みんなでお出迎えです。


撮影の一環でしたが私達も少し一緒に頂きました。
美味しいお料理ご馳走様でした!!!




そのあとはかの有名な乳頭温泉郷へ
妙乃湯さん。
チェックイン時お忙しい時間に取材のご対応ありがとうございました!
まずはお部屋。
b0219741_08584892.jpg























そして温泉の一部分をご紹介。
混浴の露天風呂です。







b0219741_08584290.jpg




























そして蟹場温泉の露天風呂です。

雪がいい感じですねー
b0219741_08583572.jpg



































露天に行くにはフロントを通り抜けていったん外へ出ます。
そして雪の壁の中を歩いていきます。
わくわく感が高まります。


b0219741_08583100.jpg



































あー寒かった
ということで、今日のタイの御一行様の宿泊地「休暇村 乳頭温泉郷」へ到着。
ホテル内のカフェでひと息。

あったかいはちみつをかけて頂く「はちみつレモンパフェ」

落ち着きます。
b0219741_10443107.jpg






































住んでいてもこの景色や情景には感動するのに、
雪のない国タイからお客様はどんだけ感動するのでしょうか?
と思うと、勝手にわくわくしちゃいますね!




載せきれないので第3弾へ続きます!







by semboku_gt | 2019-01-21 13:03 | インバウンド | Trackback

タイ関連事業を実施しました

こんにちは。
この1週間、雪がたくさん降ってきましたね。
ついに雪国の本領発揮というところでしょうか。
一晩で一面の銀世界になりました。
とても美しい光景です。

そんな冬景色が最高の時に、ほほえみの国タイからお客様がいらっしゃいました。
農山村体験推進協議会の事業の一環です。
旅の一部分の紹介をします。まずは第一弾。

田沢湖にある「農家民宿 かまど」さんへいらっしゃいました。
かまどさん別館から見える景色です。
今回のタイの御一行様の目的はタイの大人気テレビ番組「SUGOI JAPAN」の撮影と、
仙北市のパンフレット作成、それと「タイ在住講師から学ぶ、観光と農泊の魅力活用セミナー」です。
b0219741_08372058.jpg
b0219741_08372396.jpg

そしてかまどさんではおいしいお料理が準備されていました!
ひろっこ(雪の中から掘り出されるアサツキの若芽)(下の写真)のあえものや美味しそうなホイル焼き。
ひとつひとつ丁寧に作っていきます。
b0219741_08372594.jpg





























b0219741_08371398.jpg





























かまどのお母さん




















そのあとは田沢湖にあるペンションサウンズグッドさんへ
カフェスペースの様子→2階から撮影




b0219741_08574268.jpg

















b0219741_09455315.jpg



























コンセプトは泊まれるバー。佐々木ご夫婦が経営するおしゃれなペンションでした。
その名にふさわしい素敵な空間。
週末カフェはもちろんのこと平日はなんとお得なハッピーアワーがあります。
ついついお酒も飲みすぎてしまいそうです。





そしてサウンズグッドさんから見える美しい田沢湖の夕焼け


b0219741_10202701.jpg























御座の石神社も素敵です





b0219741_10202001.jpg





















写真を撮る姿も絵になります。





b0219741_10203123.jpg




















b0219741_10202409.jpg






















ほんと美しい。の一言です。
こんな時間にご案内できて本当に運がよかったと思います。



さて、
今回はこの辺にして第2弾へ続きます。


















by semboku_gt | 2019-01-21 13:02 | インバウンド | Trackback

JENESYS2017事業 ようこそ!韓国青年研修団

(国際交流推進室より) 
みなさん、アニョハセヨ!(韓国語でこんにちは)

 1月19日から23日までの日程で、韓国南部の釜山市や済州島などを中心に、大学生34名、高校生34名の併せて68名の青年団が仙北市を訪れました。今回の研修は見学や講義、ホームステイを通じて日本の文化や生活などを理解することを目的としています。一行団は、日本語学科に通ったり、日本語スピーチ大会で優秀な成績を収めるなど、選ばれし青年たちで構成されています。1月16日に東京に到着した後は、大学で講義を受けたりスカイツリーを見学したりと研修日程を進めてきました。

 仙北市では17軒のお宅に分かれてホームステイを体験しました。写真はホストファミリーとの対面式です。一行団はだいぶ日本の雰囲気にも慣れている様子で、とてもリラックスしていました。日本語がある程度通じると言うこともあり、ホストファミリーともすぐに打ち解けていました。
 
b0219741_11344953.jpg
b0219741_11360800.jpg
 ホームステイは、、古くから残る地域の風習、食事や習慣を通じた文化を感じることが出来ます。日本に興味のあるみなさんは、きっと特別な時間を過ごしたはずです。写真はその風景です。このお宅では、郷土料理(お菓子)の「ゆべし」を作っていました。蒸かし立ての餅ときな粉や黒ごまを混ぜて伸ばします。できたてのゆべしの味は格別だったことでしょう。
b0219741_11422834.jpg
 あるお宅では、この地域の伝統行事である「紙風船上げ」の絵付けを体験していました。長年この行事を守っている地域の人たちと一緒に、公民館で一緒に作業をしました。ここでしかできない特別な体験です。翌日に学校交流を予定している大曲農業高校からも生徒が参加し、和気あいあいとした雰囲気で作業を行っていました。


b0219741_11480584.jpg
b0219741_11484948.jpg
 翌日には大曲農業高校で学校交流が行われました。大曲農業高校は文部科学省指定のSPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)に指定をされており、国際交流も積極的におこなっています。
 ジャムの製造、ロールケーキ作り、豆腐作りと、農業高校ならではのカリキュラムを活かした交流を行いました。日本の生徒が優しく手ほどきをしてくれたため、とても会話が弾んでいるのが印象的で、心の通った交流となりました。

b0219741_12003348.jpg
b0219741_11530218.jpg
b0219741_11594268.jpg
b0219741_11534728.jpg
b0219741_12010674.jpg
b0219741_12013698.jpg

 ホームステイや学校交流を通じて秋田や仙北市を満喫してくれたはずです。一行団を引いた姜公宅団長(韓国・翰林工業高等学校校長)からも「とてもいい体験となったし、子ども達にとっては一生の思い出となった。私もまた是非秋田に来たい。」とのお言葉もいただきました。仙北市はこれからも世界の様々な国からのお越しをお待ちしています。


by semboku_gt | 2018-01-23 12:16 | インバウンド | Trackback

もう一つの故郷(ふるさと)を目指して

 仙北市では、農家民宿などで行われるグリーンツーリズム活動が活発になった結果、外務省の青年研修事業「JENESYS事業」や国際協力機構(JICA)、日本国際協力センター(JICE)等が行う、主に発展途上の国々との国際交流事業による研修受入が多くなりました。地道で継続的な活動が実を結び、今ではグリーンツーリズム活動を通じ、世界各地の人々と仙北市の人たちが交流を行っています。
 このたび、アフリカのフランス語圏の13カ国(ベナン、ブルキナファソ、チャド、コートジボアール、コンゴ、ジプチ、ガボン、ギニア、ハイチ、マダガスカル、マリ、ニジェール、セネガル)24名が仙北市の農家民宿でホームステイをしました。様々な国の受入をしているベテランホストファミリーですが、アフリカの方々の受入は初めてのこと。事前にホストファミリー同士で国や習慣、宗教、食事などについて情報交換をして受入に望みました。

 対面式では緊張している様子でしたが、小さなホストファミリーが場を和ませてくれました。

b0219741_19560843.jpg

アフリカの方々はとても社交的でフレンドリー。あっという間にホストファミリーと仲良くなっていました。

b0219741_08573005.jpg
b0219741_08564805.jpg
b0219741_09014802.jpg

ホームステイ先では2日間ゆっくりと日本の生活を楽しみました。雪かきをするだけで大はしゃぎです。

b0219741_09022668.jpg
b0219741_09024503.jpg
 最終日には門脇市長も飛び入りで参加し、お別れ昼食会を開きました。アフリカの方々は喜びを歌やリズムで表現します。ホストファミリーへの感謝の気持ちや、会えたことの喜びを込めてダンスが始まり、今までにないほど賑やかで明るいお別れ昼食会となりました。


b0219741_19595352.jpg
b0219741_09032320.jpg
見てください。この笑顔。言葉の壁なんてまったく関係ありません。
b0219741_09033574.jpg

 この日は秋田県での研修の最終日。一番思い出に残っていることは?と聞くと、笑顔で「仙北市のホームステイに決まってるでしょ!」と話す姿がとても印象的でした。アフリカの方々にとっては初めての日本滞在となったわけですが、きっと彼ら彼女たちの中では「日本=仙北市」と思ってくれたはずです。そして自国の他に、第二の故郷が出来たはずです。数年後、数十年後、社会人になった彼らが、もし仙北市に帰ってくることがあれば、今回受けれをしたホストファミリーはきっと笑顔でこう言うことでしょう。「おかえりなさい」と。
私達もその日を楽しみにしています。


by semboku_gt | 2017-12-21 20:02 | インバウンド | Trackback

紅葉シーズンが近づいています!


《国際交流推進室より》

 つい最近まで蝉が鳴いていたと思っていたら、すっかり鈴虫の鳴く季節になった仙北市です。角館祭りの山行事が終わると、いよいよ秋。これからのシーズンも見所満載ですが、特におすすめは紅葉です。
 仙北市は広大な面積加え、標高にも幅があることで、他の地域より長く紅葉が楽しることが特色です。駒ヶ岳、八幡平から始まり、乳頭温泉郷、田沢湖高原温泉郷、玉川ダム、田沢湖周辺、そして抱返り渓谷、武家屋敷と紅葉が下りてきます。そこの地域でしか見ることの出来ない色彩のコントラスト、是非たくさんの方に見ていただきたいと思っています。また、抱返り渓谷では紅葉祭も開催を予定しています。紅葉祭期間中は田沢湖駅前、角館駅前からシャトルバスも運行しますので是非足を運んでみて下さい。(写真は上から順に、八幡平大沼、玉川温泉周辺、抱返り渓谷です)

b0219741_16292875.jpg



b0219741_16301488.jpg
b0219741_16305858.jpg

 紅葉情報については田沢湖観光協会のホームページで随時ご確認いただけます(こちら)。仙北市で深まりゆく秋を感じてみてはいかがでしょうか。※現在抱返り渓谷の遊歩道は通行止め区間があります。※通行止め区間情報も田沢湖観光協会ホームページでご確認下さい。(こちら



by semboku_gt | 2017-09-21 08:43 | インバウンド | Trackback

外国人に優しい町に

《国際交流推進室より》

 最近武家屋敷や田沢湖、温泉地などの観光地では外国人観光客を見かける機会が増えています。
 せっかく世界中の観光地から「仙北市」をお選びくださったのなら、「気持ちよく観光をしてもらいたい」「迷うこと無く買い物や宿泊を楽しんでもらいたい」と思いますが、コミュニケーションや言語の問題はなかなか簡単には解決しません。
 そこで、少しでもそれらの課題を解決する為に、施設内を多言語表記にする「外国語表記コーディネート事業」を行うこととなりました。
 この事業は実際に外国人調査員が施設を訪れ、外国目線で「どこにどのような表記があれば、外国人が安心して買い物や宿泊などができるか」や、「現在すでに外国語表記はしているものの、本当に正しく表記されているか」等を確認させていただき、その後、正しい外国語表記に直すお手伝いをするという事業です。

 この度、調査を希望する市内30施設を対象に説明会を開催しました。写真はその様子です。
b0219741_11195620.jpg
 参加された施設の皆様は、真剣に説明に耳を傾けていて、取組への熱意を感じ責任の重さを感じています。
 今月中旬からいよいよ調査がスタートします、「小さな国際文化都市」の実現に向け、施設の皆様と最初の1歩を踏み出しました。これらかも、お客様目線での取組とお手伝いが出来ればと思っています。

by semboku_gt | 2017-09-06 11:24 | インバウンド | Trackback

お盆にはささら舞をご覧下さい

(国際交流推進室より)

 仙北市の角館や西木の各地区では8月15日に「ささら舞」が行われます。このささら舞は佐竹公が秋田にお国替えになり下向の際に、佐竹義宣公にお供して、道々殿様をお慰めしたものが土地に定着したと言われ、その歴史は400年に登ります。現在は祖霊の供養と神仏供養、五穀豊穣のために行われています。
笛の音に合わせて太鼓を叩きながら舞う獅子の姿は、歴史と伝統と少しのノスタルジーを感じさせてくれるはずです。午後2時からは角館樺細工伝承館前で「白岩ささら」の演舞が披露されます。是非ご家族連れでお越し下さい。

 なお、田沢湖地区や西木地区からお越しの際は「田沢湖・角館周遊パス」をご利用ください。「武家屋敷入り口」で下車すると角館樺細工伝承館が目の前ですのでとても便利ですよ!

ささら舞に関しては角館町観光協会のホームページに詳細が掲載されておりますのでご覧下さい。

b0219741_13543948.jpg


by semboku_gt | 2017-08-14 13:55 | インバウンド | Trackback

ぶらっと。田沢湖・角館周遊パスの旅 ~その2~

《国際交流推進室から》

 旅はまだまだ続きます。角館エリアを抜け、田園風景が広がる西木エリアに入ります。武家屋敷から10分ほどでクリオンに到着。クリオンは温泉とプールの両方を完備しているので子どもからおじぃちゃんおばぁちゃん、家族連れに外国人までいろいろな方が楽しむことが出来ます。宿泊も出来ますので夏休みにゆっくりと過ごしたい方は是非ご利用下さい。詳細についてはクリオンのホームページでご確認下さい。

西木温泉ふれあいプラザクリオンのホームページはこちら

 なお、8月16日にはクリオンのすぐ近く、桧木内川河川公園で「戸沢氏祭」が開催されます。殿様や家臣、領民など200名による時代絵巻さながらの行列を見ることが出来ます。また夜には盛大に花火も上がりますので是非お越し下さい。

b0219741_17385533.jpg
 ※戸沢氏祭の詳細に関しては西木町観光協会(電話.0187-42-8480)にお問い合わせ下さい。

 クリオンからバスで8分で「かたくり館」に到着します。かたくり館の施設内には西木町観光協会の事務所もありますので西木地区の観光についてはこちらでお問い合わせ下さい。なお、スタッフの方に今のおすすめスポットを聞いてみたところ、施設内で出来る「紙漉き体験」とのことでした。昔からこの地域で作られてきた「鎌足和紙」を手軽に作ることが出来る体験とのことです。なお、体験は事前予約が必要とのことでしたので、希望される方は西木町観光協会(電話.0187-42-8480)にお問い合わせください。
b0219741_17500919.jpg
 かたくり館の目の前には清流桧木内川が流れています。西木町観光協会のスタッフに聞くと、渓流釣りを楽しむ愛好家が毎日のように訪れるとのことでした。

b0219741_17535463.jpg
 橋から見下ろすと、魚が見えました。

b0219741_17560323.jpg


 かたくり館からバスで12分で「むらっこ物産館」に到着します。むらっこ物産館は辰子像のあるところから県道60号を少し入ったところにあります。ここでは西木地区の採れたて新鮮の夏野菜や山菜、漬物、郷土料理のお菓子を買うことが出来ます。また軽食コーナーでは農家のお母さんたちが作った手作り料理を味わうことが出来ます。館長さんからは「8月14日には夏祭りもやるので来て下さいね」とのことでした。

b0219741_17593220.jpg
b0219741_18010011.jpg
b0219741_18052515.jpg
 暑い日にはやっぱりこれ。むらっこ物産館の名物「ほうれんそうソフト」。西木地区は県内有数のほうれん草の産地です。特別に館長さんに作っていただきました。
 
b0219741_18084744.jpg
 ソフトクリームを食べたら、むらっこ物産館の前にあるかたまえ山森林公園に足を伸ばしてみて下さい。ここは子どもたちが遊べる公園の他、キャンプ場が併設されているので家族でアウトドアを楽しみたい方は必見です。

詳細は仙北市役所のホームページでご確認ください。

b0219741_18225709.jpg
 
b0219741_18235050.jpg
 そしてなんと言ってもここかたまえ山森林公園の一番のおすすめスポットは、展望台から見渡す田沢湖。後ろにそびえ立つ雄大な秋田駒ヶ岳とのコントラストは一見の価値ありです!

b0219741_18243756.jpg
 むらっこ物産館と田沢湖は目と鼻の先。田沢湖に出るとすぐに辰子像がお出迎えをしてくれます。
b0219741_18285841.jpg
 そしてさらにバスで3分行くと、7月1日にオープンしたばかりの「クニマス未来館」に着きます。
b0219741_18295738.jpg
 この日も里帰りしたばかりのクニマスはゆったりと泳いでいました。70数年ぶりに帰ってきたクニマスを見ながら、田沢湖の今昔を考えてみてはいかがでしょうか。環境学習の一環や、子どもの夏休みの自由研究にもぴったりです。
b0219741_18305720.jpg
 ここでちょっと小休止。田沢湖周辺のお土産屋さんや食堂などでは、この地域ならではの名物「味噌たんぽ」を味わうことができます。あきたこまちをすり潰し串(たんぽ)に付けて囲炉裏であぶり、そのあと甘い味噌をたっぷりと塗ったものです。クニマス未来館の周辺でも食べることができますので一度味わってみてください。

b0219741_18312604.jpg
 クニマス未来館から少し進むと靄森山(もやもりやま)を通ります。ここは道路の両脇から木立が道路の上にせり出し、まるで緑のトンネルのようです。木漏れ日の中を進むと、涼しい風を感じることができるはずです。
b0219741_18315210.jpg
 そして最後は「田沢湖レストハウス」に到着です。今の時期は白浜ビーチが解放されています(8/21まで)。キメの細かい白い砂がとても美しい海岸です。そして写真を見てもわかるように田沢湖の青さが際立ちます。波がほとんど無いので小さなお子様でも安心して遊ぶことができますのでご家族連れで遊びに来てはいかがですか。泳いだ後は近くの温泉でゆっくりくつろぐのもいいですよ。
b0219741_18323757.jpg
(温泉情報)
 水沢お温泉郷ホームページはこちら
 田沢湖高原温泉郷ホームページはこちら
 乳頭温泉郷ホームページはこちら

 また、ビーチのすぐ近くにはキャンプ場やカヌー乗り場があります。レンタサイクルもありますので、アウトドアを思い切り楽しみたいという方にもおすすめです。

 仙北市には自然と歴史を満喫するスポットがたくさんあります。また皆さんの心を癒す絶景スポットも点在しています。是非この夏は、周遊パスを使って仙北市だけの特別な体験をしてみませんか。みなさんのお越しをお待ちしています。



by semboku_gt | 2017-08-01 18:33 | インバウンド | Trackback